<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ディズニーランド 開始2日目のワンス・アポン・ア・タイム sanpo

(鑑賞の手続きを追記しました)

高校の同級生5人組み、おとなのディズニーランドツァー
昨年お揃いで買ったミッキーのピアスをして、今年はディズニー・シーの予定でした。
ところが、直前にネットで調べてみると、5月30日は午後6時半で閉演と
そ、そんな・・・
どこかのアラブの王子様でもが貸切になさったのでしょうか?
ブライトンホテルはもう5か月前から予約済み、おとなだけで夜までとっぷりと楽しみましょうという企画は・・・急遽メール連絡により今年もディズニーランドに変更。
実はそれより2日前のニュースでプロジェクションマッピング「ワンス・アポン・ア・タイム」が29日より始まることを知って、内心みんな今年もランドに行って、これを観たいと思っていたことが判明。
それぞれ自分から言うのは遠慮していたのですね。そんな仲ではないのにね。

中央鑑賞エリアの椅子席は抽選です。
後から来る一人を待って、抽選会場へ・・・籤運のない私は、半分あきらめ、結果を見ないように
「おめでとうございます」と画面に出て・・・わーあ、当たりました。
スタッフが駆けつけて、
「おめでとうございます。なかなか当たらないのですよ。中央前の方の良い席ですよ!」
前から10番目の席でした。

では皆様もご一緒に。

b0116765_15581278.jpg


b0116765_1558353.jpg


b0116765_15593950.jpg


b0116765_1603624.jpg


b0116765_1623335.jpg


b0116765_1661962.jpg


b0116765_1652527.jpg


拍手とともに20分間が終わりました。

想像をはるかに超えた息をのむ素晴らしさでした。
プロジェクションマッピングだけではなく、レーザー光線、花火、物語、そしてディズニーならではの心浮き立つ音楽
自然界の現象ではなく人間が作り上げた美しさ、楽しさを軽く見てはならないことを思い知らされました。

籤を引いてくれたくれた人の運が強かった?
それとも、私たち5人の行いがよかった?
子供みたいに過ごした1日ですが、
ふだんはみんなそれぞれ荷物を抱えながら頑張っている仲間です。
笑顔で集まることができて、また思い出がひとつ、仲間に感謝です。


                                        おとなのデイズニーランドの1日は次回へ。

追記 抽選のことなど
by shinn-lily | 2014-05-31 16:52 | 大切な時 | Trackback

心地よく「感じる」を楽しむ・・・アナと雪の女王

文学を読んで、わたしたちはそこから何を学ぶのでしょう?
一昔前なら、小説を読んで生き方を学んだこともあるでしょう。
ところが最近の小説は、わたしにはあまりよくわかりません。

小学生の頃、詩に関するテスト問題が嫌いでした。
「作者が言いたいことはなんでしょう」
という設問があるとちっともわからなかったからです。
その時に感じた「わからない」という印象が、最近の小説、特に村上春樹以後の作品に多くなったと思います。
実は最近、その「わからない」が心地よくて、読み方が変わりました。
63年間の間につくられてきた「ワタシ」がただただ感じれば良いのだと思う様になりました。
もっと賢くなりたい、もっと知りたいというより、もっと感じたいから作品に触れたいと思うのです。
例えば絵画も彫刻も仏像も
音楽も
そして映画やドラマも、
いやなものはいやだ、なんだかこれいいなぁと感じるようになって、解放された気分です。
不勉強の言い訳でもあるのですが
もともと論理的思考が弱いこともあって、今や感じることが最大の楽しさです。

そして「アナと雪の女王」を観てまいりました。
b0116765_211119.jpg

そんな意味で「アナと雪の女王」を見て感じたことは
ただただ美しかった、凍った城も雪の森も、アナや姉エルサのドレスもヨーロッパ風の港街も美しくて
心がほーって柔らかくなるようなそんな気分でした。
その映像の美しさを支えている音楽も柔らかでした。
日本語版吹き替えでしたが、優しい暖かい声はなんとも良い人選でした。
原作とはずいぶんかけ離れているようですが、これにはこれの世界がありました。
悪役があまり活躍しません。
そして悪役の場面は、さらっと終わりになります。
だからほーっという気分が映画を見ている間、続きます。
b0116765_2113538.jpg


作者がなにを言いたいか、あまり考えなくなると
ふと作者の声が聞こえてくることがあります。
だからもっと本も読みたいし、音楽も聴きたいし、映画も見たいしとついつい欲張りになってしまいます。いえ、日常の生活からだって、いつもいつも感じながら生きているのです。
「感じる」ということは、懐かしさや共感や、躍動感や未来への勇気、そしてある時は悲しさや辛さなど数えきれない、そして表現に余りある宝物です。


そういえば主題歌「ありのままでいいのよ」(Let It Go)はそんな
今の心境にぴったりの歌でした。

私だけではなく、誰の心にぴったりだから、この映画とこのテーマ曲が支持を受けているのでしょう。
by shinn-lily | 2014-05-25 02:19 | 興味 | Trackback

上原ひろみさん ニューアルバム 「ALIVE」 本日発売


待望のひろみさんのニューアルバム「ALIVE」が発売日にアマゾンから届きました。

b0116765_2303188.jpg


昨年はアルバムのリリースがなく、そのためツアーもなくて、寂しい思いで待っていました。
本日は発売にあわせてツアーのスケジュールも発表になりました。
先行販売はまもなく始まりますが、12月、3日間の東京でのコンサートは、フォーラムに続く道がイルミネーションで彩られる頃
それまで、このCDを聴きこんで
当日はその日だけのLIVE演奏にひたります。ああ楽しみ。
ひろみさんのアルバムメーキングの様子はホームページで見ることができます。
こんな横顔も大人びて素敵ですが、

b0116765_2313785.jpg


素顔でピアノに向かう姿の方が好きです。
小柄でてらいのない姿から、どんな演奏が飛び出すか、
さあ、コンポにCDを入れます。
ここから、新しい「ALIVE」のスタートです。
by shinn-lily | 2014-05-21 23:07 | 興味 | Trackback

いつまでも基礎英語


15分でわかる英語力測定テスト2014 あなたの英語力はどのくらいというバナー広告が4月中、エキサイトに掲載されていた。
15分でできるのなら・・・ルンルンと気楽に回答を入れていた。
現在はこちらで ←よろしかったらお試しくださいませ★


b0116765_21391820.jpg


このテストの結果は、NHKの語学講座につながる。
さて私にチョイスされた講座は「おとなの基礎英語」レベルでいえば全体の中間というところ。
まったくねぇ、いつになったら基礎英語から抜け出せるのやら、
小学生の時から英語の授業は週一であって、まあ英語の歌なんか唄ってお遊びだったけど
中学、高校、大学と英語をやって、成績はそれほど悪くなかったわ。
AEONに英会話レッスンに2,3年通って
アメリカ人 ジムに2年ほど個人レッスンを受けて
おまけに先日ナンパした(uransuzuさんの表現)アメリカ人女性にも数回レッスンを受けた。
ああ、それなのに今回もやっぱり基礎英語、
中学で習うレベルの単語を使って、英語に慣れましょう・・・と。
けっこうでございます。
それなら「おとなの基礎英語」をやってみようじゃありませんか。

b0116765_2140810.jpg


2014年はシーズン3ということで、主人公ミカが婚約者のジョーを尋ね、台湾にやってくるところから始まる。
うむうむ、舞台が台湾!気に入ったわ。
何故ってわたしたち、英語を勉強しても使う可能性が大きいのは英語が公用語の国というのは少ないのですもの。
ほとんどは、第二外国語として使用している国で使うわけよね。
中国語がしゃべれない時も、ベトナム語がわからない時も、トルコ語が分からない時もポルトガル語がちんぷんかんぷんの時も
ほんのちょっとでも、英語がわかる人に出会うとほっとしたものだわ。
こちらもちょっとだから。

b0116765_21472577.jpg


「おとなの基礎英語」
ストーリは早速、ミカはジョーのお母さんから嫉妬の対象となりバトルが・・・
最近の語学講座のスキットは手がこんでいるわ。

さてその内容
「Aren’t you happy to see me? 」 うん、簡単カンタン。
                       →「私に会えて幸せでしょう?」
で、タクシードライバーにいくらと聞くのは
「How much do I owe you?」と聞くのが良いという。
「How much?」で十分でしょう?
その場になったらそれしか出てこないと思うけどなぁ~。
かっこいい英語を話したいのではなく「きっと通じる、通じるはず、通じればいいなぁ」のレベルですもの。
1週間に4回、10分番組だから、録画をしておいて、前夜分を朝の出勤支度をしながら見るのに丁度よい。

b0116765_21413281.jpg


一方、NHKのハングル講座受講は2年目に入った。
高くは望まない。
ここでも、「きっと通じる、通じるはず、通じればいいなぁ」の世界はかわらない・・・動詞の語尾変化の練習じゃあるまいしねぇ。
タクシードライバーには「オルマエヨ?(いくら?)」と聞くことができる。
「明洞まで行ってください」とか「ここで下してください」などという単発言葉くらいは咄嗟に出てくるが、そこまでだ。

こうしてみると、人生の半分以上英語を勉強していて、ものにはなっていないとはいえ、一概には無駄ではなかったのかしら?
英語なら冷や汗をかきながらも自分の意志を説明できそうだ。比べてみればハングルは幼稚園生だ。

かつては英語をよどみなく話せるのが夢であったけれど、気が付けば目標を下方修正していた。会話は度胸と目とジェスチャーと誠意など勝手なことをほざいている。

b0116765_21411197.jpg


「英会話」再、再・・・・再チャレンジの旅は永遠に続きそうだ。
「ハングル」はまたそのはるか向こう、道のり遠し・・・
いえ、道があるから夢もつづくわ~。
by shinn-lily | 2014-05-19 21:57 | 興味 | Trackback

日本の技術革新力は?

技術力を誇る日本・・・その昔、海外都市に大きく「SONY」の看板が掲げられているのを見た時は嬉しかった。まだ極東の小さな島国であった頃の話だ。
今でも「トヨタ」や「ニッサン」の車が海外で走っているのを見るのは嬉しい。
また、上海でもソウルでもUNIQLOの店舗に人が入っているのを見るのも嬉しい。
ふだん意識していないが、自国を想う気持ちは持っていると改めて認識する。

日経サイエンス6月号「特集 世界の科学力 世界経済」の中に「技術革新の通信簿」という記事があった。

b0116765_10405989.jpg


「各国は科学をどれだけ上手に資本化しているか」コーネル大学とフランスのビジネススクールINSEAD、世界的知的所有権機関の経済学者たちが、各国の政治の安定性、創業のしやすさ、当該地域で年間に新たに作成されるウィキペディアの項目数など84種のデータを用いたとある。
2013年の全体的な傾向:研究開発費支出が世界金融危機の余波を脱出して増加に転じた。
高額所得の欧州諸国が上位を占め、ブラジル、ロシア、インド、中国が順位を落としたとある。

b0116765_10411340.jpg


さて気になる日本の順位は技術革新力スコアだけでみると世界25位
トップはスイス、以下スウェーデン、英国、オランダ、米国、香港、シンガポール、フィンランド、デンマーク、アイルランド、カナダ、ルクセンブルグ、アイスランド、イスラエル、ドイツ、ノルウェー、ニュージーランド、韓国、オーストラリア、フランス、ベルギー、日本、オーストリア、マルタ、エストニア
GDP値でみると、19位という結果だ。
この調査は平たく言えば、技術革新力が国民をどのくらい幸せにしているかとも言い換えることができよう。

b0116765_10412645.jpg


日本の技術革新力が世界の中ではこの程度かということには、正直かなり愕然とした。日頃世界一のシェアや世界一の技術力というような日本企業をしばしば耳にしていたからだ。
ひと頃は日本の技術力は・・・と誇っていたのに、韓国にさえ負けているのだ。

アジアからの日本への観光客が日本人のマナーや親切さに驚いて帰る。おもてなしの心は世界一。日本の電気製品を抱えて帰る。トイレはどこもきれい。街にゴミがない。
ここのところ、自信を失っている日本にこんな「すごいぞ、日本」の話は心地がよい。
今、心地良い甘い言葉をかき集めて溺れてはいられないほど、世界は動いているのだ。

この調査は一つの指標にしか過ぎない。
ただ、資源のない日本の産業にとって、あるいは農業でさえ技術革新力こそが未来へつながる道である。
真摯に現状を見つめ、今その道をもう一度進む努力が我々に課せられている。
by shinn-lily | 2014-05-11 10:40 | 大切な時 | Trackback

薫風ともに足取り軽く

サイズダウン記念と称して、お買いもの。
まずは、せっかくスリムなパンツが流行っているので、ネービー、黒、ベージュを購入。
仕事服でもあるので、ここはおとな買い。
昨年まではネービーを探して歩いていたが、今年はたくさん出ている。

今年のパンツは足首までが主流だから、靴も楽しめる。
細い足首に(夢)にパンプスを履けば、気分も浮き立つ。
パンプスと言ってもせいぜい5センチまで、
つい、いつも船底ゴムの靴を履いているので、駅の階段は注意、注意。
夏になれば靴はサンダルが主流になるだろうから、今の内にパンプスを楽しもう!
そうそう、「今の年齢の内にパンプスを楽しまなくては!」というフレーズも実感だ。

ここまできたらジーパンもスリムなものに買い替えたい。
ジーンズ系メーカのものではなくファッション系の方が履きやすい。最近は生地が伸びるのでとても楽、昔は座るのに大変だったのにね。

ジーンズにはやっぱりTシャツかしら?
チュニックでお腹を隠すのもそろそろ卒業しようかしら。
それにしてもチュニックはおばさんにとって救世主だったわ。

今お気に入りのTシャツはこれ。
b0116765_21175757.jpg

ZARAのSaleでとてもお安く、(いくらだったか忘れるほど、)柄が気に入っただけではなく生地がいいのね。前面はシャツ生地ではなく、ブラウス仕様の綿生地にプリント、背中は普通のカットソーの生地、
少しばかりサイズダウンしたからといって、やっぱりムダなお肉をカバーするジャケットは必要ね。
麻の細身のジャケットは仕事にも普段にも便利。
お袖をちょっとたくし上げて、若々しく。
ジーンズの裾も折り返して、短めに履けば、靴は明るい色のスニーカーがどうかしら?
b0116765_2124387.jpg

バッグはルポバルセロナをあわせて・・・。
これ形は気に入ったいるのだけど、ちょっと重いのよね、
やっと買い換えたエクスペリアは前の携帯より重いし、キンドルも持つし
まあ、筋肉を鍛えるつもりで、ドッコイショ!
b0116765_21182842.jpg


そうこうしているうちに、ゴールデンウィークってあっと言う間に終わってしまった。
家でちまちま片付けをしたり、引出の整理をしたり、本を読んだりすっかり引きこもり、
この季節、家の中はひんやりして居心地がいい

さて、また明日から仕事、戦闘開始
今月末から来月は怒涛の忙しさが予想される、
楽しみの人参をぶら下げて、それまでは一生懸命働いてと・・・。
by shinn-lily | 2014-05-06 21:39 | 季節 | Trackback