タグ:旅 ( 244 ) タグの人気記事

2017年 ソウル ドラマのように⑧ 登場人物4番 チソンちゃん


韓国を訪れるたびに漢江をいつも横目で見ながら、金浦空国からソウルに入ることが多かった。

b0116765_16020565.jpg

オンニーは一度漢江の河畔に行ってみたいという私の希望をかなえるべく段取りをしてくれていた。

夕暮れ前にオンニーの下のお嬢様チソンちゃん(仮名)と漢江で待ち合わせ。

現れたのはまあなんと可愛らしい、いや美し女性でした。

アメリカの大学でまなび、韓国大手自動車会社に勤務されているときに日本のT自動車に引き抜かれ、高待遇を受けている様子。

カチッとしたジャケットにスリムな柄のパンツ、足元はよろけそうな高いヒール、、その上カンナムにご自分のマンションを所有している。

これぞ韓流ドラマに出てくるいわゆるスタイリッシュな女性そのものだ。

もちろん仕事はばりばり出来そうなことは、私たちを案内してくれる所作の素早さを見ればわかるが、その他の時はおっとりとしていて、おかあさんに対してもまことに優しい。

「オンマ、ケンチャナ?」(お母さん、大丈夫?)とたびたび、それもなんとも可愛らしく声をかける。

反省反省・・・私も母を大事にしているつもりだが、こんな風に優しくないし、時には「危ない!」と声を荒げてしまう。チソンちゃんをみならわなくてわね。

ソウルの街は漢江という大きな川があったために、昔から物流や人の流入があって栄えたと聞いている。

その漢江を間近に見たい、その流れの感覚を味わってみたいというわたしの願いがかなった。

b0116765_16010681.jpg

その後チソンちゃんはT社の日本車でカンナムをひとまわりしてくれた。

b0116765_16042066.jpg
何度もソウルに来ていても、初カンナムだ。

b0116765_16041335.jpg


その日は朝4時に起きて、羽田に向かい、金浦から新羅ホテル、明洞を歩いてたせいか頭が動かなくなって拙いハングルでさえ言葉に詰まってきた。

アメリカ滞在中に日本人教授から教わった流暢なチソンちゃんの日本語が私たちの会話をサポートしてくれたのは大いに助かった。

年金の話、ふだんの生活の話など、車の中での会話もふくらんだ。

韓国は家族の間の関係が密と聞いていたが、全州の実家から離れてソウルにひとりで住むチソンちゃんとオンニーも毎日電話をしておしゃべりをするという。

「毎日!忙しいのに大変じゃない?」とチソンちゃんに聞くと

「オンマーと話して元気が出る」と。

b0116765_16052473.jpg

うーん、なるほど、ドラマでは息子もよくお母さんに電話しているわよね。

ということは、韓国では母親は子供たちとよく話しているので、「おれおれ詐欺」ってないのかしらね?

聞いてみればよかった!



by shinn-lily | 2017-05-23 16:46 | ソウル | Trackback

2017年 ソウル ドラマのように ⑦明洞は私がご案内します


これまでソウルの滞在の宿はたいてい明洞近く
どうやらこのあたりの地の利はオンニーより私のほうが詳しそう。
「明洞はおまかせください。私がご案内します」
韓国人でもここに来るのは若い人ばかり、あとは観光客ばかりだから私たち年代の地元人はみかけない。

まず市庁舎前の広場から地下の商店街に入る。
ブランドコピーを売るお店が多く、のぞきながら歩く。
毎回来るたびにコピー製品の旬が変わる。
ある時はエルメスであったり、ある時はシャネルであったり、トリバーチのこともあった。
3年前はゴヤール全盛であったが、今回はマークジェコブスの生地のバッグが新入りで多くの店で取り扱っていた。
お土産用にストールを買うために毎回おなじみのお店に立ち寄る。
気に入った柄を色違いで母、妹、娘、それに自分用にに購入。
よくよく見ればゴヤール柄、あまりに本物と違うので気が付かなかったわ。
ゴヤールのバッグは見ることはあっても、ストールは見たことがないもの。

値段交渉の時はなかなか譲らなく厳しい店員の女性も、交渉が終わればがらりと変わる。
私のお金のしまい方が危険だと注意する。
お財布にお金を見えるようにいれてはいけないと・・・オンニーと二人で別のところにしまえと言う。
たいした額をもっているわけではないだけど、きっと甘いのね。
仰せの通り、見えないところにしまったわ。用心、用心!



さあ、明洞!
週末でもないのに相変わらず人が多い


b0116765_23544742.jpg
ところがいならぶ化粧品の店舗は閑散としている。
前回は中国人で店の中がごった返して、その上レジには長い列で順番待ちだった。
b0116765_23555183.jpg

サットの配備の件で中国が韓流ドラマの放映やKポップの公演を中止にしていると聞いている。
関係が冷え込んでいるせいだろうか、大量買いの中国人はみかけない。
日本人も少ない。
政治情勢が微妙に影響しているようだ。
せいぜいにぎわっているのは道の真ん中に陣取っている食べ物の屋台だけだ。



b0116765_23551379.jpg


それでも、この明洞の中心道路を通ると、ソウルにまた来たと実感する。
b0116765_23564733.jpg





明洞聖堂を横に見て、小路の曲がり角にある店でポガジャ(胡桃饅頭)をお土産に買うのも恒例のこと。


b0116765_23583009.jpg
箱詰めをしている間に熱々の焼きたてをひとつご馳走になる。
餡子と胡桃の味が甘く口の中に広がった。



by shinn-lily | 2017-05-21 00:58 | ソウル | Trackback

2017年 ソウル ドラマのように④ 登場人物3番ヤクチング(薬友達)

ソウルは雨模様、それでも雨なんかに負けてはいられません。

b0116765_10545841.jpg


オンニーと傘をさして地下鉄を乗り換え、地上にあがります。
「昔、大学に通っていた頃は毎日のように来ていたのだけど、ビルがたくさん建ってわからなくなってしまったわ」
とオンニー
銀行の前に立つ若い青年に道を尋ねます。
それでもわからないので、友達に電話をしています。
そしてその電話を青年にわたして、現在地やら道を友達から聞いてもらっています。
人と人の距離が近い!
韓国に来たときはいつもそう思いますが、この青年も気軽に電話に出てくれて、そして教えてくれました。
たどりついた場所はここ、老舗の薬局です。

b0116765_1055150.jpg


「アンニョンハセヨ~」
私たちがこれから「ヤクチング」という共通相性で呼ぶ、とびきり美しく、きりっとした白衣の女性がいらっしゃいました。
聞けば、幼稚園から大学までずーっと一緒だったチング(友達)とか。
薬の山をかきわけて、私たちは座り込みます。
お嬢様は日本の大学で「都市工学」の教授をなさっているそうです。
ですから日本人のわたしにも親しみを持ってくれたようです。
ひとしきりおしゃべりをして、といってもわたしは横で少しわかったような、いえほとんどわからないのですが。
帰り際にヤクチングが夕食に誘ってくださいました。
「じゃああとで」と外に出たのはよいのですが、
結局、私たちの都合ですっぽかしてしまいました。
心配する私をよそに、オンニーは
「大丈夫、大丈夫、ずーっと友達だったから」と。
そうかな~、日本の友達関係だったらしこりになりそう・・・
オンニー、ヤクチングにちゃんとお詫びを伝えてくれましたか?

その老舗薬局は明洞の近くなので、いつかまたお尋ねしたいなと思っています。

b0116765_1055874.jpg


オンニーのお友達だけあって、ものすごく素敵な方なのでぜひ、またお会いしたいのです。

薬局を出るとこんな路地を通り抜け、私たちは手をとりあい

b0116765_1055442.jpg


東大門から続く清渓川の散歩道に出ました。

b0116765_1055739.jpg

by shinn-lily | 2017-04-30 11:05 | ソウル | Trackback

2017年 ソウル ドラマのように② チェックインは23階で

「お荷物はお部屋にお届けしておきます」
チェックインは23階のエグゼクティブラウンジでどうぞ」

今回の宿泊は「新羅ホテル」
何度かソウルに行っていますが、交通の便が少し悪いこのホテルは未体験です。
オンニーが一緒なので、少し贅沢をしました。

23階に着くと、すでに連絡が届いていました。
「キングサイズのダブルベッドのお部屋をご用意しております」
「それはだめです、ツインをお願いしてあるはずですが」
韓国のドラマではよく友達同士で一緒のベッドに寝るのをみますが・・・

「パスポートをお願いします」
わたしはもちろん外国人ですが提出しますが、オンニーは
「わたしは韓国人ですから」
「韓国人と日本人がご一緒なのですね」と。
思わず
「はい、私たち姉妹です」「オンニーです」
と答えました。
国を超えたこのご縁は私たちの誇りなのです。
スタッフも笑顔でうなずいてくれました。


お部屋はそれほど広くありませんが、

b0116765_17315985.jpg


設備は充実しています。

b0116765_17315662.jpg


まずはお土産交換?
おねだりしていた10年もののコチジャン・・・前回お会いしたときいただいて、その味が忘れられません。
有機栽培のえごま油、留守番の母にも伝統的な美しいパッチワークのコースターや、テーブルセンター
えごまの葉のつけものはさすが地元の方が選んでくださっただけあって、「美味しい!」と母も大喜びでした。
しつこくなくて風味がありました。
テーブルの上がいっぱいです。
有難うございます♪

b0116765_17284579.jpg



私、お土産になにをさしあげたら良いかずいぶん迷いました。
納豆がお好きと聞いていたので、いつものお気に入りの納豆を10パック、
空気の触れないお醤油
資生堂マキアージュのチーク
フェィラーのプチタオルと手提げバッグ・・・ドイツのものですけど、オンニーに使っていただきたくて
それに旅行用にエコバッグ
オンニーは体のために甘いものは召し上がらないのでお菓子はなし、
これからお会いするであろう方々にだけ、ヨックモックのシガールを用意しました。

このホテルはロビーのお花が日ごとに変わります。

b0116765_17303275.jpg


スタッフが多く、少し戸惑っているとすぐに声をかけてくれます。

b0116765_17284340.jpg


心地良く、贅沢な空間は、まずスタッフの質の高さがポイントです。

b0116765_17303363.jpg


もちろん、美男、美女、
このホテルを選んだのは正解だと確信しました。
by shinn-lily | 2017-04-25 17:41 | ソウル | Trackback

韓国渡航情報を調べてみる


外務省海外安全ホームページ 韓国
現在,危険情報は出ておりませんが,北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は,引き続き予断を許さない状況にあります。最新スポット情報,安全対策基礎データ,在韓国日本国大使館/総領事館のホームページや報道等から常に最新の情報を入手し,安全対策に心がけてください。

【ポイント】4月11日追加情報
●朝鮮半島情勢に関する情報に注意するとともに,在留届又は「たびレジ」により,連絡先の登録をお願いします。

【本文】
1 現在,韓国については,直ちに邦人の皆様の安全に影響がある状況ではなく,危険情報は出ておりません。他方,北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返していることから,今回改めてお知らせを出させていただきました。朝鮮半島情勢に関する情報には,引き続き注意してください。

2 つきましては,韓国への滞在・渡航を予定している方,また,すでに滞在中の方は,最新の情報に注意してください。

3 また,従来からお願いしているとおり,韓国への滞在が3ヶ月未満の方は外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録,また,3ヶ月以上の方は「在留届」の提出により,連絡先を外務省に登録することを改めてお願いいたします。
 「たびレジ」の登録は,以下のサイトから行えます。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )
 在留届については,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )の利用をお勧めしますが,郵送又はファックスによる届出も可能ですので,最寄りの在外公館まで送付してください。


アメリカ大統領トランプ氏と北朝鮮、金正恩第一書記の思惑は多くのコメンテイターが語っていますが
はたしてどのような行動にでるかわかりません。憶測不能な二人です。
とはいえ、アメリカ・中国との二国間で武力回避への水面下の調整はすでに始まっているといいます。
戦争だけはなんとしても避けたいです。

斉藤美奈子の「それってどうなの主義」の中に2007年に書かれた文章
2006年の北朝鮮の暴走によって「日本もやはり軍事カードを」という声がじっさいにも上がりはじめた。7月5日、北朝鮮がテポドン2を含む七発のミサイルを発射したときには、当時の麻生外相、安部官房長官、額賀防衛庁長官の三人が「先制攻撃容認論」「敵基地攻撃容認論」ち散られかねない発言をし、10月9日、北朝鮮が「地下核実験に成功した」と発表した後には自民党の中川(正一)政調会長と麻生外相(またもや)が「核兵器保有議論の必要性」を説き始めた。北朝鮮に非があるのはいわずもがなだが、彼らを暴走させたものも外交の失敗という側面はないだろうか。

10年前の主役は金正恩の父親の金正日でしたが、日本の登場人物はくしくも現在とたいして変わっていません。
さすがに原発事故後の発言には核兵器の議論が出ない程度で思想も変わっていません。
何年も北朝鮮も日本も堂々巡りです。



こんな時期ですが
ソウルにちょっとだけ行ってきます。
東アジア情勢を肌で感じることができるでしょうか。

金浦空港で出迎えてくださる方がいます。
2年ぶりの再会の瞬間を想像してわくわくしています。
by shinn-lily | 2017-04-17 09:00 | ソウル | Trackback

ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑲旅を終えて思うこと

ミャンマーは今、アジアのラストフロンティアと注目されています。
日本・英国からの独立・軍事政権・民主化運動・アウンサンスーチー氏の解放とヤンゴンは1歩ずつ、いえ100歩ずつくらいの速さで未来に向かっています。

アウンサンマーケットです。

b0116765_22382897.jpg


お釈迦様が入り口で出迎えます。

b0116765_2238209.jpg


生活用品や土産物の量の多さは、今この都市の活気を見せてくれます。

b0116765_22383810.jpg


近くには、日本でいえば紀伊国屋ともいえるスーパーもありました。

b0116765_23551266.jpg



この賑わいは動乱の中で人々が作り上げたものです。
アジアの国々で感じる、人間の生きていく力の大きさを感じます。


ガラスの宮殿 インド人作家アミタブ・ゴーシュ は著書「ガラズの宮殿」(新潮社)の中で

b0116765_22371459.jpg


インドから流れ着いてた孤児の生涯を通して、最後の王朝から独立運動までのミャンマーの姿を語っています。
支配される国の不運はひとりひとりの人生を翻弄していきます。
ミャンマーの土の上を少しでも歩いたので、そこに暮らす人々を愛おしく思います。
今、明るく元気にくらしている人々の陰にどれだけの犠牲があったかを考えずにいられません。

アウンサンスーチー氏の父上、アウンサン将軍は暗殺されました。
英国風のモダンな建物のオーナーが一室を執務室として提供していました。

b0116765_22423936.jpg


精悍な風貌は

b0116765_22391778.jpg


その家族が遺志をついだのでしょうか。

b0116765_22393725.jpg


現在はこの建物はレストランとなっています。


今、軍事政権から民主化への道をたどっているミャンマーに対して、先をあらそうように多くの国が経済進出をしています。
それに対して、日本は他の国に遅れをとっているそうです。
おりしも、私のミャンマー滞在時にアンサンスーチー氏は日本を訪問し、阿部首相と会っています。

b0116765_22425778.jpg


ガイドのチョーさんは私たちに支援のお礼を告げました。
そういわれても、なんとお答えしてよいか・・・。

今回の旅は観光地とはいえ都市から離れた場所までおとずれましたから、まだまだインフラが行き届かず、手作業の道路工事や

b0116765_22384738.jpg


観光客に群がってものをせびる子供たちも多く見てきました。

安部総理の支援のもくろみはもちろんみかえり、つまり中国包囲網を想定して友好国をつくること・また今後の日本企業の進出などがあるのだとは思います。
それでもそんな子供達がきちんと教育を受けられるように、あるいは被差別民族のロヒンニャの人々が定住地を持つことができるように、あるいはさまよう生活ごみの廃棄のシステムが構築され、貴重な文化財が保護されるような支援であればと願うのです。

たくさんの感動と希望を秘めた旅から4か月が過ぎました。

b0116765_23514992.jpg


ミャンマーですれ違った多くの穏やかでいながら強いまなざしを持った人々を思いだしながら、そして一緒に気持ち良く旅ができたツアーの仲間を思いだしながら、感謝とともに、この旅日記を締めくくりたいと思います。


また、私と一緒にミャンマーとそしてそこに住む人々に寄り添いながらこの拙いブログを読んで下さった方に、あわせて御礼を申し上げます。
by shinn-lily | 2017-03-03 00:00 | ミャンマー | Trackback

ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑰旅の最後はふたたびヤンゴンへ

ヤンゴンから始まったミャンマーのサバイバルな旅もゴールデンロック、バガン遺跡、カックー遺跡、インレー湖をめぐり、ふたたび国内線でヤンゴンに戻ってきました。

b0116765_21554353.jpg


いよいよ最終日です。

b0116765_21554952.jpg


ヤンゴンは1989年まではラングーンと呼ばれていました。
2006年にネピドーに移るまで、ヤンゴンは首都であり政治経済の中心でした。

街の中心にある市民の公園を
市庁舎と

b0116765_21565042.jpg


裁判所と

b0116765_22255078.jpg


スーレーパゴダが囲みます

b0116765_21585596.jpg


街はイギリス統治時代の趣が建物に残っています。

b0116765_21563961.jpg


頑張れ、東芝

b0116765_21564720.jpg


英国が作ったというヤンゴン駅も見えます。
b0116765_21563647.jpg


開放後急速に発展し、街中は常に渋滞をしています。
その中には日本の中古車が多くみられ、神奈中バスをはじめ日本のバス会社の企業名を背負ったまま活躍しています。
b0116765_21555254.jpg


ヤンゴン観光の定番コース、アウンサンスーチ氏の邸宅は写真撮影スポットです。

b0116765_22494352.jpg


ここまで来て中の見学はできないのですから、一応記念撮影をと思い門の前に立ちました。
ところがすぐ車が来て、私のどくのを待っています。
あわてて横に行くと、門が開きました。
なんとラッキーなことに、邸内を見ることができたのです。
軍事政権で自宅軟禁をされていた頃、ニュースで見た建物でした。
これで建物だけではなく全体の雰囲気を納得しました。

b0116765_2254917.jpg


ガイドのチョーさんはもう長い間ガイドをなさっているにも関わらず中を見たのは初めてと!
邸内のスタッフが中を覗き込んでいる私たちに申し訳なさそうにわざとゆっくりと、門を閉めました。
ミャンマーの人々の穏やかさをここでも感じました。
by shinn-lily | 2017-02-25 23:23 | ミャンマー | Trackback

ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑯ インレー湖に暮らす人々

いつか見たことがある光景だった。
テレビの番組で見た記憶がよみがえってきた。


魚を採る人 片足でボートの櫓をあやつる

b0116765_23135056.jpg


荷物を運ぶ人

b0116765_23144992.jpg


どこかへ行く親子

b0116765_2326722.jpg


湖の上の藻で作った畑で作物をつくる人

b0116765_23323045.jpg


b0116765_2329323.jpg


市場で物を売る人々

b0116765_23192129.jpg


b0116765_23445783.jpg


市場の片隅の子供達

b0116765_23454935.jpg


市場で食べる人々
b0116765_23201443.jpg


首に輪をつけた少数民族

b0116765_2318561.jpg


b0116765_23464884.jpg


織物の工場

b0116765_23264364.jpg


湖上のイタリアンレストラン

b0116765_23212683.jpg


b0116765_23215868.jpg


庭のパパイヤを採る若者

b0116765_23223145.jpg


増えすぎた藻を採って、湖を清掃する人々

b0116765_23425555.jpg



物思いにふける猫

b0116765_23225646.jpg


パゴダも何事もないようにそこに存在している

b0116765_23243550.jpg


湖の上に建つ家々、水浴びをして体を洗っている人もいた

b0116765_23235065.jpg


b0116765_23273194.jpg


b0116765_23285222.jpg


b0116765_23310100.jpg


b0116765_2335996.jpg


湖で暮らす人々がいることをテレビで知った時、大変な暮らしだと思った。
でもそれは思い違いだった。

人々はあたりまえのように生活をしている。
私たちの整ったインフラと常に何かを求め、常に何かの不安にさらされている暮らしと比べる必要はない。
ここにはここの私たちには計り知れない平和な暮らしがあるに違いない。
by shinn-lily | 2017-02-19 00:00 | ミャンマー | Trackback

ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑮インレー湖 トレジャーリゾートホテル sanpo


すーっと行ってみたかったバガン遺跡とカックー遺跡を観終わって、メインイヴェントが終わったような虚脱感、
その上、連日の早起きと暑さの上に道路の悪さからくる揺れで思考能力が失せます。
こんな時はツアーの有難さ、ただただ車にゆられ、ついて行くだけです。
ところが
えっこんな、船に乗る?3人乗り?しかもスーツケースも
b0116765_23105272.jpg


土色の流れから
b0116765_23105555.jpg


やがて広い視野がひろがります。
b0116765_23105921.jpg


だんだん陽が陰ってきて、なんだか心細くなります。
b0116765_23105774.jpg


30分ほど、風を切る舟に乗って、やっと見えてきました。ここでしょうか?
b0116765_23111029.jpg


ここが、今宵のお宿、ミャンマートレジャーリゾートでしょうか?
b0116765_2311544.jpg


すでにたくさんの船が着いているようです。

b0116765_23111875.jpg


おしぼりとお菓子を手にエントランスでスタッフが出迎えてくれます。
後ろを振り向けば、息を飲む光景が広がっていました。
b0116765_23112271.jpg


ひとりで泊まるには広すぎるコテージは天蓋つきのベッド
b0116765_23113357.jpg


しばらく、心が静まりませんでした。
豪華な部屋のせいでもなく、
窓の外の消えようとする光景のせいです。
b0116765_23112619.jpg


一刻、一刻色を失ってゆきます。
b0116765_23112821.jpg


消えゆく美しさを必死心で心の中にしまいました。
b0116765_23113097.jpg


今でもこの光景を思い出すと、胸が騒ぎます。
by shinn-lily | 2017-02-07 23:39 | ミャンマー | Trackback

早春の熱海から三島へ、 そして富士山

やわらかな朝日を浴びて、初島が海の中にふわりと浮かびます。
b0116765_21314432.jpg

熱海の温泉街も新しい朝を迎えました。
b0116765_2132074.jpg

早咲きの熱海桜はそろそろおわりでしょうか。
b0116765_21321058.jpg

一足遅かったようです。
b0116765_2132195.jpg
熱函道路を抜けて
駿豆線の踏切を渡ると、
b0116765_21322865.jpg

やがて三嶋大社の鳥居が見えてきます。
b0116765_21323930.jpg

三島のメインストリートは電柱がありません。
b0116765_21325055.jpg

一号線を箱根を目指すと、街道の松が出迎えてくれます。
b0116765_2133135.jpg

中腹から沼津の街、そのむこうに駿河湾を望みます。
b0116765_21332993.jpg

なだらかな農地は丁寧に
b0116765_21333896.jpg

茶畑
b0116765_21335180.jpg

昼時は人をみかけません。
b0116765_21335810.jpg

ここからの富士山は手前の風景と重なり、御殿場から見る富士山とまた違う味わいがあります。
b0116765_2133986.jpg

今年は雪がすくないですね
b0116765_21331768.jpg

そういえば、雲の上からの富士山も違う表情を見せてくれました。
b0116765_22152850.jpg

私たち日本人は富士山を目の当たりにすると、なにか得した気分になるのは、不思議なことです。
by shinn-lily | 2017-02-02 22:23 | 日本をめぐる | Trackback