タグ:想い ( 225 ) タグの人気記事

2017年 ソウル ドラマのように③登場人物2番 文在寅候補 & 安哲秀候補

今、ソウルの街の話題は北朝鮮問題ではなく大統領選挙です。

b0116765_15462167.jpg



オンニーとタクシーの運転手は20分あまりの乗車時間にずーっと大統領は誰が良いか激論
運転手のアジョシはまさしく韓国独得の口角泡をとばすという表現がぴったり
横から見ると、本当につばが飛んでいました^^

b0116765_15385594.jpg


選挙戦は、日本でも報道しているように、
進歩(革新)系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補と中道系「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補の2強に絞られてきたようです。
韓国人が政治の話題好きとは聞いていました。
目下のところ、どちらに投票するかが大問題のようです。
国民がそれってあれだけのデモをしたわけですから、当然です。

韓国は直接国民投票により大統領を選ぶので、意識も日本より高いことはうなずけます。
そして、今、国民の共通の想いは失脚した前大統領朴槿恵(パク・クネ)氏に深い失望です。
主のいない大統領官邸 青瓦台は今もしっかりガードされています。

b0116765_15461755.jpg


ところでこんな選挙カーを街で何度かみかけました。
この車は保守系「正しい政党」の劉承ミン(ユ・スンミン)候補の選挙カーですね。
人の気配のないディスプレーだけの各候補の車が国を中廻るようです。
静かではあるのですがこれではテレビと同じでは?
はたして選挙カーの効果はあるのでしょうか?

b0116765_15394773.jpg


二強と言われる2人のうち、どちらが選ばれるとしても、反日色の強い候補です。
それでも5月9日には複雑な様相を呈してきた朝鮮半島の未来のために、真実を曲げず、公平で真摯な政治を行う大統領が選ばれることを祈っています。
by shinn-lily | 2017-04-27 16:02 | ソウル | Trackback

桜揺れる


毎週、前を通り過ぎる寺に、私をひき止めたのはこの枝垂れ桜

b0116765_22152992.jpg


枝垂れ桜は今が盛りと咲き誇っていましたが
風に吹かれて揺れる姿は優しく、楚々としていました。

b0116765_22153839.jpg


この先の病院に入院している友人に見せてあげたい・・・

b0116765_22161126.jpg


もう半年
ほとんどの時間をベッドで過ごしているのに
どんなに大変な時も
いつも誰にでも同じ態度です。
わがままを言っていいのに・・・

「どうか、少しでもよくなりますように」

b0116765_22151695.jpg


思わず本堂の前で手をあわせました。
by shinn-lily | 2017-04-10 23:24 | 大切な場所 | Trackback

大国魂神社初詣と開運赤デビュー

昨年は友人と約束していた府中の大国魂神社初詣が共通の同級生の天国への旅立ちで機会をのがしてしまいました。
そのせいではないと思うのですが、そのあとその友人は病にかかり、長い事入院することになりました。
ですから、今年は何があってもお参りをしたくてはと、昨年から約束していました。

寒さのピークと言われたその日、万全の寒さ対策をしてお参りを決行しました。
b0116765_22184637.jpg

お正月が過ぎたとはいえ、提灯が出迎えてくれると、やっと来ることが出来たことが嬉しくなりました。
b0116765_22185169.jpg

青い空はまるで私たちのお参りをまっていてくれたようで、
b0116765_2219680.jpg

気持ちもすがすがしく、今年はこうしてお参りに来られたことを感謝しました。
b0116765_22191534.jpg




さて、お参りの後はランチ、
そしてかかせないのは、またまたショッピング
一昨年、帰りかけでお買いものにはまり、帰りが遅くなった経験があるので
おしゃべりもそこそこに、伊勢丹の中を見てまわりました。

私はこのお正月休みにタンスの整理をした際、
これまでは、普段用、勤務用、よそ行き用と分けていたセーターを色別に分けてみました。、
一番多い色はなんと「赤」でした。ちなみに二番目は白でした。

b0116765_22193669.jpg


ショッピングをしながらその話しをすると、友人はびっくりしていました。
そういえばいつも黒かグレーか白がその他もシックな色の洋服しか見たことがありません。

私が売り場でやはり目についたのはオレンジがかった赤のカーディガン
手にとってふと友人に合わせると、とても似合うではないですか。
早速試着、ああ素敵だわ、顔も明るく見えるし。
とうとう初めての赤のお買い上げとなりました。
私は同じ形のブルー、いままであまり着たことがない色です。

b0116765_22195261.jpg


これまでも一緒にお買いものをするたびに買っているので、お揃いがいくつもあります。
それでも、友人はスタイルが良いので、同じものでも着た印象はまるで違うのです。

帰りの車が混むのではと心配してくれるので、そろそろ切り上げて帰りましょう・・・と思ったものの
ふたりともまたまたアクセサリー売り場でひっかかってしまいました。
友人は赤と黒のアクセントになりそうなネックレス
私は草色と茶と黒の大振りなネックレスを購入

ああ、もうきりがないわ、わたしたち!

帰宅後ラインでいいお買いものが出来たと・・・ええ、本当にいい赤でしたもの。
もうこの年齢だから、どんなものでもこだわりなく楽しくきましょうよ、ね♪
友人の赤デビュー、今年はなんだかいいことがありそうです。
by shinn-lily | 2017-01-26 22:32 | お洒落 | Trackback

ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑭遺跡でみつけた「ミャンマーの希望」

カックー遺跡の見学が続きます。
あるパゴダの前で、
「ここで祈れば良い相手がみつかるパゴダです」
と現地ガイドチョーさんが説明しました。
私はパオ族のガイド君に、
「あなたもお願いしなければ」
と声をかけました。
ところが彼は
「必要ない、もう彼女がいるから」
と答えるではないですか?

b0116765_15421584.jpg


見学が終わり食事をした休憩所にもどると

b0116765_15451769.jpg



彼が私に、
「彼女がここにいます。ほらあそこ」
と声をかけてきました。
みれば利発そうな美しい女性です。
他のグループのガイドをして、かいがいしくお茶を入れていました。

「わー、可愛い!美人ね、彼女も大学生?」
「もう卒業しました。年上なのです」
そして彼女を呼んでくれました。
みんな一緒に記念撮影
そして、ツーショットも

b0116765_15425157.jpg



撮影の最後には彼が自分の携帯を出して、
「二人で撮ってください」と
彼はその写真を嬉しそうに見ていました。
彼女のことが愛おしくてしかたがないようです。
同じ少数民族同士なので、将来にもつながるのでしょう。
なんとういういしい素敵なカップルでしょう。

彼は大学で法律を学んでいて法律家になると言いました。
ミャンマーではまだビジネスの契約などの意識も低く、これからの発展に大切な職業であるに違いありません。
「ミャンマーの将来は貴方たちにかかっているはね」
と言うと
これまでの恥ずかしそうな雰囲気から一変して
「イエス」
と力強く答えてくれました。

b0116765_15421887.jpg



カックー遺跡の天使の音楽と彼ら二人の姿は、この旅の中でも特に印象深く
私の心の中に残りました。
by shinn-lily | 2017-01-22 15:55 | ミャンマー | Trackback(1)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

b0116765_220385.jpg



いつも変わらぬ友情・信頼で支えてくれる人々がいます。
感謝の気持ちでいっぱいです。
今年も元気で希望と夢を持ち続けていきたいと思います。

b0116765_21242593.jpg


皆様にとってお幸せな年になりますように、心からお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いたします。
by shinn-lily | 2017-01-01 00:00 | ご挨拶 | Trackback

ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑫バガンの夜 忘れられない人

児バガンの夜は、どのツアーを見ても操り人形を見ながら食事をするように計画されています。
b0116765_10541697.jpg



そんなつもりの夜、
あやつり人形の後に
b0116765_10531566.jpg



登場したダンサーたち
b0116765_10574375.jpg


その中でどうみてもリーダー格の女性、いえ思わず親しくおばちゃんと呼ばせてもらいた女性

忘れられないのです、この方の顔

b0116765_10573838.jpg



心を尽くして踊ってくれるこの姿を見ていると何故か心を打たれます。
それだけではなく、こちらまで笑顔になってしまいます。
カメラを向けた瞬間、固定ポーズでとまってくれます。
その瞬間が片足の時もありますから、その時は必至にぐらぐらしながらも笑顔で止まってくれます。
女らしいとか色っぽい踊りではありません。
どちらかというと、吉本系かなと思うほど。
楽しませてあげようという心を体いっぱいに表現しています。
だから大笑いをしながら見ていても、心の芯がうずくのです。
b0116765_10523690.jpg



ミャンマの食事はたいていご飯におかずを混ぜて食べるというスタイルです。
b0116765_10591293.jpg


特に野菜類はピーナツあえだったり、天ぷら、炒めものなどで、なかなか美味しくいただけます。
b0116765_10574071.jpg


照明の中のやもりもご愛嬌です。
b0116765_10533867.jpg


熱演してくれたおばちゃんにツアーのみんなで5ドルのチップを差し上げました。
生きていくために、誠心誠意踊るおばちゃんの笑顔が忘れられません。
今日もお客様のあの笑顔を振りまいているのでしょうか。

b0116765_10523210.jpg

一生懸命の人が大好きです。
by shinn-lily | 2016-12-25 12:12 | | Trackback

ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑧子供を見守る

バガンの観光ポイントであるティーローミンロー寺院は、ミャンマーで見た寺院の中で一番好きな寺院でした。
b0116765_12101414.jpg


寺院の前の参道には土産物が並びます。
b0116765_1294874.jpg


さらに、寺院を囲んで店がならびます。
b0116765_1210178.jpg


ちいさな子供がその中を自由に歩きまわっています。
b0116765_1295418.jpg


やがて、誰かに呼ばれてよちよちと歩いていきました。
b0116765_129568.jpg


寺院を囲んでここで生業を営むその雰囲気がなんとものんびりしていて、印象に残ったのです。


これは、インドで見た数々の神々とそっくりです。
b0116765_1210778.jpg



仏教がもともとはヒンズー教と繋がっていたことがわかります。
b0116765_1210262.jpg


人々がご飯をお供えし、花をお供えして守っているお釈迦様です。
b0116765_129919.jpg



ちいさな子供が自由に動き回ってもお釈迦様もしっかりと見守ってくれているのでしょう。
b0116765_12101360.jpg


今は小学校だけが義務教育となっていますが、やがて教育制度も変わると聞いています。
まだまだものを売る子供達が多いこの国にで、教育の充実と少数民族の保護、さらに国籍を持てずに今も舟で大海をさまよっているロヒンニャの問題もかかえています。

この小さい子が、やがてきちんとこんな学校に通えるようにするためには、
b0116765_1294482.jpg



お釈迦様が見守るだけではたりません。
b0116765_12101129.jpg


この後、ミャンマーかかかえる問題は教育以外にもいろいろ感じることになります。
by shinn-lily | 2016-11-24 12:16 | ミャンマー | Trackback

私たちの目標であった今日という日

8歳からの親友がこの冬に病を患いICUに入ったまま手術、2か月の入院、そして再入院
その中、私たちは約束しました。
「ちゃんと歩けるようになって、我が家まできて、そしてお寿司で快気祝いをしましょうと」
「立ち上がることが出来ました」
「ひとりでトイレに行けるようになりました」
「歩けるようになりました」
ご主人や本人からその間ずーっと報告をもらっていました。
「もうお寿司でもなんでもいくらでもご馳走するから、よくなってね、私のために」
切実な想いが今日かないました。
おりたたみのステッキを持ったものの、元気な足取りで改札口から出てきた姿を見て、思わず駆け寄って手をとりあいました。

待ちにまった瞬間でした。この日を目標にしていたのです。

b0116765_22163551.jpg



母とは約40年ぶり
90歳のお祝いに素敵なバドアミのブローチをいただきました。ネックレスにもなります。
ちゃんと誕生日を覚えていてくれたのですね。

b0116765_22174847.jpg


その他手作りの木の実のドレッシング、父の仏壇には華やかな元気色のお花、お父さまのお好きだったという叶 匠壽庵のあも、写真にはありませんが、お友達に頼んでくださった特注のTシャツをなど、心のこもったプレゼントをいただき

b0116765_22464238.jpg


歩くのも心配だったのに、なんとまあ、感激です。



母から頼まれて、こちらで用意しておいた

b0116765_22175852.jpg



手作りのハムとコンビーフをとても喜んでくれました。
そうそう、朝採れの庭のミニトマトを少しはかりも持っていっていただきました。

b0116765_22164142.jpg



さあ、お寿司ですよ!
百合ヶ丘駅の近くの目立たない寿司屋「楠本」さんは、神奈川での二本の指に入ると聞いています。
この日も満席でした。
日本酒好きな友人に幻の「大信州」を味わってもらうのも楽しみでした。

ここまできたらリリエンベルグにも寄ってもらいましょう。
しばし並んで、ケーキや焼き菓子をやっと買いました。
いつでも混んでいるお店です。

b0116765_22185287.jpg


喫茶部門は10組待ち
あきらめて、駅のそばのショッピングセンターに行ってお茶をのみましょう。

でもその前にちょっと・・・ちょっとが・・・これや、あれやを試着
西武・そごう・イトーヨーカドーコラボ期間限定高田賢三デザインのカーディガンを柄お揃いで購入。

b0116765_22324524.jpg


友人のショート丈のサイズがなくてお取り寄せしていただくことに。
私たち、会えば必ず最後はお買いものになってしまいます。
15分でお茶を飲んで、駅へ
駅は帰宅の学生でいっぱいでした。
帰りのロマンスカーのチケットを買っておいてよかった!

本当に本当に嬉しい日となりました。
さて、今度の目標は温泉一泊旅行?
まだ、自宅以外のお風呂は先生から許可が出ていないとのこと。
ここまで良くなったのだからゆっくりね、必ず第二の目標も達成しなくてはね。

Kちゃん、元気になってくれて本当に、本当にありがとう♪
by shinn-lily | 2016-10-20 23:23 | 大切な時 | Trackback

大好評に気分上々


職場の年度初めである。
全社で今年の方針の発表の後は食堂で懇親会。

b0116765_045536.jpg


おつまみはケイタリングでオードブルを頼むこともありますが、
本日は年度のけじめなので、京樽の寿し折を一人ずつ用意をしました。
家族に持ち帰る人も多いので、簡単なおつまみも用意します。
昨年はクラッカーにトッピングをしたものをつくりました。
今年は、ふふ、頭をつかったのです。
紙のカップにレトルトのハンバーグとショートパスタ、トマトにチーズをトッピングして用意をしておきました。
始まる寸前に電子レンジで温めました。
時間をかけずに用意します。

これがなんとも大好評!

b0116765_046231.jpg



肉じゃがには家から紫蘇の実をたくさん摘んできて、少し風味をくわえました。

b0116765_0462772.jpg



あとは、早起きして作ったマカロニサラダやら、ポットチップ
「shinnーlilyさん、サラダ美味しかったです。たくさんおかわりしました」
とおもいもかけない人が声をかえてくれました。
こうなると心の中で鼻高々、さて次回はなにをつくろうかしらと1年先のことを考えてしまいます。

大方食べ終わったところで、手伝ってくれた同僚がおもしろおかしく種明かし

b0116765_0461327.jpg


ハンバーグと肉じゃがは、防災の備蓄食料です。
そろそろ3年の賞味期限がきれるので、利用してみました。

さあ、今期もみんなで心をあわせて頑張りましょう。
最期は恒例の一本締め、


片付けは全員で、
そして最後まで残ってくれた女性で、残ったお寿司をひとつまみ
お疲れ様でした~!
by shinn-lily | 2016-10-09 01:24 | 大切な時 | Trackback

人生の新しい章が始まる

人生を一冊の本としてくくったら、今何章あたりだろうかと時折考える。
いつだって夢中で過ごしてきて、一生懸命ではないことが怖いようで、
まあまあ、それなりにまじめに生きてきた。
「人に迷惑をかけずに」と書き足したいところだが、そういうわけにはいかない。
無知ゆえに人を傷つけたり、どうにも運命の歯車がうまく回らない時期にはたくさんの人に助けてもらった。

「出る杭は打たれる。打たれても出るのが杭の実力」

好きな言葉だ。
とはいえ、はたしてこれまで仕事場で役立ってきたかどうか自信がない。
逆に、仕事をさせてもらうことで自分自身支えてもらってきた。

b0116765_1543981.jpg




ひとつだけ自慢できる仕事の成果がある。

職場が人柄の良い女性ばかりとなったタイミングで、女性に女性同士の誹謗中傷をご法度にしたことである。そして新人採用時には
「いま、女性同士とても良い環境です。あなたがそういう人とは到底おもえないのですが、もし悪口を言っていることを私が耳にしたら、やめてもらいます。逆に今入社されても女性同士の問題は皆無ですから、心配しないでくださいね」と、必ず付け加えることにした。
台所で、コピー機の横でこちょこちょ・・・かつてはそんな噂話を生活の楽しみにしているような人もいた。
つまらないことで会社がいやになり、やめていく女性もいた。
やめていくのは言われた方でなく言った方だ。結局自分の居場所がなくなる。
今はすがすがしい。もはや「誹謗中傷ご法度」などと言う言葉すら忘れてしまっている。

10月から勤務を午前中にしてもらった。仕事・仕事の生活から少しだけ卒業である。
母が高齢なこともあるけれど、これまで我慢してきたことをそろそろゆっくりとやっても良い年齢になった。
半日勤務の初日、高校時代の友人たちと渋谷で平日ランチ
ランチはお安いのですね。これで1080円!

b0116765_1543466.jpg


今迄も、これからの私にとって大切な友である。
別れ際に、「いつでも声をかけて!これからはランチOKよ!」と手を振ったら
「どうかな?shinn-lilyちゃんのことだから、また仕事で忙しいとか言うのでしょう~」と。

さすが昔からの友人からはすっかり読まれている。
この友人だけではなく、家族からもそう言われる。
私、本当に半日勤務ですってば!

今、手にした自分時間にわくわくしている。
by shinn-lily | 2016-10-06 15:03 | 大切な時 | Trackback