お説教

職場ではとうとう高年齢ベスト5に入ってしまった。
そのせいか、みんな、私の話しを良く聞いてくれるので言いたい放題。
で、ついついいろいろと力説してしまう。

ある時コミュニケーション不足のトラブルがいくつか続いた。

こんな小さな会社でコミュニケーションが円滑でなければどうするの?
部下に頼んだだけでその後の進捗を確認していない?忙しい?5分とかからないでしょ。
何故作業がすすんでいないか?
頼んだだけ、言っただけではコミュニケーションにはならないのよ。
相手から反応があって、その反応に対して判断して、そして次の指示や対策を打つ。
それをしておかなければ最後に泣きをみるのは、あなたよ。
場合によって100回、手をかえ品をかえ訴えなければ、相手の心には通じないこともあると思うの。
要はこれが正しいと思ったら信念を持って主張しなければならないということね。
ぶつかっていかなければ相手がなにを考えているかいつまでもわからない、相手の事情もわからないでしょう。
自分の主張と相手の立場を考えて初めてコミュニケーションが成立するの。

ここまで言うと、言い訳していた後輩たちも黙って返事だけする。
ああ、またやってしまった、本当に最近説教くさくなったと自分でも思う。
それなのに、わたしの心の中はまだおさまらない。

友達関係ならいい、でも仕事は逃げたらだめ。

ああ、人に言えるほど、私がちゃんとやっているか?
少し冷静になると今度は落ち込む。
自分が正しいと思いこむこの態度はまずい。でも私が言わないで誰が言うの。
おつぼね様と言われた女性たちの気持ちが今はよくわかる。

後日、お説教をしたAさんに、頼んでおいた別の調査が出来たかどうか尋ねた。
「あと1歩のところまできましたが、もう少し時間をください。今再見積りをしていますから」という返事。
進捗を確認すると丁寧に物事が進められていることがわかった。
次につながる情報もきちんと把握されている。
このAさんは人に頼んだりコミュニケーションは苦手だけど、自分がすることはきちんと進めてくれている。

それぞれの持ち味なんだけどなぁ・・・・心が再び揺らいだ。
意地悪ではないのよ、みんなに育って欲しいだけなのだけど・・・・。

季節はずれの紫陽花が咲いた。
この時季の紫式部と一緒に花瓶におさまる。
b0116765_2321649.jpg

トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/21155403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sola-1-sola at 2013-09-28 05:42
こういったコミュニケーションは社内だけの問題ではないんですよね。
昔、クライアントの担当が、打ち合わせをすると全て満足してしまうのか
先方に頼んであるもろもろの返事が期限までに来ない。
綱渡りのように時間のない仕事なので、その対策に、
議事録を打ち合わせ時に確認サインをもらった後
別にお願いしたもののリストを制作しファックス(メールじゃダメなんです)期限の2日前にまたファックス&電話。
期限当日に、返答の催促の電話。

私の上司は呆れ返ってました。そこまでする必要なんてどこにあるのだ?
私の返事はいつでも私自身が円滑に仕事をするためです!

おかげで、クライアントの彼の部下からは大人気。
そこの仕事を辞めるまで、「ちょっときいてくださーい」『ぶちょうのことなんとかしてください」から
「こらしめてくれませんか?」まで。

面倒と思うか、先を読むか。
lilyさんのことば必ず胸に響いています大丈夫です。


Commented by kimanba at 2013-09-28 09:48
言って正解だったと思います!強く思います♪
最近は言わない人増えていますが
言葉にしないだけで
身体全体からは相手への不満が滲み出たり~笑_これは悲しい。
怒った気持ちは抑えない方が良い(私の論理 笑)
上に立つ人は正々堂々としていて欲しいが私の願望です。
それにlilyさんは___
>それぞれの持ち味なんだけどなぁ・・心が再び揺らいだ。
こういう風にも考えてくださる
何事ももう一回振り返ってくださる。。
こんな上司から職業意識を学びたい~!と私なら思いますよニコニコ
Commented by antsuan at 2013-09-28 10:41
この頃はやって見せる元気がなくなってきました。
でも、やって見せて、やらせて、褒めて、おだてないと、やっぱりダメな人っていますよね。
Commented at 2013-09-28 11:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by whitelacenonyo at 2013-09-28 21:32
コミュニケーション能力は入社試験では大切な条件となる、、と
何かで読んだのですが、どの分野でもコミュニケーションは大切ではないでしょうか、、

会社でlilyさんが高齢者ベスト5なればこそ、お説教がさらりと出来るのですよ。
でもね、後輩を思えばこそ、諭すことを説教と解釈する人は
見込みなしでしょう。
言ってくれてありがたい、経験不足で気が回らなかった思うのは伸びる人でしょう。

kimanbaさんが書いていますが、最近は年長者も諭すことを言わなくなりましたよね。
私たちが若い頃、年長者からいろいろ注意を受けて成長したようですね。
役目が回ってきたのです。落ち込まないで頑張れ!lilyさん。
貴女は正しいことをしているのです。
Commented by shinn-lily at 2013-09-28 21:40
solaさん こんばんは

今回気持ちを記事にしたのは、ブログのお友達はみなさん発信上手ですから、ご経験をお聞きしたいなと思ったのです。
誠意を持って発信していけば、きっと信頼を持った関係になりますね。
solaさんの成功体験はきっとこれからのお仕事にも生かされますね。
いえ、おっしゃるとおり、仕事だけではなく、どんなことでもそうですね。
ただ、わたしくらいの年齢になると、上からものを言う態度や、お説教じみた言い方になりがちです。
ああ、気を付けなければ・・・、反省はするのですけどね。

応援ありがとうございます。
おおいなる力になります。
Commented by shinn-lily at 2013-09-28 21:52
kimanabaさん こんばんは

kimanbaさんは教える職業
もうまっしぐらに、うまく教えてあげられるのでしょうね。
kimanabaさんならどんな言い方をなさるかなとちらっと考えました。
ふだんこれでも我慢しているので、言いだすときつくなってしまいます。
ただひとつわたしは嫌われても仕方がない、信念は通すべき
利益をあげてなんぼという気持ちがあります。
ですから覚悟はあります。
もっとも良い仕事をしてくれた時は手をとりあって(実際は気持ちだけ)喜びあいます。
そんな時は仕事していてよかったなと言うときです。
生徒さんが良い学校に入学が決まった時と同じですよね。
Commented by shinn-lily at 2013-09-28 22:03
antuan こんばんは

仕事はなんといっても人間がするものもですから
なんとか成長してもらいたいと、手をかえ品をかえ・・・
なにしと相手は人間ですから、なかなかうまはまいりません。
ご苦労はお察し申し上げますが(笑)
>この頃はやって見せる元気がなくなってきました。
経営者は元気でなくてはいけません。
心は泣いて、顔はカラ元気、わたしの特異技です。
ご享受いたしましょうか?
Commented by shinn-lily at 2013-09-28 22:15
鍵コメさん こんばんは

鍵コメさんとお仕事が出来たら、丁々発止、なかなか面白そうではないですか?
前から鍵コメさんのお仕事ぶりは、悩みながらも覚悟があり、良い意味での意地があるとお見受けしておりました。
上司の方とやり方や意見があわないのは、なかなか苦しみますよね。
それでも信念を持って仕事をして、アウトプットを出していくことができれば、必ず見ていてくれる人はいるはずです。
これまでの仕事を振り返ると、何度かチャンスの縄梯子がおりてきたことがあります。
それで、わたしも頑張っている人には梯子を見せるのですが
上って来てくれる人は案外少ないです。
チャンスを逃さない、チャンスをつかみ取る実力はつけなければなりません。多少自信がなくても掴み取る勢い、これが若い人にはかけているような気がしています。
鍵コメさんはきっとチャンスをひとつ、ふたつとつかみとられるのではと
期待しています。
Commented by shinn-lily at 2013-09-28 22:26
whiteさん こんばんは

whiteさんにはこれまでどれだけたくさんのことを教えていただいたことか。
それは言葉だけではなく、生きていく姿勢からもたくさんたくさん得たものがあります。
生徒さんもきっと同じだとおもいます。
いつも、私は社内教育担当として育てることばかり考えているゆえ、
逆に教えていただく心地良さを感じています。
感謝しております。
そうはいってもいつも笑い転げているだけですけどね^^

whiteに励まされて、またまた頑張らなくてはと、少し勇気がでました。
今はわかってもらえないことも、10年後には思い出してくれることも
あるかもしれないと、あせらないことにしましょう。
実際私が初めて仕事をしたとき、上司の女性がけむたくてしょうがなかったのですが、その時教えてもらったことが、後の仕事の礎となりました。
さあ、来週もお説教つづけましょうかね???また落ち込まない程度に^^
Commented by sarakosara at 2013-09-29 16:16
なかなかこうして真剣に向き合ってくれる上司がいなくなっているようにも思います。
私も数年前に直属の上司とぶつかったことがありました。
はっきりとものを言う人で、言い方も時にきついこともあります。
でも人一倍仕事ができるし、弱音も言わない。
尊敬できる仕事ぶりだから言うことにも説得力があります。
当時は私も本気でぶつかって、悔しくて仕事をやめるか本気で悩んだけれど、やめないでよかった、その時があったから、今もより深い信頼でつながることができたと思っています。
上に立つ人は憎まれ役になったり、時に孤独だと思うこともあるかもしれない。
でもそういう立場の人が必要なんですよね、愛情のない苦言やお説教ではない。
リリーさんの言葉はきっと人の心にいつか届くはずだと思います。

我が家も父の庭に小さく紫陽花が咲きました、おそろいです^^
Commented by junko at 2013-09-29 20:45 x
Ciao shinn-lilyさん
ドント ウオリー!
ウエルダーン!!
こういう人が社会には必要なのです
もっと言ってください

年上の人が、なぜか若者に遠慮をし始め、口を閉ざし始めたころから、この国は悪くなった
時には悪者になるかもしれないリスクを冒してでも、全うな言葉を発音し、空中にその言霊泳がせるってことは、非常に大事なことであると思っています

また、聞かせてください
Lilyさんの素敵なお説教 ブログ上で、、 笑
Commented by uransuzu at 2013-09-29 22:05
私も、自分自身、以前より「くどくなった」と思うことがあります。
何とかわかってもらおうと、言葉を重ね、言葉を変え、必死で話しているときがあります。
それでもわかってくれていないな、と感じると情けなくて自己嫌悪に似た感情が湧いてきます。
もともとあまり話すのが得意ではないのです。
仕方ないから、私の場合は「聴く」ことに重点を置くようにしています。
3聴いて1話す、くらいでしょうか・・・
いや、最近は2聴いて1話す、かな。
いや、もっと話してるかな(笑)

lilyさんは、いつもポイントを的確にお話しになりますよね。
それに本当に相手のことを考えた意見をおっしゃる!
どうぞ、そのままで・・・
Commented by kanafr at 2013-09-30 00:03
私達の年齢って、自分の仕事をするだけじゃなく後輩を育成しなきゃいけない年齢になっていますよね。
>ああ、人に言えるほど、私がちゃんとやっているか?
少し冷静になると今度は落ち込む。
shinn-lilyさんは優しい方なんだなあってつくづく思います。
でもね、失敗した経験があるからこそ知識となって、今はこうやって伝える事ができるのですもの。
落ち込む必要はまったくないと思います。
>自分が正しいと思いこむこの態度はまずい。
確かにそういうのはまずいですよね。でもそういう事が分かっていらっしゃるlilyさんだからこそ後輩の方達への伝え方も上手なんじゃないでしょうか?個人的な感情ではなく、今やるべき仕事の大事さを真剣に伝えようとしてくれる先輩だからこそ、後輩の方達もちゃんと受け止めてくださったんじゃないでしょうか?
きっと感謝しているって思いますよ。
shinn-lilyさん、そのまま、そのままですよ~頑張って!!
Commented by shinn-lily at 2013-09-30 21:50
sarakoさん こんばんは

sarakoさんのまっすぐにものを見る姿勢はまぶしいほどです。
これまでそうして人生を過ごしていらしたから、本気でぶつかることができたのですね。
本気でぶつかってくる人も少なくなりました。
自信がないように感じます。
ぶつかりあってこそ、新しい道が開けることもあるわけで、そこで勝ち得た信頼関係はその後の財産になりますね。
なにか、そういう深いかかわりを私も含めてみんな避ける傾向にあるように思えます。力をださなければぶつかれないから、疲れることは避けるのかもしれません。
信念を持って語りあう、そうすればきっと気持ちがつながる
そう信じられるようなコニュニケーションを構築していかなければなりませんね。

今年の以上気象が今頃紫陽花を咲かせたのでしょうか?
sarakoさんのお宅も!
なんだかお花つながりで嬉しいです。



Commented by shinn-lily at 2013-09-30 22:09
junkoさん こんばんは

ふふふ、junkoさんに背中を押してもらうと
勇気凛々、よーし頑張らなくてはという気持ちになるから不思議、不思議

年上の人が若者に遠慮するのはいろいろな要因があると思います。
まず、若者が打たれ弱くなっている、つまり親にもそれほど怒られずにいい子、いい子、お勉強をしていうことを聞く子はいいこという雰囲気の中で育ってきたということ
そして年長者も昭和の男性のように、強い信念を持って人を育てようとする気持ちが薄くなっている、うまくいかないと今の若い人はなかなかついてこないということでおしまいにしてしまう
わたしは、信念を持って注意をして、それで言われた人が、上司がいやだから退職しますと言ってやめてもよいと言っています。
自分のせいで人がやめるということを恐れているふしがありますから。
人のせいにする人は所詮そこまでですから。
junkoさんのおっしゃる言霊を真剣に考えたら、もう少しコミュニケーションを大切にするようになるとおもうのですけどね。

では、junkoさん、次のお説教をお待ちください。
いまのところお説教をしないで済むようにと願っているのですけど^^
Commented by shinn-lily at 2013-09-30 22:20
uransuzuさん こんばんは

そうそう、お説教もさらっとやればいいのですがその「くどくなった」
そのことが私の中で一番ひっかかっていることかもしれません。
「くどくなった」と自分でいうのは注意しようという気持ちがあるからまだ良いと思うのですが、他の人からそう言われるようになるとちょっとねぇ、さすがに人の目は気にしないと豪語している私も、考えてしまいます。
これだけはなんとか避けなくてはね。
私は聴くことが苦手でついつい喋ってしまう、・・・そうそうuransuzuさんを見習わなくては、3つ聴いて1つ話す、3つ褒めて1つ注意する、
気を使いますね(笑)
実はね、傾聴の勉強のためにウェッブで「コーチング」の講座を勉強して修了証ももらったのですけど、
こういう資格って結局たいしたことないですね。
大切なことは、自分自身の気持ちですよね。
Commented by shinn-lily at 2013-09-30 22:31
kanafrさん こんばんは

そうなのですよね、わたしたちの年齢は後輩の育成が仕事の半分近く占めると考えています。
いつ、いろいろな事情で仕事から抜けなければならないこともおきるでしょうから、自分がやっている仕事を誰に渡せるかいつも考えながらやっています。
そう思うと、あせってしまうのです。
人を育てるなんて、そんな簡単なことではなく、人を動かすことは大変なことだと思います。
なかなかうまくいきませんが、これまで何人かついてきてくれて大きく成長した人がいます。
そういう時には仕事を達成した時より嬉しいです。もう親のような気持ちです。
その気持ちを大切に携えながら、またまたきつい注意をし続けましょうか?
kanafrさんに励ましていただいたから、もうひとふんばり、頑張っていきます。
ありがとうございます
Commented by emilia2005 at 2013-10-01 01:10
思わずうなだれてしまいました。
てきとー&手抜き人間の多いこの国に暮らすようになり
その影響をまともに受けて、
どんどん楽なほうへ流れて行っている私。
が、これは言い訳だったんだ。
自分自身はどうなの?ってことなんですよね。
リリーさん、気持ちが引き締まりましたっ!
Commented by shinn-lily at 2013-10-01 20:49
emiliaさん こんばんは

楽な方に流れて、暮らす。
とてもいいことだと思います。
だっていつも深く考えて、思慮深くて、眉間に皺を寄せているような人生ってそんないいものではないと思います。
イタリアでそんなふうにしていたら、神経をすり減らしてしまいそう。
郷に入りて郷に従う、それが出来ることも大切な能力だと思います。

ときおりね、日本の繊細さ、ち密さに辟易とすることがあります。
いきることに、これほど頑張っていかなければならないのかと。
でも、ここは日本、日本が生き残れる能力は産業でもこんなところだと思っていますから、それなりに頑張らなければならないと思いなおします。
おおらかに、のびやかに、でも繊細に物事を考えればよいのでしょうが、仕事をしているといつも追いつめられるようです。
ときにはイタリア人にならなくては(笑)
たとえフィアットがトヨタに成れなくても、それはそれでいいのかもしれません。
Commented by 40ansparis at 2013-10-08 16:15
下の美味しそうなおにぎりに目が釘付け!笑
おにぎり大好きで、ん〜。

私も、lilyさんの気持ちはよく分かります。胸の内の思いや迷い、なども。
私は何故か30代、前半も後半も、別の場所ででしたが上に立ってお説教をしなければならない立場にいました。
影でいろいろ言われただろうと思い悩んだり、辛かったのは自分よりも年齢が上のスタッフにも言わなければならなかったこと。
でも、今は言わなければならない!どんなに嫌われても、とある時思い直しました。別に好かれなくてもいいワ、と。
自分よりも年下のスタッフでしたら、その人が私の立場になった時に気づいてくれればいい、と思いましたし。事実私がそうでした。上の立場に行けば行くほど孤独なのだ、とも、自分が上に来てやっと気付きましたし。
言わなければならない人っていると思うんですよ、、。
きっと後から後輩の皆さまも気付いてくれるでしょうね。いいチームで仕事をして欲しいからこそ言ってくれたのだ、と。
Commented by shinn-lily at 2013-10-09 23:03
ラパンさん こんばんは

ああ、出来るものならヤマト便でおにぎりをどさっとお送りしたい!

年上のスタッフを相手に注意するのはなかなかつらいことだと想像できます。今では定年後の雇用延長で若い人がそれまでリーダーだった人を部下にすることはしばしばあることですが、双方やりにくいことは確かです。
でもラパンさんが
>どんなに嫌われても、とある時思い直しました。別に好かれなくてもいいワ
と書いてくださって、同士を得た嬉しい気持ちでいます。
わたしも、そのことに気付き開き直った時から、仕事の上でやっとおとなになれた気がしました。
そしてそうなんです、孤独なのです。
孤独だから、こうして日頃私が考えていたことを、すらっとおっしゃってくださると、百人の見方を得たような気がしてしまいます。
でもこうおっしゃるラパンさんがここまでのお考えにたどりつく過程
それなりのことがあったのだろうなとも思います。
つらいことも孤独も、そういうことを経験したからこそ、また心が通じた時は嬉しさひとしおですね。

Commented by shinn-lily at 2013-10-09 23:04
つづきです。

口には出さなくても、きっと気が付いてくれる時があるでしょう。
わたしも、卒業して初めて働いた時の女性のボスに泣かされましたが、今は教わったことを土台に仕事をしています。
とうとうその感謝の気持ちは伝えられませんでした。

ラパンさんのお仕事ぶりが目に浮かぶコメントに
勇気つけられました。有難うございます。
by shinn-lily | 2013-09-27 23:20 | まわり | Trackback | Comments(23)

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30