春の嵐

子供の時以来の歯痛に前触れもなく襲われました。

ここしばらく、検診以外は歯医者さんにお世話になることはなかったのに

最初は筍が食べにくく、「あれ?」と言った感じだったのに、土曜日の夜はもう脈打つ痛さ、ロキソニンを飲んで寝たものの、翌日もその痛みは続き、最初は歯だったのですが(治療済)だんだんまわりに移ってきました。

月曜日の朝一番で予約をお願いしたのに、午後なら木曜日と・・・

顔の片方が腫れているものの、少し食べにくい程度におさまったので木曜日まで待とうとおもいました。

月曜日・・・我慢

火曜日・・・もうだめです。歯科医院に飛び込み、待っても良いのでとお願いしたところ、本当に待ちました。

10時過ぎに飛び込んで、見ていただいたのは12時半、

スタッフには休憩させて、先生と受付の人だけ残ってみてくれました。

「わぁー、これはたいへん」

先生の言葉で心拍数がますますあがります。

「shinn-lilyさん、麻酔はきかないかもしれないけど、ごめんね」と。

治療を終えた時は足がふるえるほど痛くて、車の運転が怖かったほど、ともかく家にもどり、痛み止めを飲んで氷をかかえて言耐えること2時間、

その後も薬が切れて痛みが始まる・・・薬を飲むの繰り返し、


やっと痛みが和らいだところで友人にメール

「歯が痛くて、うんうんうなっています。明日のランチ、楽しみにしていたのだけど、私抜きで予定通り二人で会ってくださいね」

結局、日を改めることに・・・三人のスケジュールを合わせるのはけっこう大変なのに申し訳ない^^


痛みは本当につらいですね。

そんな時頭に浮かぶのは

今、闘病中の友人のこと

今、治療中の友人のこと

病気を乗り越え、後遺症の治療やリハビリをする友人のこと

病気を乗り越え、ボランティアで子供にスケートを教えている友人のこと

腰痛で3キロ痩せた友人のこと

b0116765_22254785.jpg

そして、どこも痛いところが無い日はないという母のこと

生きていくのは容易ではありません。

歯が弱くなった母が「食材をもう少し小さくして、ご飯をもう少しやわらかくして」と言う言葉の意味が本当によくわかりました。

昨夜はかれいの煮つけをつくりました。ふだんはあまりやらないお魚の煮つけというのはお年寄りに食べやすい良いおかずなのだと、はじめてきづきました。

b0116765_22253411.jpg

「人の痛みがわかる」という言葉は精神的な痛みを言うのでしょうが、

身体的な痛みもあわせて、「人の痛み」は、実際はその身になってみなければなかなかわかりません。




b0116765_22255108.jpg



庭は早すぎる季節の通過を追いかけるように花が咲いてます。



b0116765_22260199.jpg


今日はやっと、その美しさを感じることができました。





b0116765_22252827.jpg

春の嵐、少しおさまってきました。


トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/28257558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2018-04-19 22:32 | まわり | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31