東北5つの桜名所めぐり2日間 大館の朝

「知らない町を歩いてみたい。どこが遠くへ行きたい。」

永六輔さんのこの唄が巷に流れた頃、私は学生で[anan]を持って倉敷や京都を歩いたものでした。ちょっと洗礼された昔の風情の残る町並みやお洒落な甘味所などを尋ね、親なしの友人同士の旅の楽しさを知りました。

今はそんな町は家庭画報や婦人画報によってグレードアップしておとなのラグジュアリーな旅に変化していきました。

しかし今、私が歩いてみたいのはメディアによってフレーミングされていない大館のような場所です。

大館は7万人の人口をかかえる東北ではそこそこの町ですが夜は真っ暗、朝は静か・・・ああ、こういう場所で仕事があれば生まれ、一生を終えるのもそれはそれで幸せなのではないかと思わせました。しかし、どこか経済の中枢から置いてきぼりになっているような気がしてなりません。空地があちらこちらに目立ちます。

b0116765_06325330.jpg

昨夜はローソンで夕食を調達後あまりの町の暗さにそうそうにホテルにもどったのですが、そのローソンの前に気になる公園がありました。

早朝、行ってみるとそこはかつてこの地を治めていた佐竹市が築城した桂城の跡地でした。

b0116765_06303448.jpg

おりから桜祭りで、屋台も開かれていたようです。

b0116765_06311385.jpg

ここからは町が一望できます。

b0116765_06305687.jpg

こうした今は城が残っていない跡地に立っていつも思うことは戦国時代に生き残ることの難しさです。

統治者はここからの眺めを見ながら安堵する日があったのでしょうか。

この近くに佐竹氏の信仰する八幡神社があるはずで、朝の散歩をしている人に聞きながら捜し尋ねました。

住宅街のこんもりした木々の中にその神社はありました。考えてもいないこんな由緒ある神社にめぐりあうのこそ、旅の面白さです。

b0116765_06312136.jpg

どうやらこの町の守り神はこの八幡神社と秋田犬の狛犬のようです。

b0116765_06313027.jpg

大舘の秋田犬はザキトワちゃんおかげでハチ公以来ふたたび脚光を浴びています。

b0116765_06313584.jpg

秋田犬を連れて朝の散歩をしている人の姿はツアーの人々の注目をあびて誇らしさが全身に溢れていました。

b0116765_06314073.jpg

秋田犬が大館市の救世主になるかもしれません。


トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/28307589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2018-05-12 06:35 | | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31