<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日曜日のお赤飯

日曜日の朝
母がお赤飯をつくるから、妹と娘夫婦に連絡して欲しいと言いだしました。
前日はずいぶん大儀そうで心配していたのですが、こんな風に言いだすのは体調が少し復活したのでしょうか。
お赤飯をつくる気力があるのはありがたいのですが、87歳で、ここのところ体調が思わしくなく、後の疲れが少々心配です。
とにもかくにも母の命令ですから、みんなに連絡をしました。
娘たちは先約があり残念
妹は嵐の中、かけつけました。

母は出汁で種類ごとに煮物を炊きます。
私はアシスタントにつくのですが、どうもわたしのやることは気になるようで、結局は自分なりに自分でやってしまいます。せいぜい手伝えるのは人参や里芋のかわ剥きとお鍋洗いをするぐらい。
これまで我が家の里芋の煮物は醤油色だったのですが、ここのところ白く仕上げるのが好評です。

急に母が言い出したものですから、後のおかずは用意がありません。
急遽、いつでもストックのある鶏もも肉でから揚げでもつくりましょう。
ここからは私の担当です。
ニンニクとショウガのすりおろしと醤油少々、お酒少々で下味をつけて片栗粉をまぶして揚げる、どうということのないから揚げですが、玉ねぎ醤油をたらたらと垂らして
ああ、こんなシンプルなのが好きです。
油を使ったついでに、香りがとても良い摘みたての春菊があるので、天ぷらもつくりましょう。
小麦粉に水に卵に氷を2個
氷の解け具合によって、小麦粉を調整
揚げ油はごま油で香りづけをします。
春菊はマックスに近い軽い衣でシャリっと揚げるのが好みです。なかなかうまく揚りました。
b0116765_2155239.jpg


お赤飯は父方の祖父の福井の実家から届く丹精のもち米を使いました。
とてもうまくできました。実に良い色、良い固さ、良い香りです。
秘伝を受け継がなくては・・・と思いながら、いつものように結局母に全部作ってもらいます。
b0116765_21561171.jpg

ご近所のINさんのお宅のご主人が退院なさって昨日お顔をおみかけしましたので
退院お祝いにお赤飯と煮物をお届けしました。

そういえば、今日は12年前に亡くなった父の誕生日です。
父はお赤飯がとても好きでした。
そんな父の思い出を話しをしながら、ゆったりと日曜日のお夕飯でした。
by shinn-lily | 2014-03-31 22:20 | 大切な時 | Trackback

花咲く準備はできている  門出のあなたへ・・・そしてわたしにも

                   

                    花咲く準備はできている
                    門出のあなたへ・・・そしてわたしにも
b0116765_22253859.jpg
                    思い切り学び、思い切り働く
                    体を使い、頭を使い
                    未知の世界に挑んで飛び込む
                    挑戦への武器はあなたの心の中にあります
b0116765_22255062.jpg
                    前を向いていればよいのです
                    時には遠回りしても
                    時には転んでもよいのです
                    あなたは必ずまた立ち上がります
                    失敗は明日への糧です

                     後ろを向きたくなった時は
                     横をむいてみてください
                     あなたを支えてくれる人がそこにいるはずです

                     あなたのまわりにはいるたくさんの人を
                     敵と味方にわけてはいけません
                     人がどうあろうと、あなたはあなたです
b0116765_22255949.jpg
                    自分の人生は自分で責任をとる
                    人のせいにしたら前にはすすみません
                    人のせいにしたらそこで終ります

                    思い切り愛すること
                    思い切り恋をすることは
                    あなたを優しい人にしてくれるでしょう
                    たとえ、その想いが通じなくて、つらいことがあっても
                    人に寄り添える人になるはずです
                    そして愛される人になるのです

                                                               泣きたい時は泣いてよいのです
                   でもあなたの笑顔はもっと素敵です

                    花咲く準備ができています
                    咲かせるのはあなた自身です
                    あなたの力です

                    あなたの花が咲いて実を結んだら
                     その種は世界に散らばって、また花咲く準備をします

                     想像してみてください
                    あなたが咲いたところを

                   5月の風に薫る真紅の薔薇
                   青空に映える大輪の向日葵
                   皆が待ち焦がれる満開の桜
                   道端にさく姫おどりこ草
                   畑に咲く菜の花
                   それとも
                   しっかりの根を張るたんぽぽ



                   わたし自身がやりきれなかったことを
                   あなたたちに押し付けるのは、卑怯なことかもしれません

                  わたしだってまだまだあきらめていませんよ
                   大きく深呼吸して
                   わたしの花を想像しています
b0116765_22260856.jpg
                  花咲く準備はいつだって出来ているから
by shinn-lily | 2014-03-24 22:29 | 大切な時 | Trackback

久々のベア妥結の裏で

産業の目安となる自動車業界のベアが満額、あるいはそれに近い額で妥結している。
政府の要請があり、また円安で利益があがったことがあって数年ぶりの妥結である。
自動車業界に続き電気なども続いていく傾向に注目が集まっている。
世の中、揃って給料が上昇してゆくような騒ぎである。
b0116765_17441995.jpg
身内が自動車業界で働いている。
「お給料ベースアップ、よかったわね」というと
「とんでもない、低減(原価低減)低減とますます仕事が大変になる。」と浮かぬ顔だ。
大手製造業は専門部署が日夜原価低減に神経をすり減らしている。まるで体を削るような仕事ぶりである。
生産効率をあげて低減する方法もある。物流コストを下げる検討をする。

そして協力会社に部品値下げ交渉をする。

大手企業のもとには多くの部品供給の中小企業が連なる。
毎年売上が右肩上がりに上がっていったかつての日本の産業構造であれば、たとえ固定費となってもベアは売上から確保出来た。
しかし今や日本の製造業は原価を低減して利益を確保している現状である。
経費をかけず、より良い製品を作り上げるために、必死である。
中小企業は仕事を確保するために親企業からの値下げ要求を受け入れることになり、利益は薄くなりベアどころではない。
固定費が増えれば、経営体力が落ちるのだ。

日本の企業は
企業数でいえば
大企業が0.3%、中小企業が99.7%
従業員数でいえば
大企業が31%、中小企業が69%

今ベア妥結にほっとしている従業員は日本の中では3割程度で7割の多くは春のこの騒ぎには無縁なのである。
大手企業がやっとやっと数年ぶりにベースアップをするのだ。
マスコミはあたかも景気が回復基調に入ったかのように報道する。
はたして中小企業に恩恵は廻ってくるのだろうか。

あわせて非正規雇用が増え、若者が将来を描きにくくなっている。

大企業で働く厳しさ。
中小企業で働く厳しさ。
正社員として働く厳しさ。
非正規雇用で働く厳しさ。
それぞれの立場でそれぞれの厳しさと戦っている。

それでも、多くの人々は誇りを持って働いている。
世の中がどんな騒ぎをしていようと、
知恵や体で、それぞれの立場でそれぞれの希望を持ちながら精一杯日夜働いていくことが、生きていくということなのだろ。

学生の少ない大学のキャンパスに新入生が集まり
いくらか景気回復をした企業に新入社員が顔を揃える4月が間もなく訪れる
b0116765_17444396.jpg
どうか暖かい春でありますように、人の心が感じられる春でありますように。




by shinn-lily | 2014-03-18 17:52 | まわり | Trackback

紙とデジタル そりゃ紙よね。


英会話のレッスンで
話題は「本をデジタル書籍で読むか紙書籍で読むかどっちがよいか」いう話に。
33歳の若いアメリカ人の女性教師は「デジタルがよい、特に『ナショナルジオグラフィック』は画像がとても綺麗だ」という。
私はもちろん紙の方がいいと思っている。
「アメリカ人も日本人も新しいテクノロジーは好きだけれど、私は紙の方がいいと思うのは
日本人のせい?それとも年齢のせい?」と質問をなげかけてみた。
しばらく考えてから、「やっぱり世代の違いかもしれない」と、彼女は答えた。
さらに、「日本人は紙に対して想いがあるのではないかしら」と。
なるほど、それはあるかもしれない・・・ただアメリカ人の紙への想いがどの程度のものか、実感として感じたことがないので比較はできない。

そんな時「日経サイエンス」の特集記事にこんなものがあった


b0116765_22261087.jpg



内容は科学的に見地にたって、本当はどちらが人間にとってよいのだろうかということを検証したものだ。

b0116765_22264093.jpg
結論はやっぱり紙書籍に軍配が
一言で言ってしまえば、紙書籍で読んだ人の方がデジタルで読んだ人より内容を読み込んでいるということだ。
つまり、デジタルの場合、操作性に無意識に神経が行って、内容に集中していないし、眼精疲労度も高い、逆にいえば紙書籍の単純さが、その内容への集中力に貢献しているというわけだ。
いくつかの、実験結果でこの結論を導いている。


b0116765_22264890.jpg


紙書籍で本を読んでいる人は、この本はどのくらいの分量で、今読んでいるところは真ん中くらいで、あとどのくらいあるかということを知っている。
デジタルは字を追うだけだ。
脳がまだデジタルのシステムにおいついていない。

両方使っている人に聞くと
海外ものは手に入りにくいものがデジタルブックになっていて、ありがたいが
日本の場合ベストセラーなど、良く売れるものがデジタルになっていて、案外読みたい本がまだデジタルでは手に入らないという。
そのあたり、マーケット戦略の違いがありそうだ。
また、英語のデジタルブックは辞書機能がとても便利だという。
それぞれ一長一短に違いないが、
それでも、やっぱり紙書籍がいいと、言い続けたい。


次回レッスンに、もう一度この話題を出してみようかと思っている。






机の上に
by shinn-lily | 2014-03-10 23:08 | 興味 | Trackback

春待ちと次の冬のお楽しみ

あの大雪の日、たびたび雪をはらってあげたミモザの蕾がすこしずつ開いてきました。
b0116765_2227575.jpg


ヒヤシンスは背が伸びません。
外では寒かったのでしょうか?
b0116765_22284898.jpg


まだ、空気は冷たいけれど、春の足音が聞こえてきました。

ずっと腰痛で出不精にになっていた母も、痛み止めを飲みながら外出が出来るようになりました。
デパートは段差はないし、春も感じられるし、食事も出来るので、散歩にはうってつけです。
b0116765_22315159.jpg


冬のsaleは終わって、春物は出そろっていないこの時期、、デパートは閑散としていました。
靴や洋服やアクセサリーを見るのは、買うあてがなくても、気持ちが華やぎます。

おや、手袋!
この方とお知り合いになってから、すっかり手袋の愛好者になりました。
手袋が並んでいると、すぐ手にとって見る癖がつきました。
足は短いのに手の指だけは長くてなかなかしっくりする手袋がありません。
あっ、これは大きなサイズです。
良い感じです。
しかもuransuzuさんの会社のものではないですか。
b0116765_22564594.jpg

柔らかい羊皮、
b0116765_2256298.jpg

ステッチと手首のデザインが素敵です。
b0116765_22584245.jpg

裏もあたたかそう。
黒と茶のコンビが気に入りました。
b0116765_23114235.jpg

お値段もsale価格で(ごめんなさい、uransuzuさん)

聞けば、翌日は手袋の売り場は撤収とか
3月まで、私の来るのを待っていたこの手袋、もちろんお買い上げです。
さあてと、来年の冬まで、しまっておきましょうかねぇ。
春目前の冬のお買いものでした。

今年の春ものは綺麗な明るめな色が流行るらしい。

明るい春へ、もう一歩。もう半歩。
by shinn-lily | 2014-03-05 23:46 | 季節 | Trackback

おこがましくも、たからかに宣言させていただきます

いつもwhiteさんのブログに掲載されるお料理を「美味しいそう!」と指をくわえて見ておりました。
美しく、センスの溢れるお料理やしつらえには、ため息をつくばかりでした。
それもそのはず、長年サロンで多くのお弟子さんにお料理と人生を教えていらしたのですから、その実力はわかっているつもりでした。
しかし、しかし、百聞は一見にしかず、とうとうwhite邸にお招きにあずかりました。
yumiyaneさんが出雲から東京にいらっしゃる機会にコスモスさんとお言葉にあまえて3人でお邪魔いたしたました。
お仕事のためにuransuzuさんがご一緒できなかったのはなんとも残念でした。


銀座から10分高層マンションのお宅
隅田川の向こうにはスカイツリーを望みます。
桜の蕾も春の準備をしています。

b0116765_17305542.jpg


水の流れが視野の中にあるというのはなんと心が潤うのでしょう。

b0116765_1731264.jpg

ミモザのシャンパンで乾杯!
いただきます!
b0116765_17314369.jpg

うう、これは、見栄えだけではありません。
これまで、whiteさんにはいろいろなレストランに連れて行っていただきました。
その中でも一番美味しいと感じました。
優しく、丁寧で、心がこもっていて暖かです。
なんと説明したらよいでしょうか、研ぎ澄まされたお料理なのですが、それでいて角がないといったら少しはつたわりますでしょうか?
そこで私は代表しておこがましくも、宣言させていただきます。
「whiteさんのお料理は見るだけではもったいない、
本当に本当に美味しいです!」



さあ、一気にいきますよ。
b0116765_1734163.jpg

b0116765_17333921.jpg

b0116765_17342664.jpg

b0116765_17344861.jpg

b0116765_1735510.jpg

b0116765_17352985.jpg

b0116765_17355348.jpg

前々からの私のリクエスト、カニクリームコロッケはおかわりをさせていただきました。
ああ、この味が特に忘れられません。

なんといってもwhiteさんが心から私たちを歓迎してくださっているというそのお気持ちと
おしゃれなご主人の粋なおもてなしで
どっぷりと幸せな時間を過ごさせていただきました。
サロンの品の良い雰囲気にすっかりと心地よく酔っぱらってしまったせいか、
なんだかいつもよりおしとやかな?私たちでした。

whiteさん
ご一緒していただいた、コスモスさん、yumiyaneさん、有難うございました。
楽しかったですねぇ。
by shinn-lily | 2014-03-01 17:57 | 大切な場所 | Trackback