それでも北京④  社員旅行のホテルの条件

HISの担当者に出したいくつかの条件のうち
ホテルについては
スーペリアでなくて良いが高級ホテルで立地は街中
いくら立派でも郊外で身動きが取れない場所に泊まるのが通常のツアーだ。
初めての海外旅行の人もいるのだもの、自由時間をどうすごすかは不安の種らしい。
まずは良い気分で宿泊 毎日朝早く出発なのにもったいない気がしたけれど
ビュッフェスタイルの朝食も楽しんでもらいたい。
王府井の五つ星ホテル「ザリージェント北京」
ガイド白佳山さんに言わせると、こんな良いホテルを使う団体ツアーはないと言うので期待が膨らんだ。


ロビーもゴージャス
b0116765_2104024.jpg

夜はライトアップ
b0116765_2122169.jpg

部屋だって素敵
写真をとり忘れたが、男性同僚はちゃんと取っておいてくれた
b0116765_214725.jpg


バスルームがガラス張り、
b0116765_2144651.jpg

ブラインドがついているのだけど、そのスイッチが見つからない
わたしたちは女性同士、いいわよねって半開きで使ってしまった。
トイレもシャワールームもドアがついているし、バスタブも可愛い、けどけっこう入りにくいのよね、こういうの。

カーテンを開ければ前のホテルもライトアップ
b0116765_2153989.jpg

冷蔵庫に用意された飲み物は無料
ははーん、本来ならウェルカムフルーツがつくはずなのに、飲み物で代替、
もっとも男性は皮をむいて食べるよりビールの方がいいでしょう。

思っていたとおり、朝食は好評だったが、韓国や台湾の同レベルのホテルに比べて品数は少なかった
麺をその場で作ってくれると楽しいのに。
b0116765_2161820.jpg

日本人には北京でひとりも会わなかったから
わたしたちのために造ってくれたお寿司かしら?
みんなが中華の方が興味があるから誰も手をつけない
申し訳ないので、ひとついただきましたけど
b0116765_21543113.jpg



立地も確かによかったけれど、日本でいえば銀座
アップルだって
b0116765_2175941.jpg

zaraだってあるが、これじゃ普通の都会
b0116765_2184873.jpg

せめて道にこんなオブジェがあるのが慰め
b0116765_21123735.jpg

スーパーを覗いてみても、かなりの高級スーパー、海外のお菓子ばかり。
b0116765_21135217.jpg

あら、こんなものも、お鍋用かしら
野菜が小ぶりにカット、ブロッコリーは串にさされて、おしゃれ
b0116765_21144195.jpg

この街を散歩して、グッチだ、シャネルだと見てまわtっても仕方がない。
しかも、日本より2,3割高いらしい。それでみんな本当は日本にお買いものに行きたがるという。
いらしてください、どんどんと。

もう少しノスタルジックな中国に触れられる街のホテルがよかったかな。
こんなに王府井が変わってしまっているなんて、考えてもいなかった。
それでも、夜遅く、カラオケ(女性付き)に行った人たちもいるらしいから、
これはこれでよかったのかなぁ?便利な場所で。
ま、ほとんどの人は強行軍で夜外に出る元気はなかったけどね。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/19657688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2012-12-12 21:42 | 北京 | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30