駅前広場 朝


駅前の広場の片隅に外猫を可愛がっている女性たちがいる。

駅の近辺で働く女性たちが、朝早めに来て餌をやっている。

見れば植木の陰にダンボールで作った猫小屋もある。

駅を管理している人も、見て見ぬふりをしているのだろう。

郊外の小さな駅である。

b0116765_16434452.jpg

さて主人公は白猫、外で暮らすにしては栄養も行き届いているせいか毛並がよい。

女王様のように歩き(王様のようにかもしれない)、女性たちにすり寄り、かと思えば背を向ける。人生を知り尽くしたしぐさに私は通りすがりに見ていて舌をまく。


b0116765_16434405.jpg

私はもともと猫好きだ。

本当は私も女性たちの仲間に入れてもらって猫を撫でたい気分であるが、外猫に餌をやるのは反対である。

糞の問題、子猫の問題で近所の人は悩まされる。いろいろ事情はあろうが可愛がるのなら飼ってあげて欲しいと思いながら毎朝脇を通っている。


それでも猫好きだ。



今朝もいつものように猫と女性たちの脇を通り抜けた。

おや、植栽の陰にもう一匹の猫がいる。


b0116765_16434413.jpg

茶がかった黒で、目の周りが白く可愛らしいが、眼光はするどい。

女性たちには姿が隠れるようにじっと座って通る人を見ている。

この猫はなにをしているのだろう。

餌のおこぼれが欲しいのか、白猫が来るのを待っているのか、

そういえばそろそろ猫の恋の季節も始まる。いや。やっぱり餌だ。

白猫は黒猫をまったく無視して、自分だけ美味しそうに食事をしている。

「きっと、あの女性たちは黒猫にも餌をあげるだろう」と思いながら仕事場に向かう。


b0116765_16434431.jpg

春に置いてきぼりにならないように、花が咲き誇っている。



トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/28269990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2018-04-26 16:53 | 日記 | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31