こんなに面白い「ガリバー旅行記」

ガリバー旅行記は誰でもが知っている。
しかし知っているつもりで知っているのはごくわずかなことである。
誰でもの頭の中にある画像はこれだろう。

b0116765_2252725.jpg

                                             画像は映画「ガリバー旅行」からお借りしました。

小人の国リリパット国に漂着して小人に捉えられた絵だ。この時小人は約15センチと書かれている。
丁度ボールペンくらいの背の高さということになる。


ずーと前に神田で古本を買って、最近読みだしてみるとこの本を本棚に置きっぱなしにしていたのがくやまれた。なんでもっと早く読まなかったのだろう。

b0116765_22543015.jpg


この冒険談は17世紀にイギリスのスウィフトによって書かれた。
大航海時代、多くの国が世界を植民地化していた時代でもある。
ガリバーは船乗りでもあり船医でもある。ひと財産作ろうと船に乗り込むのである。

b0116765_22591446.jpg


小人の国リリパットから生還した後、
また航海に出て今度は巨人の国ブロブディンナグ国に、
次は天文と音楽と数学が好きな人々の住む、浮いている島国ラピュータ、
その下にあるバルニバービ国は不毛な研究ばかりしていて貧しい国、
グラブダブドリップ国の首長は使者を一時的に現世に呼び出せる・・・恩恵をこうむり、いろいろな偉人や英雄にあわせてもらう。
ラグナグ国は不死の人間が時々生まれるが、不老ではないのでそのことがどんなに不幸であるかを知る。

そして馬の国フウイヌム国に漂着する。
理性ある馬の国である、人間の形をした、ならず者たちはヤフーと呼ばれ、乱暴で野蛮なため疎まれている。
検索サイトYahooの名称にもこのヤフーのならず者にちなんでいる。("Yet Another Hierarchical Officious Oracle"の略でもある)
ガリバーは言葉を取得する能力にたけていて、2,3年いるうちにすっかり現地の言葉を習得してしまう。すると今度はガリバーからいろいろ情報を聞きたがる。要望に応じてヨーロッパ社会、政治経済、司法について話をするのだが、なんとも人間社会は馬鹿なことをやっているものだという風刺が込められていて、17世紀のこの時代にすでに整備されたヨーロッパ社会をまじめに、しかし滑稽に語っている。
そして欲のために戦う人の話しは悪という概念を理解出来ないフウイヌム国の馬には理解できないのだ。

この旅行記の中に日本人船長が出てくる。
オランダ人船長は意地が悪く、日本人船長は優しくて、オランダ人船長にかくれてガリバーに食物を与えたりしたと書かれている。
そして途中ただひとつ現実の国に立ち寄るがそれが日本なのである。江戸近辺から日本に入り、主君に願いごとを聞かれ、「踏絵を免除して欲しい」と頼む。
長崎に渡り、踏絵を免除され、自分の国へむけて船に乗り込むのである。
言葉がわからないので、長くはいなかったとある。


阿刀田高氏がこんな解説本を出されている。

b0116765_22565880.jpg


阿刀田氏が面白いと書かれていることは、そうそうとうなずきながら、読んだ。
それでも、これを読む時間があれば、自分「でガリバー旅行記」をもう一度読む方が、数倍楽しい!
ともかく、この物語の面白さをどう伝えたらよいかわからない。
もっともっと語りたいことはあるが、あとは興味ある方に読んでいただくしかない。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/26064202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2016-07-30 23:08 | | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30