旅の準備 わくわく④やっとスペインへ出発

2011年3月11日東日本大震災のあったこの日、私はyumiyaneさんと夜の便でスペインに飛び立つ予定であった。
マイさんの住むレオンを訪問するのは、なによりも楽しみだったけれど、旅をあきらめたことなどとんでしまうような日々がその後続いた。
いつかきっとと願いながら、いろいろな事情から3日以上家を空けられず、なかなか思いはかなわなかった。


ツアーに入って、寝ていても次の場所に連れて行ってくれるそんな気楽な旅をしてみたいと考えてネットをみれば、なんと「おひとり様限定参加ツアー」という案内がたくさん出てきた。
インドに行った時は半分以上が一人参加で、みんなで仲良くとても楽しかった。
ところが中央ヨーロッパへのツアーでは一人参加は私だけだった。
性格的にどのグループへも付いていってしまうので、それはそれなりに楽しかったのだが、いっそ全員ひとりというのが面白そうで早速申し込んで、催行がきまったのが9月末なのだ。

さて、日頃ガイドブックに不満を持っている。
あたりまえのことだが、その場所を事務的に説明し、後は食べ物満載だ。
その街の本当の魅力が伝わってこない。
その点、今回の訪問場所には参考資料は手にあまるほどたくさんある。
どれも、この国に魅了されている人達がしたためたものだからスペインにたいして愛情があふれている。

実はなーんにも下調べをしないで、ぽかーんと口を開けた状態で旅しようと思っていた。それなのにだんだん資料が積み重なっていく。
まず大きな概略はこれでつかめた。

b0116765_2123284.jpg


個別訪問地としてはワシントンアービングが書いた「アルハンブラ宮殿」が面白い。

b0116765_21193733.jpg


堀田善衛の「ゴヤ」は全4冊で3部の途中まで前回に読んでいた。
宮廷画家が活躍した時代はおもしろいが、なにしろ分量が多い。

伊集院静氏のこの本はその点「ゴヤ」も下敷きになっているのだろうが、
素人にはとっつきやすい。
グラビアも大きくて美しい。
4500円もする本をなにげなく家に置いておいてくれた身内に感謝だ。

b0116765_21201570.jpg


面白くて、読みふけった。
ゴヤの他にもベラスケス、グレコ、ダリ、ミロ、ピカソについて書かれている。
スペインは巨匠が多い。


こんな本まででてきた。
母がスペインに行った時、よほど感激したのだろう、よく観光地で売っているこんな本を
買ってきた。1983年とある。
母はトレドも気に入っていたのだが、マドリードのプラド美術館にももう一度ゆっくりと行きたいといつも言っていた。
もう海外旅行は無理なので、代わりに行くことになったが、なんと今回90分滞在、
この駆け足ツアーにもう笑うしかない。

b0116765_21221155.jpg


飛行機の中では「ドン・キホーテ」でも読んでみようかと、キンドルにダウンロード済みだ。

最後にやっぱり地球の歩き方
必要ないページはいつも抜いて持ってゆく。
マイさんの住むレオンのページは今回泣く泣く切り離した。

b0116765_21244363.jpg


マイさんはレオンから旗を持って空港に来てくれるって言ってくれたけど、なにしろマドリッドの空港到着が23時50分、いつか必ずレオンに行きたい~、マイさんにまた会いたい~!


さきほど添乗員の方から電話があり、なんと参加者は6人、催行ぎりぎりの人数だったのだ。

ということで、
行く前の騒ぎをながなが本当にすみませんでした。
では今週末から行ってまいります~
皆様も季節の変わり目、お風邪をひきませんように。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/25040523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2015-10-29 21:49 | | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31