ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑬ とうとうカックー遺跡

ヘーホーのカックー遺跡は2000年に初めて外国人が見学できるようになりました。
どうしてもここまで来たくて、やっとたどりつきました。

b0116765_1541530.jpg


広い草原の中に突然、2500基以上の小さなパゴダが密集して建てられています。

b0116765_15422336.jpg


このパゴダは12世紀、当時の王様からパオ族とシャン族の各家庭から寄進するように命じられたのが初めだそうです。

ここを見学するためにはパオ族のガイドさんを伴わなければなりません。
カックーの近くのタウンジーの町にある事務所で、ひとり3ドルを支払い少数民族パオ族のガイドさんを同行することが決められています。ガイド料は5人まで5ドル
おばさんたち5人の前に現れたたガイドさんはういういしい男子大学生でした。
思わずいっせいに
「可愛い~!」
と叫びました。
このような言葉は通じるのですね、恥ずかしそうにしていました。
学生のアルバイト収入にもなり、遺跡も管理されるというこのしくみは良くできていると思いました。

b0116765_1548691.jpg


遺跡に着くと、まず食事をします。
その後、遺跡群の中を彼に案内され、本来は英語で説明をするはずですが、結局ツアーのガイドチョーさんが全て説明してしまいます。
彼の説明を通訳するまでもなく、チョーさんはこのあたりに精通しています。
それでも「パゴダはこの葉の形をしている」などとときおり説明をしてくれます。

b0116765_15444322.jpg



ここのパゴダは上部に小さな鈴がたくさん下がっています
b0116765_15432244.jpg


風が吹くと、天使のおしゃべりのように涼やかな音がします。
この音を聞きたくて、どうしてもこの地を訪れたのです。

本当に遠かったです。
けれども、青い空の下で天使のおしゃべりを聞くことが出来て、心の中が透明になっていくようでした。

続く
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/26563192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2017-01-17 15:55 | ミャンマー | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30