タグ:庭 ( 32 ) タグの人気記事

笑顔でフィィト!


チンパンジーの研究家で、京都大学日本霊長類研究所、松沢哲郎教授の著書「想像する力」の中で人間とチンパンジーだけが、赤ちゃんの頃からよく笑うとある。

b0116765_237757.jpg



特に人間の赤ちゃんは未熟で自立できない状況で生まれてくるので、笑顔でまわりを魅了し、まわりの人々から支援を引き出すという説が語られていた。
そう言われてみると赤ちゃんの笑顔に魅了されいくつもの手がさしのべられる。

赤ちゃんの笑顔だけではなく、人の笑顔、話し相手の笑顔はなんとも心地良いものだ。
笑顔になれるのは心掛けしだい、おまけにお金もかからない、
こんないいものはない。

時には、きついことを言いながら、口角をピツとあげて笑顔をつくるという小池都知事のようなやり方もある。
仕事場で主張すべきことは主張しなければならなくても、顔まで怒っていては主張の効能は半減してしまう。
「私は冷静にものを言っているのよ」と言葉の最後に笑顔をプラス
つくり笑といえ、気持ちに度量がなければ、なかなかむずかしい。

こうして笑顔礼賛とはいいつつ、実は最近稀勢の里関の笑顔のない顔にぞっこんだ。
勝っても「どうだ!」とでも言いたげな顔をするだけ
優勝を勝ち取るまで、勝負が続くのだから、緊張感と闘志が笑顔を抑えるこの世界、
1点取ってチーム全体で喜ぶサッカーや野球とは、同じスポーツといってもずいぶん違う。
例え勝っても喜びを抑えて敗者に慮る伝統、
たよるものは自分だけ、孤独な戦いに笑顔はご法度、
それなのに、やはり心の笑顔は、私たちにしっかりと届いてしまう。
にわか稀勢の里ファンになった。

今日は小学校の終業式だったか、
早めに学校から帰った子供たちが満面の笑顔で満開のこぶしが咲く公園の中を走りまわっていた。
いろいろなことがあっても、今年もそれぞれの人にまた春がやってきた。
ミモザが終わり、

b0116765_2371576.jpg



ぼけの花が満開になり

b0116765_2371953.jpg


スィトピーがぐんぐんのびて、もうすぐその笑顔を見せてくれそうだ。

b0116765_237227.jpg

by shinn-lily | 2017-03-22 23:11 | 大切な時 | Trackback

褒められながら生きてゆく花の不思議


中学の生物の時間にかえるの解剖に恐れをなしたことは覚えています。
けれども、それ以外生物の時間になにを学んだか、思い返してもなにもかえってきません。
ところが、じぶんから興味を持ち始めると、いろいろと調べてみたくなります。

事の始めはこのアネモネ
b0116765_15245246.jpg


大好きな赤なので、庭の片隅に植えてみましたが、よくよく見るとなんと美しいのでしょう。
俄然めしべとおしべに興味がわいてきました。
おしべまで赤いのです。
この赤い部分はなんと呼ぶのでしょう。
で見よう見まねで、花の構造を復習してみました。
b0116765_14242925.jpg

この部分は花糸(かし)というのですね。

そんな目で花をひとつひとつ見れば、それもそれぞれ違う形です。
梅ははなびらに比べておしべ、めしべがとても長くその美くしさがきわfだっています。
b0116765_15202551.jpg

がくの部分も白梅の彩となっています。
b0116765_13403481.jpg

b0116765_15235754.jpg


それにくらべてぼけはめしべおしべが短いです。
b0116765_15262280.jpg


シャコバサボテンのめしべは際だっていますね。
b0116765_1342247.jpg


クリスマスローズはいろいろな表情をみせていて種類も多いのが楽しいです。
店先で、ついついはなびらの中を覗いていみます。
b0116765_13413285.jpg


ミモザはめしべおしべが花のほとんどをしめているのでしょうか。
b0116765_1343185.jpg


最近はやりのイベリスの中心部分はなんとも複雑です。
ちいさな花がたくさん集まって一輪の花のように見えています。
b0116765_13434934.jpg


そういう意味ではこの花も同じ構造でしょうか?
b0116765_13425440.jpg



寒いのに軒下で頑張って咲いているゼラニウムのおしべめしべはなんともおくゆくしいです。
b0116765_13423681.jpg



シクラメンは下からのぞかなければ見えません。
b0116765_1342715.jpg


平凡に見えるマーガレットも中心部分はよくよく見ると一筋縄ではないようです。
b0116765_13421833.jpg


花かんざしは白の中に黄色がアクセントになっています。
b0116765_13395464.jpg


ヒマラヤユキノシタは黒の花糸は印象的です。
b0116765_13395889.jpg


可愛い
綺麗
美しい

賛辞を浴びて生きてゆく花ですが、本人たちは知ってか知らないか、それぞれの生き方をしています。
種を繁栄させるために、それぞれの役割のため、すこしづつ形をかえて生き抜いてきたのでしょう。

花を観察して、その不思議に触れることは、
ひとりよがりのこんな絵を描く時に背中を押してくれます。
b0116765_1353636.jpg

by shinn-lily | 2017-02-12 15:53 | 興味 | Trackback

小さき者たち


あ、もう花が咲いたのね。

b0116765_14272636.jpg


ひとつひとつの花がどんなふうに咲き誇っているか
こんなに小さいのに、誇り高きその姿に感動する。
照りのある鮮やか緑の葉に目をやるばかりで
毎年、なんとなく見ていた小さな花がこんなに美しい様相だったとは!
生まれて初めてバジルの葉との出会いだ。


皐月と皐月の間から顔を出している花の不思議さは
花の付け根まで同じパープル
花の一部のように太く星形の花を支える

b0116765_14415019.jpg


蕾はコロンと
花はパッチリ
小さく小さくその姿を誇る、やぶ蘭の魅力も初め気が付いた。

まもなく緑の小さい実をつけ、やがて紫のつやつや実に変わる
紫式部の花は、毎年うっとりと見入る

b0116765_14421155.jpg


咲き誇るサルスベリの花や
短い命をもえつくすように鳴く蝉たち
ささやかに咲く小さきものも
それぞれの夏が、今日もまた過ぎてゆく。
by shinn-lily | 2016-08-14 14:45 | | Trackback

季節のしごとにはげむ


暮れに瀬戸内海の上質なちりめんじゃこを頂いていたので、この時季を待っていました。
山椒の実のへたを取って、
b0116765_1813072.jpg

佃煮にしてからちりめん山椒を初めてつくりました。
ちりめんを煮るのに、酒とみりんと醤油だけで、水はいれないのですね。
煮あがった後に半日乾かしました。
b0116765_18142449.jpg

京都の土産の「ちりめん山椒」がけっこう良いお値段がするのは当然だとわかりました。
材料も手間ひまもかかったものです。
b0116765_18143614.jpg



手間はかかるものの思ったより簡単に美味しく出来ました。
お料理は、この「うーん、うまく出来た」という充実感やら達成感が味わえるからこそ楽しいのです。

らっきょうも買ってきました。
b0116765_18145423.jpg

らっきょう漬けをつくりたいのではなく、実はこれが食べたいから!
b0116765_18151197.jpg

生のまま薄くスライスして、かつおぶしをたっぷりと、醤油を少し・・・毎年この味を待っているのです。
それでも、みるみる間に芯が延びてきてしまうので、残りは塩漬けにし、甘酢につけておきましょう。
b0116765_1815314.jpg


母の作っている梅干しも順調です。
b0116765_18154969.jpg

毎日、かびないようにつけ汁を動かすそうです。

夏の野菜の色は元気ですね。ラタティーユでも作って、朝食のサラダかわりとしましょう。
b0116765_1816128.jpg


今年初のトウモロコシは小ぶりですが、とても甘かったです。
b0116765_18161470.jpg

皮をむかずに電子レンジで3分半、
ほどよく蒸しあがり、1本を母と半分ずついただくのが、これから夏の定番です。

少し遅くなってしまったのですが、しゃこばサボテンの植え替えもしました。
b0116765_18165362.jpg

長くなった葉先を切り取り、一緒に挿芽をしておきましたが、根付けばいいのですが。

名前も知らない花ですが、忘れていたころに今年久しぶりに花をつけてくれました。
b0116765_18183617.jpg

可愛らしいくて、嬉しくなってしまいます。

さつきも今が花盛りです。
b0116765_18195331.jpg


ラベンダーもたくさんく咲いてくれたので、
b0116765_18212761.jpg


穂先を挿してみました。
b0116765_18215026.jpg

洗面所の窓にそっと置きます。
この花器は直径5センチほどで真ん中に小さなくぼみがあって、花がおさまります。
小菊を一輪、クチナシを一輪、千両や万両など庭の花を挿すのにとても便利です。
韓国全州ビビンバ祭りの出店で300円ほどで買ってきたのですが、あまりに使い勝手がいいので、その次に行ったときに探しましたが手に入りませんでした。
次回も探してみます。

梅雨入りの週末、家仕事に心やすまる2日間でした。
by shinn-lily | 2016-06-05 18:36 | 季節 | Trackback

夏へ一歩


木枠の窓をサッシに換えて、ついでにキッチンの換気扇も、3か所のエアコンも、外階段の手すりなどを取り換えて、たいした工事でもないが、連休後から初めてやっと終了した。
後は、ガラスを拭いたり、カーテンを洗ったり、
それに工事の後は部屋の隅は何度掃除機をかけても、まだゴミが出てくる。



汗を流して、体を動かした休日の夕飯は手抜きで冷やし中華。
実は冷やし中華は私の大好物
いっときはは手作りのタレに凝ったりもしたが、最近は「マルちゃんの冷やし中華」で定着。
高級な冷やし中華よりも、舌になじむ。安上がりの舌である。

b0116765_22204225.jpg


そして今年初のすいかを割る。

b0116765_2221424.jpg


熊本の黒すいか・・・季節のはじめの果物は美味しいと信じていた通り、品の良い甘さのスタート、幸先が良い。
これから鳥取、静岡、三浦、山梨、長野、山形、秋田、岩手、青森、そして北海道まですいか前線が始まる。
すいか好きの我が家にとって日本が列島であったことにに感謝する。
なにしろ、昨年は10月まで、北海道産を楽しんだ。


緑が濃くなり、

b0116765_2220262.jpg


紫陽花が色づき、

b0116765_22213417.jpg


クチナシがその香りを誇る。

b0116765_2222929.jpg


又季節がひとつ廻る。
by shinn-lily | 2016-05-30 22:55 | 季節 | Trackback

珍客万来

「地球は人間のものだけではない」というのはよく知っているつもりだが
「我が家はわたしたちのもの」よね。

例年の比でなくうっそうとしてしまった庭の木々、狭い庭ゆえ歩く場所もなくなって、いつもより早く植木屋さんにはいってもらった。

そこで発見されたのが、さざんかの木の枝の中にあった10センチ大のスズメバチの巣
ああ、無防備な自分たちが枝を落とそうなどと考えなくてよかった。

b0116765_2157958.jpg


叔母がくれた山椒の木が、叔母の後を追う様に枯れてしまったのは、白アリの仕業であった。
片付けてもらったら、中はすっかりと空洞になっていた。

b0116765_21573658.jpg


猫は子猫を従え、我が家を休息場としている。子供の時から猫好きな私だが、
毎朝の糞掃除にはまいってしまった。勝手に濡れ縁に上がって、汚していく。
猫を傷つけたくないから、なにかいい方法がないか困っていると時にその植木屋さんが教えてくれたのは正露丸!
早速あり合わせの正露丸を全部撒いたところ、まあ、匂うわ、匂うわ・・・・今年最後のくちなしの花の香りも台無し、夕方そよっと風が家の中を通りぬけても正露丸の香りつきとなってしまった。おかげさまで猫は来なくなった。

b0116765_2204560.jpg


それにしても、
ムシムシするので、普段締めっぱなしにしておいた雨戸もあけたい、いやまてよ。鳥の鳴き声がさかんにしていたからもしや・・・案の定雨戸の戸袋の中は乾いた苔がたくさん持ちこまれ、ここから雛が巣立ったようだ。ゴミ用のトングを持ってきて、掻き出し、掃除機をかけた。

b0116765_21584274.jpg


そんな話しを娘たちにしていたら、婿がこれ見てくださいと。
携帯の動画は二匹のハクビシンが塀の上で向き合って威嚇しあっている。
サッカーを見ようと早起きしたらガラス窓の外にいたという。
そういえば、わたしも、先日夜、駅から帰る途中猫ではないけれど、しっぽと顔が長い動物を見た。
これもハクビシンだったのだろう。

b0116765_21581234.jpg


多摩丘陵に位置する我が家のまわりの丘や山は木がどんどん伐採され、マンションが建設されていく。
住む場所を失った生き物を邪険には扱いたくないのだが、どうもきみが悪い。

b0116765_21592069.jpg


雨になると玄関の前にちょこんと座っているかえると皐月の葉の間をちょろちょろ動くとかげとは仲良くしているのだけどねぇ。
by shinn-lily | 2015-06-29 22:05 | | Trackback

穏やかに 春日和

鰯が1、2、3、4、5、6、7尾 おまけに1尾 全部で8尾
一皿390円
富山氷見産 

たっぷりの新玉ねぎのスライスの下に、

b0116765_2157898.jpg


手開きした鰯を並べて、塩コショウ、それに米酢とサラダオイル
b0116765_21572754.jpg

パンと一緒に食すもよし
野菜と一緒に食すもよし
ビールと一緒に食すもよし
ワインと一緒に食すもよし

3尾を残して塩焼きにしてご飯のおかずに、大根おろしもそえましょう。

b0116765_21574474.jpg




春、いいなぁ♪

柔らかに
b0116765_21585586.jpg


鮮やかに
b0116765_21591024.jpg


陰で輝いて
b0116765_21592337.jpg


全員こちらを向いてくださ~いあ
b0116765_21594124.jpg


みんな仲よし
b0116765_21595610.jpg



庭の小さな花たちにもありがとう!
by shinn-lily | 2015-04-02 22:18 | 季節 | Trackback

春 門出を祝う

陽射しが強くなりました。
屋根上ガーデンは花盛り
b0116765_2136950.jpg

リスさんもオレンジを仲良くつついています。
b0116765_21361830.jpg

お庭は誰もいません。
b0116765_21362748.jpg

いえいえ、クリスマスローズさんたちがおしゃべりに夢中です。
b0116765_21364990.jpg

おやー、木にの枝にはランタンがいっぱい
今夜はパーテイでもあるのでしょうか。
b0116765_21371059.jpg

そういえば熊さんもさっきからお待ちかね。
b0116765_21374479.jpg



大学入学を控えた姪と、リリエンベルグでのひととき
b0116765_2138225.jpg

苺が挟まったナポレオンにシュークリーム
紅茶がいいかしら、コーヒーにする?
おばあちゃまが待っているわ、さあ急ぎましょう~

夢を語る姪の眼差しに「幸多かれ」と、わたしはそっと天使にお願いしたのです。



ウィーン菓子工房リリエンベルグ
 〒215-0021
 神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17
 TEL 044-966-7511  FAX 044-954-0115
 定休日 第1,3月曜日、毎週火曜日
 営業時間 10:00amから6:00pm
by shinn-lily | 2015-03-26 22:00 | 大切な時 | Trackback

春は必ずやってくる、ね。


春待ちミモザ
b0116765_14333215.jpg



春待ち沈丁花
b0116765_14335899.jpg



春待ちミニ水仙
b0116765_14292388.jpg


春待ちこでまり
b0116765_14293464.jpg



春待ちぼけ
b0116765_14295342.jpg


春待ち馬酔木
b0116765_1440352.jpg



春待ちチューリップ
b0116765_14404874.jpg



春待ちわたし。。。。
by shinn-lily | 2015-01-25 14:43 | 季節 | Trackback

楽々歯医者さん


歯科検診に行った。
「かぶせている銀歯が緩んでいるから変えた方がいいなぁ」と先生が耳元でつぶやく。
ああ、だから嫌なのよ、なかなか歯のお掃除だけでは済まない、結局また通うことになるのかしら?

「shinn-lilyさん、○○円、1時間半でできるからね、技工士がいらないのですよ。
すぐその場で入ります。前より安いでしょ!」と。
確かに、30%ほどお安い。
この先生、声が大きくて歯切れが良く、治療にも信頼感を持っている。

1度下処理に行って、翌々日、
まず歯科衛生士の女性がコンピュータと棒状のカメラで該当する歯のまわりの写真を撮る。
これはカメラで歯のまわりをなぞっていくだけ・・・横にあるディスプレーに上の歯、下の歯の映像が出てくる・・・不要な部分をマウス操作で切り取っていく・・・最後に上下の歯の形が立体映像で出来上がったところで、先生が登場・・・最終仕上げをして・・・よしこれで行こう!
あのいやなぐにょっとした型取りがいらないわけね。

コンピュータの前には赤ちゃんの保育器を少し小さくしたような装置が設置されている。
この装置で立体映像を基にセラミックを削り出していくという構造がやっと見えてきた。
興味津々、身を乗り出して観察
中心に置かれたセラミックにおそらく先が刃になっているピンドルが両側から回転している?たぶん熱を抑えるためと削りカスを洗い落とすためか、水が絶えず出ているので、削っている面はあまり良く見えない。

30分ほどで歯は出来上がった。
いらない部分を削り取って、(金属加工でいえばバリ取りか)接着剤をつけて入れれば、もう完了。赤い紙を挟んでギリギリとやる調整がないのに、しっくりとなじむ。
ここまで、きっかり1時間半。
ああ、すごいわ!

作業中に女性や先生にあれこれ尋ねた。
「写真の現像を写真屋さんに頼まなくなったでしょう、それと同じ、歯の成形に技工士がいらなくなるというわけですよ。
今はまだ1本ものしか出来ないけれど、いずれいろいろ出来るようになるらしいですよ。」
我が地域、神奈川県麻生区では2台稼働中とか。
はっきり聞けなかったけれど、1000万円以上はするらしい。
リースかしら、買い取りかしら、原価償却はどのくらい?えーと月に10本いれるとしたら○○円でx12か月だとして?いや10本ということはない、なにしろ診療用椅子は5台あっていつもいっぱいですから。
ついつい余分なことを考えてしまう。
この装置はドイツ製、
「ドイツ人は不器用だからこういうのを考えたらしいですよ。」と先生。
そうかなぁ~?技術大国日本とはもう言えない。
ユーロ圏でドイツが独り勝ち、無借金国家財政、
日本、頑張らなくては!

「先生、こんなに簡単なら、こっちの歯も変えたくなってしまいましたよ」
と言ってみたら
「shinn-lilyさん、また今度にしましょう~」
「はーい」

いつのまにか、庭では紫の饗宴が・・・
紫式部と
b0116765_2256720.jpg

トレニアが秋の陽射しを浴びています。
b0116765_22563782.jpg


冬に向かう前の日々が足早に過ぎていきますね。


うえはら歯科医院
by shinn-lily | 2014-09-24 23:07 | 興味 | Trackback