<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カウントダウン 気分はナーバス

私のコンデジはソニーのサイバーショットである。
たいていカメラを買う時は、その時期にわが勤務先の製品をお買い上げいただいたメーカを選ぶことにしている。
そのことからいえばソニーは選択肢になかったのだ。
それなのに、ソニーを買った理由は、同僚のfさんがこのカメラを使っていたから。
そのfさんはカメラに詳しいし、とびきり親切だから。
おそらくマニュアルを読まなくて済むだろうという魂胆であった。
その通り、テレビ接続のケーブルは?替えのバッテリーは?など、どれを買えばいいか全て指示を仰いだ。
このfさんが今月いっぱいで退社なさる。責任あるポジションを定年退職後、さらに勤務され65歳となったこの月末が42年間勤務された退職日となる。

先週末の所属部署主催の送別会には50人も集まった。小さな会社だから会社ごと居酒屋さんに移動したようなものだ。
社長をはじめ、勤務して1,2年の人も顔をみせた。
部屋は広いと言っても、戦場のような賑やかさである。
b0116765_5224465.jpg

各営業所からもメッセージが届いて、幹事が読み上げた。
「退職祝電か?」やじがとぶ。
次々とスピーチが続く、昔の思い出話しが多い。
納期が間に合わなくて一緒に冷や汗をかいたことも多多ある。

さて、わたしの番
「fさんがいなくなるととても淋しい、どうして淋しいかいくつか考えました。みなさんもそうだと思ったらうなずいてください」
理屈っぽいです、いつもワタシ。
「誰に対しても親切な人です」ウォーっとみんなの拍手
「拍手しろって言わなかったよ、うなずけと言われたんだよ」と声がとぶ。
「人の気持ちを想像できる優しい人である」拍手とうなずき
ご本人は下をむきっぱなし。
「fさん、どうしてみんなを見ないの」と声がとぶ。
「誰もうなずかないかもしれないから怖い」と本人が答えて、笑いの渦
「時間を気にせず、自分の仕事を最後までやる」夜遅くまでいるのよ、時間の観念がないのです(笑)
            ・
            ・
            ・
最後に
「fさんは誰よりも気働きができ、みんなのために、会社のために働いてくれました。
私たしたちはみんなその気働きに甘えていました。
いなくなった後が心配です。
会社を去るfさんもたぶん後のことが心配でしょう。
どうかずーっと心配して、私たちのことを忘れないでください。
本当にお世話になりました。有難うございました。」
b0116765_5241441.jpg

月末まであと3日、気分はナーバス、

今朝、パソコンを開けたら
「アフターサービスのためのメールアドレスです。これからもよろしく。」と
自宅のアドレスを記載したメールが届いていた。

ふーーー、
こういう人だから、余計淋しいのだ。
by shinn-lily | 2012-06-27 05:30 | 大切な時 | Trackback

これでいいですか?薔薇の化粧水

ihokoちゃんに薔薇のポプリの作り方を教えてもらいました。
あまりに美しく出来たので、もう一度up
b0116765_21354730.jpg


次に、これを使って薔薇の化粧水の作り方を教えてくれました。
材料は精製水 128円
グリセリン  319円(半分も使わない)
エッセンシャルオイル ありあわせ(野薔薇)
b0116765_21392829.jpg


さてお鍋で煮ます。
b0116765_21402199.jpg

すぐに、こんな具合に花びらから色が抜けます。
b0116765_214159.jpg

これにグリセリンとエッセンシャルオイルを入れて
もう出来上がりです
b0116765_21522150.jpg

意外と簡単・・・いえお安くこんなにたくさんの化粧水が出来てしまうなんて
お化粧品のあのお値段はいったいなに?

手頃な化粧水瓶がなくて、
結局精製水のはいっていた容器にまずはいれて冷蔵庫へ。 
2週間しかもたないって・・・!
少しずつ作ればいいのだけど、
えいと、全部いっぺんにつくってしまいました。
ここがだめなのね、繊細さがないのです。

さて
毎晩コットンに化粧水をたっぷり含ませて顔に張り付けて
自前のエステをやっているので
今夜はこの出来立て薔薇の化粧水を使いましょう。
冷たい化粧水がお肌に気持ち良く
ほんのり薔薇の香りにつつまれて・・・ああ、幸せ。

ところで、こんな色が濃くでたけれど、これでいいのかしら?
幸せではあるのですが、実は不安でもあるのです・・・・。
by shinn-lily | 2012-06-24 22:02 | 興味 | Trackback(1) | Comments(33)

キンチョウの夏・その前の梅雨

ご飯の支度ををしながら、背中から聞こえてくるテレビの音

自分探しなんかやめたらええねん
なんぼ追いかけたって自分の背中は絶対見えへん
そんなんやったら店でキンチョール探すほうが
絶対ええ

おっちゃん最近
先週かな、そのこと気づいてん


殺虫剤はキンチョール


そうそう、今更自分探しなんて no thank you
考えている間もなく、いつも明日がやってくる



頑張れ言われたら
頑張らなあかんと思うし
頑張りたいんやけど
何を頑張ったらええかようわかれへん

だからなんか気ついたら
キンチョール噴いとんねん
最近そんな大人が増えとんねん

殺虫剤はキンチョール



本当は頑張りたいのだけど、
頑張りようがない時もあるよね

夏の前のお役立
by shinn-lily | 2012-06-18 22:45 | まわり | Trackback | Comments(26)

20年前の親にタイムスリップした日

心が残っている。
みんな子供たちの小学校の頃に心が残っている。
だから親同士「会いたいですね」って言続けた。
あの経堂のお蕎麦屋さんで・・・よく親和会(父母会)の帰りに寄ったでしょって。
b0116765_239517.jpg

ドイツから、都内、神奈川から5人が集まった。再開は20年ぶり、嬉しい。
みんな当時と同じ、ちっとも変っていないと手をとりあう。
あの頃子供たちは輝いていた。真新しランドセルで毎日喜び勇んで学校へ通った。
親も子供の成長にわくわくしていた。

子供を宝石の原石を磨くように大切にきらきらと輝かせてくれた担任のH先生
素晴らしい先生だったとみなの気持ちが一点に集まる。
どうしてあんないい先生が・・・2年前61歳で天国に旅立たれた。
ひとしきりH先生の思い出話が続く。
ある年、
青森県今別のねぶたの祭り(荒馬)に集まる先生方のご一行に個人的に子供と二人で参加させていただいた。
竜飛岬まででかけたり、民営の温泉に出かけたり・・・思い出はつきない。
おはやしと、ラッセラーの掛け声を聞くとH先生が子供たちと踊られていた姿が目に浮かぶ
たった2年間の担任だっただけなのに、H先生は子供たちの中を嵐のように激しく力を込めて通っていかれた。
そして、その後に残ったものは干したふとんの陽の香りのような暖かで静かな宝物であった。

b0116765_2310199.jpg

いろいろあったわね、楽しかった子供たちの小学校の頃を多い浮かべながら、話はとまらない。
うーん、なるほど、へー、実はね、あの時、そうだったの、
なんだろう、この連帯感は?

みんなの近況
環境問題をテーマにドイツでお仕事をしている方。
お店をやっている方
ご両親の介護のかたわら子供の通っていた学校でお花を教え、ご夫婦で山を楽しまれている方
大学で教鞭をとっている方

そして最後は今後の暮らし方まで話がおよぶ。
・・・いいなぁこの空間

またドイツから帰っていらしたらみんなで集まりましょう、やっぱりおそばやさんがいいわね。
b0116765_23101979.jpg

それぞれの顔を今日も思い出している。



手打ちそば 経堂
世田谷区宮坂3-10-2
03-3428-4538
昼11:30~2:00 夕6:00~8:30
定休日月曜・火曜
小田線経堂駅より徒歩2分
玄関をがらがらと開けると靴を脱いで上がる
昭和にタイムスリップ、粋な小物、磨かれた室内は一見の価値あり
おすすめ、カレーそば 
by shinn-lily | 2012-06-10 00:02 | 大切な時 | Trackback | Comments(18)

親ばか同盟第1回サミットat箱根 2日目

陽が上ると外が見たくなる。
喜子さんを起こさないように、そーっとバルコニーに出る。
あ、今日は富士山が見える!よかった。
b0116765_041367.jpg

朝食へ一番のり、このせっかちリズムが合うから、気を使わなくて済む。
b0116765_043563.jpg

たっぷりととおしゃべりしながら朝食を済ませて今日のスケジュールを決める。

10時半頃出発
金沢在住の喜子さんは、緑はふだん存分に見ているので、文化をとのご希望
b0116765_051573.jpg

ということで、こちらにご案内
緑の中、ガラスのポーラー美術館が浮かぶように現れる
おりしも、印象派の企画展をやっていた。
b0116765_061979.jpg

どっぷりとその柔らかい光の色の中に心を置くと、気持ちまで柔らかになる。
描きたいなぁ、いつかゆっくり・・・・。
それにしても、ポーラ美術館所蔵の絵が多いこと、「化粧品って儲かるのね」と思わずわたしたち。
化粧品の会社らしく、近代の化粧関係のコレクションも面白い。

仙石原の小田急ハイランドホテルで前回飲んだ自家製ジンジャーエールのお話をしたら、ぜひ飲んでみたいと。
金沢は生姜が作れる北限だそうで、次回放送のゲストは「はじかみ神社」の宮司さん、
目下生姜に興味ありと伺えば、ぜひともお連れしたい。
絵画をゆっくり鑑賞したからお昼も過ぎている。
昨夜からお米を食べていない、じゃあカレーね。
そしてジンジャエール・・・・美味しい!
b0116765_072371.jpg

スタッフの方に、「このジンジャエールを頂くために来たのです。前回とても美味しかったので。」と申し上げたら
作り方を教えてくださった・・・たぶんつくれないと思うけど・・・・優しい。
太目の千切りの生姜が底し沈んでいる。
この甘い生姜がまたお菓子のようで・・・とせっせとストローで口に運んでいると
可愛らしい小皿に生姜がそれぞれに・・・「よろしかったらどうぞ」と
恥ずかしながら歓喜の声!
このホテルのサービスはいつもながら、有難い。
上質なサービスを受けて、また頑張って働く・・・こんな素敵な心使いは美味しいという以上に、心が元気になる。

さて、そろそろみんなが待っているから、御殿場に下りて我が家に向かう。
母と3人でよもやま話、そうこうしていると若い二人が迎えにきた。
今夜は「特製カレー」!!!と。
お昼もカレーだったことは内緒にと二人で打ち合わせ、2日前から一生懸命つくってくれたらしい。
娘たちの家へ移動、
なかなか腕をあげた。美味しくご馳走になって、私はひきあげた。
b0116765_092719.jpg


一緒にすごしたこの2日間で、喜子さんへの信頼が増したのが嬉しい。
頭の良い方で、二人のの幸せをただ祈るだけ、嫁の娘に対しての心使いに頭が下がる。
我が家の近所に住むことで、どんない寂しい思いをと考えると、ただただ感謝するばかりだ。
しかし、我が家と娘の家の距離が5分といえどもアメリカほどの距離感がある。
それでいいのだ。
子供たちは親の心配はしなくてよい。
そのかわり心配をかけることなく、しっかりと仲良くやっていって欲しい。
わたしたち親ばか同盟のゆえんはここにある。
喜子さんとはご縁があって、親戚となった・・・大事にしたいと思う。

喜子さんは翌日、大学の同窓会へ、なんとスカイツリー団体見学つき。
怒涛の3日間でしたね。
月曜日、お疲れでのびていないかと心配で、一瞬だけ放送を覗いた。
いつもの元気いっぱいの喜子さんの笑顔がパソコンの画面に広がっていた。
by shinn-lily | 2012-06-03 00:29 | | Trackback | Comments(24)