株を買うとしたらこう考える

一時は東証平均3万円台になった株価はリーマンショックで1万割れとなった。
安倍さんに政権が代わってから円安方向に進み、それと同時に株価が1万5000円の壁の前で行きつ戻りつするまでになった。
本当はアジア株が冴えないので、日本に資金が流れこんでいるために上がったと聞いている。
お金勘定に弱いので儲けることはからきし縁がない。
ただ企業動向、経済動向を探るために株価へのアンテナは少しだけ上げている。
b0116765_7342163.jpg

例えば、最近どんどん業績を上げて配当upを表明した大企業がある。
まだこの先業績は伸びるだろう。
もし株を買おうということならこういう企業の株は注視し、買い時を探るのが良いのだろう。

しかし私はこう考える。
この企業はたくさんの会社を買収しながら本体を大きくしている。
買収された会社は買い取ってもらって助かったのか、あるいは買い取ってもらうしか道がなくなってしまったのか。
従業員に厳しいことでも知られている。
家に帰れずに、生まれた子供に3か月会えなかったとか、業者が打合せに行くたびに担当が退社して変わってしまっているなどの噂を聞く。
ともかく従業員には大変厳しいらしい。
もちろん業者にも厳しい値引きを要求する。
うわさに右往左往してはいけないけれど、やっぱり気になる。

企業は利益をあげて税金を払って社会的責任を果たす。
同時にそこにに働く従業員を保護し、幸せに生きることをサポートする義務がある。
最近ブラック企業という言葉もある。
体を傷めるまで働かせ、疲れ切って退社するしかない状況に追い込んで利益をあげるのでは企業の存在価値はない。
さらに、その業界を滅多打ちにして独り勝ちして意味があるのだろうか。
大企業は産業を育てるという役割の中でリーダー的存在にならなければいけない。


犬の遠吠えに違いない。
甘い考えで、この時代利益など上がるわけはない。
厳しく、厳しく・・・そしてやっと生き残るのが今の産業界だ。
しかし、企業で一番大切なのは人間だということを忘れた企業の株には興味がない。
どんなにもうかりそうでも、多く配当をもらえるとしても買いたくない。

株主になるということは企業に発言権を持つと同時に、たとえチリのようなひとかけらでもその企業に責任を持つことにもなるのだ。
人を切り捨てる企業の責任など、持ちたくない。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/21380886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2013-10-31 07:41 | 興味 | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30