それでも北京⑤ 旅の税金

海外でお金をだまされたり、
お財布をすられたり
高いお金を支払わされたりすることは多々ある。
旅の税金とあきらめる。
見知らぬ土地を歩かせていただく、ほとんどは一生一度きりの場所であるから
そう効率よく歩けるわけではない。
それでも旅を続ける醍醐味は捨てられない。

とはいえ、今回の旅、予想はしていたものの、かなりの旅の税金、別名観光税を北京におとしてきた。

天安門広場集合写真写真 100元(1300円)
万里の長城集合写真写真100元(1300円)
は仕方がないとしても、
旅の最初からついていたカメラマンアルバイト、日本語学校在籍21歳の可愛らしい女性、
それぞれのアルバムをつくってたいてい4枚から7枚くらい
1枚800円!!!2枚で勘弁してもらった。
「お姉さん、可愛いから許すよ」って、1600円お支払

バスの中では菓子販売6箱300元4000円
b0116765_23175491.jpg

バスの中の印鑑受注 100元1300円
b0116765_23182250.jpg

昼のレストランフカヒレスープオプション 100元1300円
b0116765_23191535.jpg

お店に連れて行く
茶芸見学販売
b0116765_23215297.jpg

トルコ皮のコートなどの販売、ファッションショー付き
b0116765_23223596.jpg

同仁堂の漢方販売
b0116765_23235568.jpg

愛新覚羅恒珏氏の書見学(2万円から10万円(天壇にて)

ツアーではお土産店立ち寄りは仕方がないとあきらめている。
立ち寄り店なしは、費用が高いツアーとなり、それがひとつの売りにもなる。
海外での時間はお金に換算すれば貴重な時間、40分、1時間とお金を棄て
さらに、意思を強固にもっていなければ、余分な市中より割高でかつ散在となる。

行く前から、HIS担当者の女性には、
「当社だけのツアーなのだから、なるべく寄らないようにして欲しい」
しかし現実はそう甘くなかった。
わたしは、みなさまに
「買わなくてよいからね。ここは中国物価じゃなくて高いぞ~」と心の中で言いつづけたのだがそのテレパシーは通じず、けっこうたくさんお買い上げ。
旅慣れた同僚が、
「shinn-lilyさん、みんな納得して買っているのだから、心配しなくて大丈夫ですよ」と声をかけてくれた。

現地ガイドの白さんのひとり言
「わたしたちガイドの仕事は申し訳ないけれど、ガイド半分、営業半分なのです」

当社営業マンのひとり言
「北京で営業のやりかたを勉強しました。」
本当?

白さんのガイドぶりの一生懸命さ、
ものの紹介のテクニックと話術の巧みさ
バスに乗っている間に、どうやら
「これだけ白さん、頑張っているのだから、少しは買ってあげなければ」
という集団催眠にかけられているに違いない。
なんといったって、当社のメンバー、人柄がいい人ばかりなのだもの。

もちろん、私だって、人がいいのよ、
わたしのお買い上げは次ぎに続きます。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/19668627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2012-12-14 23:31 | 北京 | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30