ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑩いよいよバガン遺跡


850年、ビルマ族がバガンに築城し、1084年にバガン王朝が最盛期をむかえました。
b0116765_14391773.jpg

この頃多数の仏塔(パゴダ)が建てられました。
b0116765_14392024.jpg

強烈な太陽の下、草原の中、パゴダや寺院が点々と散らばっています。
b0116765_14393371.jpg

その形は建てられた時期によって違いがあるといいます。
b0116765_1439305.jpg

イラワジ川が流れるあたり、もやが漂っています。
b0116765_14394695.jpg

何故この光景に魅了されたのか、何故この光景を見たくてここまでやってきたのか、自分の心に問いかけます。
b0116765_14394968.jpg

人々は富を得ると来世の幸せを祈ってパゴダを建てたといいます。
お金持ちはパゴダ建築という仕事を人々に与え、富を還元したとも考えられます。
b0116765_14394079.jpg

この光景を見ていると、広い草原に人々の幸せを願う心がパゴダという形ですーっと存在しているように感じるのです。
b0116765_14395246.jpg

草原の緑と赤い土色の建物もやがて、太陽が沈むとともに色を失っていきます。
b0116765_1440733.jpg

夕陽を背景にシルエットだけになったバガン遺跡を見ながら
願いをひとつかなえた幸せな気持ちになりました。
b0116765_14395550.jpg


さて、帰りも恐怖の階段
b0116765_15252549.jpg


難行苦行の思い出つきで
バガン遺跡のこの光景の記憶は、今もこの先も、心の宝物です。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/26426624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2016-12-03 15:27 | ミャンマー | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30