見えない世界と見ようとしなかった世界

中学に入学すると、生物の時間が始まった。
その最初に習った「原生動物」は衝撃的であった。
アメーバ、ぞうり虫、顕微鏡で覗くと、ちゃんと動いている
それまで、目に見えるものだけの世界で生きていた呑気な小学生だったから
目に見えないところにも生き物の世界があったことに驚いた。
なんだか楽しくなって、空き地の水たまりから水を汲んできて、プレパラートに乗せて、家の顕微鏡で覗いてみたりもした。学校に持っていくと、先生が顕微鏡で調べてくれて、それはボルボックスだと知った。



こんな本が話題になっていると知って、むしょうに欲しくなり、アマゾンに頼んだ。
数千部売れればと思っていたら、数万部の売れ行きとか。

この本のことを知ったとき、なんだかこの本のテーマが、気になっていたことに気がついた。
最も、購入にちょっと躊躇した。興味あるおもしろいことがたくさんあり過ぎて、またわたしの中で混乱を呼ぶ、知らないほうがいい、でも知りたい…興味は押さえられない
原生動物のように、私の興味など、盛り上がって、すぐ終了する。
いえ、いえ、それらを撮影したくて、接写レンズが欲しくなったらどうしよう?
道端に這いつくばって撮影しているかもしれない…・・などなどと葛藤の渦の中、どうせ、結論は決まっている。
ちょっとだけ覗いてみよう。
b0116765_23422150.jpg

「コケはともだち」株式会社リトルモア 藤井久子著

見えない世界というわけではない。
見ようとしなかった世界だ。

こんもりとビロードのようであったり、小さな小さな芽が林立していたり、花びら型の緑の小さな葉がびっしりと土をおおっていたり、
「あら、あなたたち、いたのね。」そんな気分である。
本は、あるOLがコケに興味をもつまでのストーリー仕立てになっている。

b0116765_2344954.jpg

知らない間に、自分がそのOLになったかのように、コケを探して、下をむいて歩いている。

「さて、本物のコケを見つけたら、いよいよコケに話しかけてみよう。そのために魔法の道具、それがルーペだ。どんなコケも必ず群れで生きている。この群落にあいさつを交わす程度なら肉眼で十分なのだが、群落の中にいる1本1本にはなしかけたいときにはルーペが必需品である。」

まさしく、コケはともだちに違いない、
コケは自分の身を虫などから守るため、大変不味い体をしていることは食べてみて試している、
苦くて食べられないようだ。
著書がコケに対する接し方が楽しく、あっという間に読んでしまった。
後はコケをみつけることだわ。
b0116765_23575187.jpg

小さい世界に目が釘付けの私に、
「これ、面白いから読んでみて」とこの本がとどいた。
b0116765_2359333.jpg

あっちに行ったり、こっちに行ったり、なんとも忙しいことだ。
トラックバックURL : https://shinnlily.exblog.jp/tb/16180875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimanba at 2011-08-27 05:28
>ちょっとだけ覗いてみよう。
この姿勢が大好きで~♪、、私の生きる姿勢でもあります。。
好奇心は押さえない方がよい~ふふふ
興味がある事は・・まずはやってみる~ルルン

lilyさんの好奇心や興味は・・
私と違って!シンと心に響くものに向けられていますね。
(私はちょっと恥ずかし、、)
丁寧な生き方や細やかな気持ちがそのまま反映されたようなものに
向けられたのですねぇ。。
あ、、でも!子供の頃!!は
顕微鏡に興味を持ったのは一緒です!
12歳の誕生日プレゼントに顕微鏡を希望しましたから~♪

lilyさんの今回の話題
「わぁ、、。。」 と思わず立ち止まってしまいました。
苔とは、、、、と唸りました。
なんとも味合い深い存在への静かな目。。

《見ようとしなかった世界》・・含蓄のある言葉です。。

暮らしがますます活性化して、、、
やっぱりますます若返りそうですね!lilyさん~♪
Commented by junko at 2011-08-27 07:19 x
Ciao shinn-lilyさん
lilyさんの興味の幅の広さ、好奇心の豊かさがまさに伝わってきました
人間が、弾力性のある心、生き生きとした魂を保つために、好奇心ってものすごく大事だと思ってる私は、
なぜlilyさんがいつもこんなに生き生きしてるのか、その秘訣を見せてもらった気がします
私ね――実は苔が大好きで
東京の家の屋上に庭を作った時、杉苔を入れたかったのです
でも、結構高いのよね
で、自分が住むようになったら、入れようと手ぐすね引いてるわけです 笑

ミクロの世界は不思議で楽しいです
もう10年以上も前かなあ
「Micro cosmos」という映画が公開されたんだけど、観ましたか?
もし観てなかったら、観てみてください
lilyさんきっと好きだと思うわ ^^
Commented by sarakosara at 2011-08-27 16:06
目に見える世界でも不思議なことはいっぱいです、
まして見えない世界、見ようとしなかった世界知らないことだらけなんだろうな。
昨年ブログの友達から教えてもらった紫陽花の真花。これも顔をくっつけて見ないとわからないけれど、花びらのようなガクの真ん中にそれは可愛い花が咲いていました。
緑の毛氈にしか見えない小さな苔にもそんな世界が広がっているなんてね。

大人になって、この年齢になって興味がふつふつと湧いてくることもあります。
知ることの楽しさは興味をもつことから、学生の頃になぜもっと色々なことに興味を抱かなかったのだろう。勉強する時間はたっぷりだったのになぁとよく思うけれど、
この年齢になったからこそ、なぜ?とか、もっと知りたいって思うこともありますよね。
Commented by shinn-lily at 2011-08-27 20:37
kimanabaさん こんばんは

興味は、先が短くなったせいか、なんとも抑えられない、我慢できなくなってきましたね。今知ることを避けてしまえば、もう一生知らないですごしてしまう危機感がいっそう、好奇心を旺盛にしていく、おばさんの底地からかしら(笑)

わたしの好奇心、その時、その時でどうも一貫性がなく、kimanbaさんの生活感にいつも好奇心で盛り上がっておりますよ。(泥棒撃退法など)
今や、なんでもかんでも知りたい、行きたい、経験してみたい、わずかに食べたいという好奇心があまりなくなったかなって思いますが。
父は子供の好奇心には嬉々としていろいろそろえてくれました。たぶんあれは、自分が楽しかったのでしょう。

ここのところ、雨が多いでしょう。めっきりコケが増えて、本日は壁だの道路の隅ばかり見て歩いて、わくわくしていましたが、傍からみたら変な人になりました。
変な人って、なんだか好きなんです。
Commented by shinn-lily at 2011-08-27 20:53
junkoさん こんばんは

junkoさん、コケ好きだったのですか?
わー、一緒に語れる人がjunkoさんだったなんて、嬉しい!
この本によると、コケを我が家にお招きするのは、かなりむずかしく、コケはどこにでも生えているようでも、その場が気に入っていきているので、おいそれとは引っ越しできないそうです(笑)
だから園芸種、junkoさんが手に入れようとしたものは、人間の手でならしたもので、高かったのでしょう。
コケはおとなしく他の植物の陰で生きていても、それなりの自己主張があるらしところが、また魅力的です。
「Micro cosmos」、見たいことがないのですが、昆虫の世界の映画のようですね。また覗いて見たい世界が増えてしまいましたよ。
このたびもアマゾンに貢献かしら!!
Commented by shinn-lily at 2011-08-27 21:04
sarakoさん こんばんは

紫陽花って、紫陽花というかたまりだけでしか、見ていないです。
そういわれてみると、紫陽花の中にも、もっともっと深い世界があるのですね。
見過ごしているものがまだたくさんありそうで、もう忙しくて、忙しくて、
そんなこといって、自分の足元をきちんと見なければ(汗)

それでも、知りたいことがたくさんあってわくわくするって、いいですよね。
人間は感動が出来る動物であることが、特性なのだから、そのためにも感じる心を失わないようにしなければ、
わたし、sarakoさんの透明感のある、感性がとても好きです。
その感性で、わいてきた興味に対決してください。
わたしたちの年齢だからこそ感じられることってありますよね。
Commented by whitelacenonyo at 2011-08-27 22:23
う〜〜〜んこれは私の苦手分野。
顕微鏡や苔などの分野は夫にバトンタッチ、
顕微鏡よりも拡大鏡を見ながらビューラーで
睫毛の数を数えるほうが、向いている!(キッパリ)

共通項もあり、正反対もありの仲、これも面白みがあるような感じ。
奥が深く、幅が広く、そういうlilyさんに、脱帽です。
Commented by uransuzu at 2011-08-28 06:48
面白そう~まさに「未知との遭遇」ですね、ワクワク。
この2冊はどちらかというと、子ども向けの本でしょうか?
夏休みが近付くと、子ども向けの科学本とか歴史本とかが書店でならんでいて、思わず手にとってしまいます。
案外知らないこと、知らなかったこと、って子ども向けの本から学ぶとわかりやすいですよね。
lilyさま(今日から、こう呼び名を変えます)の目のつけどころが楽しくて面白くてなりません。
Commented by kanafr at 2011-08-28 10:43
今まで知らなかった世界に飛び込む好奇心は私もあるんですが、苔の世界とは..完全に未知の世界です。
脱帽です。shinn-lilyさん!
でもこうやって人生経験を積んだからこそ、学んだ事を生かしつつ柔軟な心そのままに未知の世界に入れるんですね。
感動は、明日へのエネルギーになりますものね。
こうやってshinn-lilyさんの記事で、色んな世界を私も学ばさせていただいていますよ~♪
Commented by shinn-lily at 2011-08-28 11:23
white さん おはようございます

whiteiさんが苦手でよかったわ。
下を向いてコケをご覧になっている姿は全く、お似合いになりませんもの。
わたしも、普段は拡大鏡にお世話なる身ではありますが、ときおり
小さい世界よりは、自分のお肌にびっくりしてしまい、ついでにおちこみます。
そんな意味ではコケは可愛らしいものです。

とはいえ、
うふふ、たぶん、京都にいらしたら、わたしのこと、思い出していただけると思います。こちらより、京都はコケが美しいですね、
ちょっとだけ、今日は擦り込んでおきましたから♪
Commented by shinn-lily at 2011-08-28 11:35
uransuzuさん おはようございます

今、生きていて、自分の知っていることなんて、ほんのわずかで、未知の世界の方がおおいいのですよね。
私馬鹿みたいに、あ、それじゃ急がなくては、って本当にせっかちなのです。

これは子供向けの本ではないのです。
その証拠に、くだんのOLはコケに話しかけていると、お隣に引っ越してきた苔の森さんに、「僕のことを呼びましたか」と声をかけられ、
苔つながりで、恋の予感、というところで終わっています。
マニヤックにものが大好きということがうらやましくなる本です。
「宇宙からの帰還」もおとな向けですが、両方とももちろん中学生くらいで接していたら面白かったと思います。
小さな世界から、いきなり宇宙といわれても・・・ということで、中間に久石譲さんの「感動をつくれますか?」で頭の切り替えをはかることにしました。
Commented by shinn-lily at 2011-08-28 11:43
kanafrさん おはようございます

>感動は、明日へのエネルギーになりますものね。

そうなんです、そうなんです、
生きていると、そういいことばかりではないけれど、些細な感動も大きな感動もそれこそが、生きていてよかったということだといつも思っています。
だから、未知への世界に首を突っ込んで、代替エネルギーの感動を求めているかもしれません。

kanafrさんがご紹介くださる未知の世界は、エレガントであったり、エスプリが効いていたり、歴史的背景があったりと、実に素敵なのですが、
苔はちょっと地味でしたね。
でもこうやってコケのように前にはでないで、ひっそりと生活している人にも、とても味わいがあって素敵な方がいらっしゃいますよね。
わたし、そういう人も大好きなので、
やっぱりちょっとこの世界覗いてみたくなりました。
今は精度のよいルーペが欲しい、ブログ用のカメラとルーペをいつも持参となると、バッグは重くなるし、
シンプルな生活を希望しているわりには、欲深く、自分で自分をもてあましぎみです(困)
Commented by emilia2005 at 2011-08-29 03:00
lilyさん、こんにちは。igu-kunさんのところから参りました。見たい!知りたい!それが大きな一歩ですね。その一歩がなかなか踏み出せない私ですが。石橋を叩いて壊してしまう…(Ф_Ф;) でも本の世界は好きです。私たちをあっちへこっちへ連れて行ってくれますものね。
Commented by akicosmosA at 2011-08-29 08:10
lilyさん*の物事への視点や興味の持ち方は
きっと小さいころから育まれたものなのでしょうね。
バランスのとれた思考能力にいつも学ばせていただいています。
実はこの苔に関心はあってもここまでの興味はなくて・・・;;
まして顕微鏡をのぞくより空想世界をのぞいてばかり;;
人それぞれの興味の分野を知るのって楽しいですね。
lilyさんの興味そっちに感激でした。
見えない世界・・・心ばかり浮かびますがまだまだ
み過ごしてきた世界、見ようとしなかった世界たくさんあり過ぎて
さあどうしましょうへへ;;
最近の困る見えないは鏡がぼやけお化粧が厚い;;・・しつれいしました。
Commented at 2011-08-29 08:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinn-lily at 2011-08-29 21:59
emilia2005さん こんにちは

はるばる、イタリアから有難うございます。
emiliaさんのお名前をhoraiceさんのところでおみかけして
あら、こうしてお友達のお友達は・・・なんだか嬉しくなってしまいました。

>石橋を叩いて壊してしまう…(Ф_Ф;)
こんな表現をうかがうのは初めて、大笑いです。
壊してしまうくらいなら、渡ってしまえばいいのにって、他人事でそんなことを言いますが、わたしも気が小さいのです。

本は楽しいですね、そしてちょっとだけ、読むだけではなく実践する
人生の楽しみです(*^_^*)
Commented by shinn-lily at 2011-08-29 22:09
コスモスさん こんばんは

こすもすさんのブログの写真を見ていて思うのですが
ただうまく配置して写真を撮るというのではなく、そこに、こすもすさんの
想像力や夢が描かれていて、不思議だなと思うのです。
それでその写真に対して、慈しみにも似た思い入れを感じます。
きっと空想の世界がお好きというそのあたりに鍵があるのではと思いました。

コケが好きで好きでしょうがない人がこの本を作った
売れないと思ったら売れた
売れた理由はコケに興味を持つ人が意外に多かったせいもあるでしょうが、実はひとつのことにここまでのめりこめる、うらやましさがあるような気がするのです。
好きで好きでしょうがないもの、そんなものを見つけられた人の人生は幸せですね。この年齢なのにいまだにそんなものを見つけたくて、さまよっています。ですから、あっちこっちでつまみぐいをしています。
Commented by shinn-lily at 2011-08-29 22:13
鍵こめさま こんばんは

いまだにいろいろうまく設定できずに、ご迷惑をおかけしています(汗)
それいいですね、まずはまずは自分たちが楽しまなければ。
書き込みは不要です、もう少しお待ちください。
全てがうまく動くようになりましたら、スタートです。

それいいですね、まずはまずは自分たちが楽しまなければ。
ぜひぜひ、よろしくお願いします。
Commented by bh2005k at 2011-08-30 15:05
まぁ、、、苔ですか?
私は マッスでしか捉えたことなかったです。
青々とした(スミマセン グリーンなんですが)苔を観ていると 落ち着くんです、、、苔ある空間が 頭をスッキリさせてくれるような感じです。
友だち・・・というよりは 先生かなぁ~!

あ~、それにしても lilyさん 凄いです!!
見えなかった世界にまで 心を運んで ・・・ 生きているって楽しいですね。
私は 見えることだけでも アップアップしています。
Commented by hisako-baaba at 2011-08-30 16:50
私も興味しんしんです。欅の幹にコケが棲んでいます。欅には迷惑なのか、共生出来ているのか・・・なんて思います。
Commented by AT_fushigi at 2011-08-31 01:36
ごぶさたです。

我が庭では雑草VS銭ゴケVS杉苔のバトルが繰り広げられています。持ち主の杉苔応援も出張などで負け気味です。でも結構楽しんでいるかも。

木のテラスには話題となった粘菌が黄色い触手を毎日変化させながら動いています。

綺麗な庭木よりこういう植物に生命を感じます。

自分に近いかもしれません。

Commented by shinn-lily at 2011-08-31 07:56
チェイルさん おはようございます

そう、コケってどこかでお世話になっていた気持ちがあるのですよね。
ただ、綺麗ね、って見ていても、その見ている瞬間心の中で広がっている気持ちは、やっぱりいやされているのですね。
先生?なーるほど、そういう考え方もあるのですね。
突っ走っていても、一息の呼吸をくれる、
静にめだたないように生きていても、その実、なかなかの存在ですね、

はい、わたし、なんにでも興味深々で、アップアップどころか、
もう頭の中が迷走中です(笑)
Commented by shinn-lily at 2011-08-31 08:01
hisakoさん おはようございます

欅にも梅にもこけは生きていますね。
共生しているのですから、なんとか仲良くやっているのでしょう。

コケの中にも小さな虫が住んでいて、実はコケにはなんのメリットもないけれど、まあいいやと住まわせてあげるおおらかさがあると、
作者は言っているのですが・・・(笑)
わたしたちはコケがいっぱいの木々を、また趣きがあると見て(屋久島杉など)風情として味わっていますが、
両者の気持ちはどんなものなのでしょう、もしや対話でもしているのではなんて、馬鹿なことにまで、想像がとんでしまします。
Commented by shinn-lily at 2011-08-31 08:07
fushigiさん おはようございます

イタリア旅行記があれあれと言う間に終わってしまいましたね。
もっと楽しみにしていたのですが。
お嬢様とよい時間を過ごされましたね。うらやましいです。

お庭のバトル、おもしろいですね。
我が家でも
雨の後の庭はやけにコケが活き活きと立ち回り、
狭い庭の土部分が次第に緑になっていきます。
バトルとしてみている視点が可笑しい、
わたしも早速視点を変えてみてみましょう。
平和主義の私としては、みんなで共生して欲しいと思っているのですが
ある日、突然に母が滑るので危ないと、戦いを繰り広げます。
Commented by yumiyane at 2011-09-01 11:58
↑ のJunkoさんのミクロコスモス、観てないけど、面白そうな映画だと思ってました。苔と同じ目線の動物や昆虫のお話ですね。
最後の宇宙という字を見て、私の自論であるこの世界もミクロ、を語りたくなりましたよ。宇宙から見れば、人間の世界もミクロ、銀河だって第宇宙から見ればミクロの世界。そのミクロのまたまたミクロの人間がまたミクロの苔を楽しんでいるわけですね。だから、ミクロと片付けられない。
同じミクロでも黴はダメなんだね、顕微鏡で見ると綺麗なんだけど、害を与えるからだろうね。
Commented by igu-kun at 2011-09-01 22:20
苔で緑に染まった風景は撮ることがありますが
そのものをクローズアップして見ることはありませんでした。
やはり様々な種類があるようで、奥が深そうですね。
Commented by mayumi-roma at 2011-09-02 07:35
あはようございます!
先日はコメントありがとうございました。
lilyさんには様々なところでお会いするので私も遊びにきていましたよ。
お仕事をお持ちでお忙しいであろうに、よく読書をされていますよね。
しかもジャンルが多岐に渡っています!
コケの本、よくこんな本を探し出されましたね。
これを見つけたlilyさんにまず拍手です!
こちらの本、早速調べてみましたが、これを出版すると英断した出版社も見上げたものです。出版不況の中、無名の人が書いたものはリスクが大きすぎるためGOサインを出さないのが普通なのですが・・。
ミクロの世界もマクロの世界も大変興味深いです♪
Commented by shinn-lily at 2011-09-02 21:04
yumiyaneさん こんばんは

junkoさんおすすめの映画、機会をつくって、見てみたいと思います。
人間だけが地球の王者のような顔をしていますが、実は目にみえないものもみんな生きている、そんな歌もありますよね。

カビにも良いカビもあるけれど全体的には嫌われますよね。
苔もどちらかというとじめっとしたところに元気に育つから、なんとなくマイナスのイメージですが、その実、けっこう美しい緑であり、よく見ると可愛らしいです。ここのところ、塀のコケを見ながら歩いています。
Commented by shinn-lily at 2011-09-02 21:09
igu-kunさん こんばんは

igu-kunさんの写真は接写でupをするより、そのコケの背景の面白さがあるような気がします。
接写はそれなりに面白いし、美しく撮影できるかもしれませんが、
実はその環境、背景、つまり空気みたいなものが楽しいし貴重ですね。
そういう意味でもいつもその空気とカルチャーを楽しませていただいてます。
Commented by shinn-lily at 2011-09-02 21:17
mayumiさん こんばんは

おいでいただいてありがとうございます。
やっと、知っているようで、知らない、知らないようで、あちらこちらでお見受けするという、すれ違い人生から、抜け出せて嬉しいです。
よろしくお願いします。

この本を調べてくださったのですね。
そうなんです、この冒険出版がヒットしたことが、面白いです。
苔も面白いと思ったのですが、こんなマイナーな趣味がみんなに興味をもたれたこと、これはいったいどんな現象なのか知りたい、そんな覗き見主義で購入した本、けっこうはまりました。
本は大好きなのですが、最近ではmayumiさんと同じに、読みたい本がどんどんたまって、しまうにしまえず、見えるように重ねてあります。
目がしょぼしょぼして、なかなかすすまないのです(涙)
by shinn-lily | 2011-08-27 00:12 | | Trackback | Comments(30)

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30