町は大騒ぎ-洛中洛外図屏風 舟木本

b0116765_23301250.jpg


b0116765_23304946.jpg


大阪の陣の直前なのに、人々が浮かれている
ひとり、ひとり、戦乱の中で生きているのに
偉い人も、お金持ちも、そうでない人も、お坊さんも顔がいきいきしている。
時間があったら何度でも見たいって言うものだから、
そこまで聞いたら私だって見てみたい。

国立博物館に17世紀江戸の初めの頃の人々に会いに行った。
b0116765_23105369.jpg


太夫の演奏を楽しむ人々
この頃からコンサートが楽しみのひとつであったのね。
b0116765_23123197.jpg


五条大橋ではしゃぐ人々
b0116765_23124829.jpg


偉い人に就職のお願い
b0116765_23132426.jpg


どの時代でも占いに頼りたい乙女心
b0116765_23152368.jpg


東寺で読経に励む僧侶と美少年をくどく僧侶
b0116765_23154912.jpg


この雁金のマークの入ったお店は尾形光琳の実家である呉服屋さん
b0116765_23192274.jpg


尾形光琳作の着物は実物を本館で見ることができる。
b0116765_23223416.jpg


どの時代でも人間は魅力的だ。
魅力ある人々を温かい目で描いた、作者と言われている岩佐又兵衛は浮世絵作家の元祖と言われている。
この人の力が見るものにオーラを放っている。

祭日は夜の8時までオープンしている。
混雑を避けて、夕方から列に並んだ。
あたりは真っ暗、帰りはこんなお見送り、
b0116765_2326106.jpg

暖かくてわくわくする2000人の人々との出会いだった。

      *舟木本画像は「洛中洛外図 舟木本 町のにぎわいが聞こえる 」奥平俊六著 小学館からお借りしました。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/21408460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2013-11-04 23:47 | 興味 | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31