JALパックひとり参加限定ツアーでスペインへ⑮バルセロナに到着


セビージャからバルセロナに向かう。
旅の最終訪問地だと思うと1日、1時間が貴重に思える。
添乗員のヒロタさんから
「バルセロナに着いて夕食を食べると時間がもったいないので、「セビージャのサン・パブロ空港でなにか夕食になるものを調達しておいて、食べておくといいわ」
とアドバイスあった。

b0116765_2153482.jpg


ヒロタさん自身はもう何度も見ているというのに、私たちに少しでも多く見せるため、フリータイムを有効に使おうと画策してくれているのだ。
ご指示の通り簡単なサンドイッチを、バルセロナ到着時にバスの中で食べておいた。

b0116765_2154140.jpg



ホテルに荷物を置くと、ガウディー作のバトリョ邸がライトアップされているというので見に連れていってもらった。

b0116765_21561214.jpg


グラシア通りはブランド店なども集まり、建物も街路樹も美しい通りだ。

b0116765_21564126.jpg


ベンチまでガウディー、人々までなんとなくウキウキしている。

ガウディーの作品見るために貯金をしてこのツアーに参加したただ一人の男子通称殿は
建物の前に立たずんで、感動を体の芯まで貯めこむ様子。

女子組は中にカフェがあるからと聞けば、さっさと入る。

b0116765_21584930.jpg


カフェの手前にチョコレートショプ“ アマリエ ” があったので、味見をしながらお土産をお買い上げ。アルフォンス・ミュシャの缶が可愛らしい。

b0116765_21573267.jpg


カフェで生のフルーツやお野菜を使ったヘルシージュースを堪能し1日の疲れがいやされ復活!

b0116765_21581473.jpg



そうなれば腰が重くなりおしゃべりに花が咲く。
ふと誰かが
「殿は?」
「きっと外でずーっと見ていると思う」
「えー」
もう小一時間が経っている。
「わー、可愛そう、いくら好きでもねぇ」とやっと腰をあげる。
外に出ると、殿はまだじーっと建物を見上げていた。

b0116765_21592745.jpg

いいなぁ、こんな情熱
長年の夢が実現した瞬間なのだろう。
私がガウディーの建物より殿の情熱に感激していると
やよいさんやようちゃんたちが殿にアマリエショップでチョコレートのお土産を持て出てきた。

b0116765_2202033.jpg


「はい、お土産、寒くなかった?」

私はまたまたみんなのの優しさに感激
こんな心使いの出来る人達の集まりだから、とりわけ楽しい旅となったのだ。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/25262873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2016-01-12 22:29 | スペイン | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30