カテゴリ:宿( 5 )

もんちゃん、どうしているかな? 星野リゾート箱根界

この動物はなんだろう。
b0116765_21561753.jpg

夜行性なのか、朝、部屋の窓から見つけたときから動かない。体長は20センチほど、体と同じくらいの尾っぽは5本目の手ののごとく、木にまきつけている。
猿の動きではない。リスでもない。その様子はものぐさな「なまけもの」ようだ。

箱根の奥湯本温泉、早川の川沿いにある星野リゾート箱根界で連休の1日を過ごした。
名門旅館「桜庵」を東日本大震災の後客足が鈍ったため星野リゾートが買い取ったとのことで、
建物の中にあちらこちらに桜の模様が見られる。

部屋はそれぞれ玄関をもっている。離れの雰囲気である。
b0116765_21543216.jpg

長い廊下
b0116765_215565.jpg

その先に部屋が広がる
b0116765_21554420.jpg

緑が目にまぶしい
たぶん和室2部屋続きだったところに手を入れ、
手前にベッドが2つ、境に窓を向いてソファー、畳の部屋の向こうは額縁の中の絵のようだ。
可愛らしい風呂敷の中は歯ブラシ、櫛、コットンのセット
b0116765_21595637.jpg


お風呂は川に面して半露天風呂
檜のお風呂に張られて温泉の湯は緑の葉の色で染まっている
b0116765_2231291.jpg

このお風呂が温度もよくて、心休まるしつらえである。
ただただ手すりがない大風呂は最近では初めてで、残念であった。

お食事は食事処の個室で
きっと元は大広間であったのだろう、うまく仕切られている。
夕食
b0116765_22103127.jpg

朝食
b0116765_22121326.jpg

ロビーにエスプレッソマシンが用意されていて、自由にいただけるのが嬉しい
b0116765_22131823.jpg


老舗旅館のように手をかけない。
合理化して価格を下げながら、施設の良さを体感できるように手を入れてある。
スタッフがやや不慣れなような感は免れないが、一生懸命である。
昨年の12月にオープンしたことを考えれば、これからだ。
桜の頃にまた来たい、
そうまた行ってみたいと思わせるだけの力はあった。

「もんちゃんはどうしているのかな」
じーっと木の上にいるだけなのに、星野リゾート界のなによりのおもてなしであった。
スタッフに聞いてもこのもんちゃんにの話は聞いたことも見たこともないというのだが。
by shinn-lily | 2013-05-06 22:32 | 宿 | Trackback

 一人温泉お勧めの宿 別府明礬温泉 岡本屋旅館

どうして、旅館は男風呂の方が大きいのですか?
女性なら、誰だってそう思うでしょ。
これは、のびのびと大きな男風呂、女性の露天風呂はこの半分くらい
b0116765_21574678.jpg

そりゃ、昔は社員旅行が隆盛で、男性客がおおかったかもしれないけれど
だいたいそういう方々は飲んで騒いで、寝てしまえばよいので、
男尊女卑とはひがみませんが、ゆっくりお風呂を楽しむのは女性です。
最近では、男風呂と女風呂が交代制のところもあるけれど、そんなけちなことをしないで
女性用を大きい方にすればいいと思いません?


で、わたしこの大きな男風呂に入ってきました。

こんな風に書いてあるもので
by shinn-lily | 2010-11-01 08:55 | 宿 | Trackback | Comments(28)

TOUR JAPAN 日本をめぐる 横浜

街が装うこの時期
毎年、パシフィコ横浜から桜木町の駅まで、美しいイルミネーションを見ながら歩きます。
まず最初に
b0116765_22144380.jpg

緑のツリーは
b0116765_22162147.jpg

ビルの中のイルミネーション
b0116765_22183657.jpg
b0116765_22185895.jpg

締めはスワロスキーのツリー
b0116765_22192125.jpg

展示会を終えた安堵感と、街の美しさと、年末の慌しさを感じながら
今年ももうわずかと気を引き締めながら帰路に着くのです。
by shinn-lily | 2007-12-08 22:30 | 宿 | Trackback | Comments(4)

THE FLOWERS FOR WELCOM 出迎えの花々

b0116765_7362590.jpg
箱根武蔵野吟遊は予約がとれなくて有名な旅館です。昨年暮れ、小田急デパートの記念キャンペーンで予約権利に当選し、2人分を4人に増やしてもらい、行ってきました。宿泊券でもなく優待券でもなく予約権なのです。それでも楽しみに出かけたのですが、さすがとうなりました。
ここは武蔵旅館が火事で消失した後、継ぐ予定のなかった旅行会社に勤務されていたご長男が世界のホテルを見てきた経験で作り上げた旅館です。
特徴は各部屋に温泉露天風呂、和室、ダイニングがあり、実に住み心地よくできています。もちろんおもてなしも一級、若い仲居さんは笑顔をたやしません。そしてお値段も他の高級旅館に比べれば納得です。1泊、堪能しました。
朝食ですが 蓋があいてませんね。
b0116765_7493981.jpg

帰りに翌年の当日を予約してきました。1年前からの予約で、土日はほとんどその日でいっぱいにうまってしますそうです。こういう商売をしたいものです。
(2006年12月)
by shinn-lily | 2007-09-09 07:58 | 宿 | Trackback | Comments(4)

THE FLOWERS FOR WELCOM 出迎えの花々

玄関の花々は旅人を静かに出迎えてくれます。
伊豆北川温泉「望水」では海を望む窓際にさりげなく。
      
b0116765_2142768.jpg

ここ「望水」は気持ちの行き届いた旅館でした。建物は新しくはないのですが、心でサービスをする姿勢に商売とはなにかを考えさせられ、都心からの遠さを十分カバーするものでした。
           朝御飯
b0116765_2115125.jpg

翌日は車が洗車され玄関前に。
by shinn-lily | 2007-08-26 21:19 | 宿 | Trackback | Comments(0)