震災を忘れない 仙台、宮城の旅(4) ふいに涙がでることがある

仙台駅前コンコース
b0116765_23243942.jpg

太鼓の音が聞こえる
袴とはちまき、扇に高下駄の応援団
その前には一人の青年、ちょっとたよりない
b0116765_23221442.jpg

ぱらぱらと見物人
なにをやっているかと音に誘われる。
東北大学受験生を仙台駅でみつけては、のエールを贈っているらしい。
顔がはりさけるほど大きな口を開けての応援
b0116765_23224396.jpg

無償の行為に全精力をかけることが出来るのは若者の特権であろうか
自分の姿に陶酔しているのかもしれないが妙にすがすがしく
うらやましくさえある。
エールを贈られた青年は、
はたして、応援が実り、東北大に通うことができるか?
入学試験に通っても落ちても、
この青年にこれから人生はいろいろあるし、未来は無限の可能性を秘めている。
エールを贈る若者たちにもこれから無限の未来がある。
b0116765_23241987.jpg

みんながんばれと心の中でつぶやいたとたん涙がぽろぽろと出てきてしまった。
涙に理由はない。最近、涙腺のしまりが悪くなった。

この街でなら、
もう一度大学時代に戻りたいと、ふと思った。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/20172950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2013-03-18 23:29 | 日本をめぐる | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31