<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ほほ笑みソウル それでも仲良くしたい

日経新聞の最終面に「私の履歴書」という人気シリーズがある。
どの人もたいてい成功への足がかりを得るまでの内容が興味深い。
おりしも同僚が「私の履歴書」的な「李明博士自伝」新潮文庫を貸してくれた。
この本もやはり、李明博大統領が現代建設に入社し、タイの大工事にかかわるあたりまでが面白い。
b0116765_22304677.jpg


李明博大統領は日本で生まれた。第二次大戦後、4歳の時家族で韓国浦項(ポハン)(韓国最大の鉄工所ポスコがあるかつての漁村)へ引き上げる。船で韓国に引き上げる際、定員オーバーの引き上げ船が対馬沖で沈没し、全員助かったがわずかな財産、持ち物は全て失い、身ひとつで韓国に上陸した。食べるものにも住むところにも困る毎日、母親について仕事を手伝った。どんなに貧しくても、人の手伝いをしても、人様からものをもらうことは、母親からきつく禁じられていた。厳格に育った。
二人の兄が優秀であったことから、彼への教育について両親は無関心であった。
定時制の高校はトップであれば授業料が免除となる。免除がなくなれば退学することを条件に最後まで通い通した。睡眠は4時間、リヤカーで果物を売って家族を助けた。定時制の高校から高麗大学(日本の早慶に匹敵)に合格したのも異例であるが、入学金も授業料も払うメドがない。助けてくれる人が。彼に仕事の世話をしてくれた。その仕事梨泰院(イテウオン)(米軍基地が近いことからインターナショナルな観光の町)のゴミ掃除をやりつづけ、大学を卒業した。在学中に 6・3デモ(韓日会談反対デモ)を主導し、内乱扇動罪に問われ、投獄される。現代建設に入社、28歳で理事(取締役)、35歳で社長、46歳で会長に就任 し、現代建設を韓国のトップ企業に押し上げた。’92年退社後、国会議員として政界入りする。2002年ソウル特別市市長に当選。’07年大統領選挙に当 選し、’08年2月、第17代大韓民国大統領に就任 。


竹島に上陸後、梨明博大統領の低迷していた支持率は17%から上昇することになった。
上陸時の顔が何故かおどおどしてみえる。
経済界出身の大統領に、厳しい経済環境を打破してくれるのではないかと、期待が高かった。
しかし、経済は低迷しつづけ、良いとみえるのは一部の民間企業、例えばサムスン電機、現代グループなどが頑張っているだけなのだ。
b0116765_22335087.jpg

                       (李明博大統領がソウル市長時代、大掛かりに整備した東大門あたり)

李明博大統領にとって日本は敵なのか?
確かに現代建設時代には、各国での入札は日本が必ず競争相手となってきた。
商売上、日本を常に意識している様子はうかがえた。
あるいは、4歳までの彼の記憶に日本があるのだろうか?
慰安婦問題は当事者にとって解決の日はないだろうが、これまで、お詫びのために
積み上げてきた実績がある。それをゼロに戻すというのであろうか。
秀吉時代から韓国には肩身の狭い日本人ではあるが…。

自伝によれば、李明博という人間は自分個人の利のために動くことはない。
人の頼みごとにも融通がきかないほど頑固であったと記してあった。

母と10年前にソウルに行った時、
この年代の人たちには韓国に対して多少の偏見があるが
「韓国の若い人たちは本当に優しい」と韓国に対するイメージが変った。
また仕事上おつきあいしている韓国の女性の素敵なこと
会えば、仕事抜きにおしゃべりがはずむ。
そして、これまで韓国にまるっきり興味のなかった妹も、
次はいつ行こうかと考えていそうだ。

人と人のおつきあい、顔を合わせればつながる
そんなつながりを大事にしたいと思っている。
近くて遠い国が近くて親しい国となることはあるのだろうか?

化粧品と屋台とファッションと食べ物屋などごちゃ混ぜに並ぶ明洞の街は
この日も相変わらず何事もなく賑わっていた。
b0116765_22382943.jpg

by shinn-lily | 2012-08-28 22:50 | ソウル | Trackback

ほほ笑みソウル 韓国のデザイン力

「最近韓国の自動車デザインが注目なのよ」と聞いた。
現代自動車、ホンダと似たロゴに、かつては韓国ではホンダのHは斜めに書くのかと勘違いしたくらいなのに
今や、日本車顔負けの世界進出
こんな自動車が街中で渋滞
b0116765_23121696.jpg

                                          現代自動車ホームページより

今回のソウルはANAの旅作でエアー、ホテルと迎えつき、
迎えのバスに乗るとすぐに水のボトルが手渡された
このボトルのデザイン、一目で気に入ってしまった。
蓋をひっくり返すとそのままコップに出来る。私たち世代には有難い。
b0116765_23172552.jpg

ロッテデパートの地下の水売り場
あるある!コンビニでは見なかったけれど、ここにあった。
b0116765_23164367.jpg

もうひとつ買って、ボトルを持ち帰った。

お店のディスプレー
b0116765_23203373.jpg

グレーの窓枠に赤いフレームに白黒の猫ちゃん
ああ、これが欲しいのに、売り物ではないみたい・・・残念。


しかしながら、迎えのマイクロバスの車内の飾りがこんなだったり
b0116765_232476.jpg

露店で買うとビィトンの袋に入れてくれたり
足が痛くて、履き替えのために買ったサンダルがどこかエルメス風だったり
b0116765_2325733.jpg


だからこの国の面白さにわくわくしてしまうのだ。
by shinn-lily | 2012-08-26 23:33 | | Trackback

ほほ笑みソウル 半跏思惟象に魅了される

半跏思惟象
国立中央博物館 国宝
b0116765_22172684.jpg


このほほ笑みが見たくて、ソウルに行ってまいりました。
ほほ笑みがわたしたちに語りかけます。
にこやかに、わたしたちの言葉に耳を傾けて、「それでいいのです」とうなずいてくれます。
この安堵感、
気持ちが乗り移ってきたとしか思えませんでした。

6度目の韓国訪問、李明博大統領の竹島上陸で微妙な時期に
8月15日の終戦記念日の翌日
明洞のウェステインホテル朝鮮に荷物を置くとすぐに、ここに向かいました。
b0116765_2228167.jpg

竹で日陰が作られた道をすすみます。
b0116765_2229154.jpg

抜ければ、南山、ソウルタワーを借景として左右に分かれる建物、
常設展は無料です。
b0116765_2231070.jpg

広々とした館内は彫刻、絵画、陶器と別れているブースーと歴史順に転じされたブースに分かれます。
b0116765_22323331.jpg


半跏思惟象の前でしばらく座り込みました。
ああ、これを見ることができただけで、今回の旅の目的を果たしました。

おまけのほほ笑み
by shinn-lily | 2012-08-21 22:55 | ソウル | Trackback

MOVE 今年も上原ひろみさんのツアー

上原ひろみさんへ
今年も、ひろみさんのツアーコンサートに行けると思うと、今からわくわくします。
先行でチケット代金も払い込みを済ませました。
9月22日以降にセブンイレブンにチケットの引き取りにいきます。
b0116765_21544470.jpg

もちろん
ムーヴ(初回限定盤)(DVD付)はアマゾンに予約をいれました。
発売日の9月5日が待ち遠しいです。
b0116765_2152895.jpg

12月のライブまで、このCDを聴きこみます。
ライブ当日、CDに慣れた耳に生の音が飛び込んでくる瞬間が好きです。
そして後はひろみさんとわたしたちで、その日ライブを作り上げる醍醐味、これがたまりません。
8月10日の夜からは矢野顕子さんと北海道でRising Sun Rock Festivalですね。
あの日一緒に初めてひろみさんのライブをボストンで聴いた娘はそちらに伺うそうです。

東京でのコンサートまで世界中でコンサートが続きますね。
いろいろな土地で人々の心になにを語るのでしょう。
どうかお体に気を付けてくださいね。
では12月、会場で。

                                            ファンより



ご参考

上原ひろみさんのオフィシャルサイト

<上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト「MOVE」日本ツアー2012>プレオーダー受付中

ムーヴ(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD
by shinn-lily | 2012-08-08 22:26 | 大切な時 | Trackback

この暑さだもの、元気がなにより

葵祭見物で京都に行った時頼んできてくれた京都村上開新堂のクッキーが、やっと3か月待って届いたと妹が暑い中もってきてくれました。
ロシアケーキも美味しけれど、これもなんともさっぱりしていて、しっかりと焼きあがって美味しい。
クッキー好きの母のために、なんとしても食べさせたかったと。
b0116765_21435667.jpg

タイに行くならこれを買ってきてと行きつけのタイ料理屋さんのオーナに頼まれた
タマリンドのお菓子を持って娘夫婦がやってきました。
バナナチップにタマリンドというドライフルーツが挟まっていて、甘い中にちょっとだけ酸味
なるほど、なかなかいけます。
タイで日本人が作っているというので、箱には日本語が書いてります。
b0116765_21441171.jpg

大きいのを6本と小さいのが2本、ひまわりの花をブーケにして、私の好物の和三盆ロール(写真なし)も
はい、ありがとう。
b0116765_2145270.jpg



みんなが集まったら、夕飯くらい食べていってねと大急ぎでつくりました。
手伝うという妹は読書をしてもらい、母にはiPadでゲームーをしていてもらいました。
これで、思い切り台所を自由に使えます。
中トロのブツで手巻き寿司、生ものだけではとおいなりさんもつくってみました。
これは京都の出来あいの油揚げを使ったら、ちょいちょいと簡単です。
我が家のご飯土鍋は3合炊きなので、2回炊きあげることになりました。10分で炊けますからたいしたことありません。
いただいたお野菜がたくさんあったので、普段野菜不足の面々にたっぷりと食べてもらいましょう。
もちろん簡単ポテトサラダも
食べ終わる頃に、冷蔵庫にいくらを入れたまま忘れていたのに気付きました。
なんだかお皿が寂しいわけです。
見栄えはよくないのですが、どれも好評でした。
b0116765_21442196.jpg

サッカーを見ながら、おしゃべりをしながら、
「あー、ここのところ食欲がなかったのだけど、今日はいっぱいたべちゃった!」とみな口々に。
真夏の暑い夜、みんな元気でよかった!
さあ、夏休みまでもう一息頑張りましょう!
もっともわたしの夏休みは2日間休むだけですけど、土日をあわせれば4日間
ああ、楽しみ。
by shinn-lily | 2012-08-06 22:25 | 大切な場所 | Trackback