カテゴリ:興味( 76 )

もう一度観ようかな、ラ・ラ・ランド


多くの方がすでにご覧になっているであろう「ラ・ラ・ランド」

b0116765_21564970.jpg


楽しかったわー。
燦々と降り注ぐカルフォルニアの太陽や、
苦しみながらも夢の実現に向かう若者たち、
皮肉な会話も粋に
往年の美人女優に比べれば大つくりの顔立ちのエマ・ストーンのエネルギーが元気よく伝わってくる。

b0116765_21564671.jpg


ライアン・ゴズリングのピアノも切なく、メロディーが頭に残る。

b0116765_21561952.jpg


かつて憧れたアメリカがそこにあり、
トランプ氏の言動で傷ついたアメリカが、私の心の中で復活した。
いろいろな国からやってきた人々が文化を作り上げてきた。
自由という空気の中で夢をおいながら。
「アメリカ」っていいな。理屈はなし。
ダンスも音楽も夢のアメリカに誘ってくれる。
冒頭の高速道路上の全員ダンスは、まさしくインド映画の中で全員が躍るシーンをパクった感じ、人間の心の中にある祭りが繰り広げられる。
肩がはらないで、楽しく・・・そうそう現実社会がシビアだからせめて見る物は気楽で楽しくね。

60年代にフジテレビで「テレビ名画座」というのを毎日やっていた。
3時~5時で、最初は毎日同じ映画を繰り返し、途中からは水曜日か木曜日に変わる二本立てになった。白黒だったし、主にヨーロッパ系の映画だったのだろう、、画面全体が暗かった。子供にはわけのわからないことも多かったけれど、なんとなくこの時間が楽しくて小学校から帰ると毎日見ていた。毎日同じなのに飽きなかった。
やがて、「マイフェアレディー」「ウエストサイド物語」「サウンドミュージック」などのミュージカル映画が劇場でつぎつぎと上映され、スクリーンが明るく美しくなって、うきうきした。
「ラ・ラ・ランド」はそんなうきうきした心が再びもどってきたような映画だった。

映画やドラマって、二度目に見ると最初に気づかなかったことに気づくことがある。
ああ、ここに伏線が貼られていたのだ、
ああ、ここでこんな風に言っていたのね
だから、もう一度見てみたいな。
もう一度、あの音楽を聴きたいな。

ところで、映画やドラマなら何度も見ることは可能だけど、人生は一度だから、
見落として生きていることって、多いのだろうな・・・怖い!



画像は「映画.com」からお借りしました。
by shinn-lily | 2017-03-16 22:17 | 興味 | Trackback

褒められながら生きてゆく花の不思議


中学の生物の時間にかえるの解剖に恐れをなしたことは覚えています。
けれども、それ以外生物の時間になにを学んだか、思い返してもなにもかえってきません。
ところが、じぶんから興味を持ち始めると、いろいろと調べてみたくなります。

事の始めはこのアネモネ
b0116765_15245246.jpg


大好きな赤なので、庭の片隅に植えてみましたが、よくよく見るとなんと美しいのでしょう。
俄然めしべとおしべに興味がわいてきました。
おしべまで赤いのです。
この赤い部分はなんと呼ぶのでしょう。
で見よう見まねで、花の構造を復習してみました。
b0116765_14242925.jpg

この部分は花糸(かし)というのですね。

そんな目で花をひとつひとつ見れば、それもそれぞれ違う形です。
梅ははなびらに比べておしべ、めしべがとても長くその美くしさがきわfだっています。
b0116765_15202551.jpg

がくの部分も白梅の彩となっています。
b0116765_13403481.jpg

b0116765_15235754.jpg


それにくらべてぼけはめしべおしべが短いです。
b0116765_15262280.jpg


シャコバサボテンのめしべは際だっていますね。
b0116765_1342247.jpg


クリスマスローズはいろいろな表情をみせていて種類も多いのが楽しいです。
店先で、ついついはなびらの中を覗いていみます。
b0116765_13413285.jpg


ミモザはめしべおしべが花のほとんどをしめているのでしょうか。
b0116765_1343185.jpg


最近はやりのイベリスの中心部分はなんとも複雑です。
ちいさな花がたくさん集まって一輪の花のように見えています。
b0116765_13434934.jpg


そういう意味ではこの花も同じ構造でしょうか?
b0116765_13425440.jpg



寒いのに軒下で頑張って咲いているゼラニウムのおしべめしべはなんともおくゆくしいです。
b0116765_13423681.jpg



シクラメンは下からのぞかなければ見えません。
b0116765_1342715.jpg


平凡に見えるマーガレットも中心部分はよくよく見ると一筋縄ではないようです。
b0116765_13421833.jpg


花かんざしは白の中に黄色がアクセントになっています。
b0116765_13395464.jpg


ヒマラヤユキノシタは黒の花糸は印象的です。
b0116765_13395889.jpg


可愛い
綺麗
美しい

賛辞を浴びて生きてゆく花ですが、本人たちは知ってか知らないか、それぞれの生き方をしています。
種を繁栄させるために、それぞれの役割のため、すこしづつ形をかえて生き抜いてきたのでしょう。

花を観察して、その不思議に触れることは、
ひとりよがりのこんな絵を描く時に背中を押してくれます。
b0116765_1353636.jpg

by shinn-lily | 2017-02-12 15:53 | 興味 | Trackback

そろそろ終わりそうなので「君の名は」を見る


昨年の夏から上映、ロングランを続けている「君の名を」の評判の高さに、ずーと気になっていました。
「すごく良くて2度見ました」
「全然たいしたことなかった」
の2つの意見の中
母は
昔の映画「君の名は」のイメージを壊したくないから見ないといいます。
さてどうしたものかと考えているうちに、とうとう1日2回の上映になりました。
それでもこんなに多くの人が見ているのだから、一応見ておこうかと
強引に誘い出した母と本で読んだという妹も呼び出して3人でみました。

久しぶりのシネコンでしたが、チケット売り場は全て券売機に変わっていました。
かつて娘は学生時代にここでアルバイトをしていました。
オレンジと青の制服を着て働いていたころはワーナーの経営でした。
今はEIONシネマですから、雰囲気も変わりました。
そういえば知らない間に、60歳以上の割引特権は55歳からに拡大されていましたが、1100円となっていました。

b0116765_22272511.jpg


ともかく美しかったです。
飛騨の田舎と(実際には新海監督の故郷長野がモデルらしいのですが)と東京の都会がそれぞれの美しさを誇るでもするようでした。
田舎が美しいのはともかくとして、「あっ、東京が美しい!」と思ったのは新鮮な気持ちでした。

b0116765_22273080.jpg


エンディングロールが終わって劇場が明るくなると
妹は「涙がでるほど、よかったー」と言い
私と母は「なんだかよくわからなかった」と言いました。
あの世とこの世、、田舎と都会、三葉と瀧
帯じめを紡ぐように、つながってゆきます。
なかなか難しい内容です。
地域の伝統や言い伝えを基に進むストーリーには伏線があり、あとになってきずきます。

b0116765_22273461.jpg


一コマ一コマの映像が今も印象深く残っています。
見てよかったと思います。
実写でなくてアニメでよかったと思います。

b0116765_22265315.jpg

こんなに難しいのにロングランが続いているのは、理屈ではなくそのあたりにあるのかもしれません。
今は早くテレビで放映してくれないかなと願っていますから。
アカデミー賞にノミネートされなかったのは、わかるような気がします。
この紡ぎ合う縁についてはアジア地域の人こそ感じることが出来る特別な感性ではないかと思いました。





画像は公式サイトからお借りしました。
by shinn-lily | 2017-01-28 23:06 | 興味 | Trackback

人と旅と読書 出口治明氏の考え方

人が好きである。
淋しいとか恋しいというのではなく、人というのは実に不思議で、魅力があり、
これまでどれだけの人々と会い、別れ、すれ違ったのかとふと考えることがある。
たわいもないおしゃべりに気持ちが楽になるのは、「頭のマッサージ」と友は言う。
名言、名言と笑いあう。

旅ももちろん好きである。
日常から離れて異文化の空気に浸るのは、人生の楽しみである。
知らない駅で電車を降りて歩くのも旅のひとつで、わくわくする。
自分の目で見て、感じることは、のちに血となり肉となる。

そして本があればいくらでも楽しい時間が送れる。
未知の世界へ、他人の人生へ飛び込むことができる。

この3つの人生の楽しみがいかに大切であるか語る方は60歳にしてライフネット生命を創設した
現ライフネット生命会長の出口治明氏である。

「講演では写真もツイッターもFacebookもご自由にどうぞ、
何故なら私はネットで仕事を始めた人間ですから」

では1枚失礼して

b0116765_0412952.jpg




人間が新しい発想を持つためには、この3つがかかせないと語る。
はい、私もそう思います。


人とは誘われたらまずyes、どんな人ともまず会ってみる
そこから得るものは多いと言う。

旅とは現場に行くということを意味する。
現場に行くと、考えていたこととは違う風景に遭遇する。
仕事もまず現場を見ることが大切だという。


本選びは古典は間違いがない、長い年月を経て残っているものは価値があると。
そして新聞の書評はあてにできると言う。
出口氏も読売新聞の書評委員をなさっているそうで、他の委員の大学教授の皆さんは真剣そのもので書評に取り組んでいるそうだ。
しかし、私はこの新聞の書評が苦手だ。
どうも専門的すぎて、読む気になれない。

出口氏がどんな場所をどんな風に旅をしたか、
どんな本が愛読書か、この本に書かれている。

b0116765_01935.jpg



この本を読んでいると、出口氏と会話しているようで、楽しかった。
次に読む本は出口氏の愛読書の中から1冊選んでみた。
また、新しい門が開かれる。
by shinn-lily | 2016-09-11 00:40 | 興味 | Trackback

おまかせしたい方はどなた?


男性のしぐさで素敵だと思う瞬間がある。
座る時にさりげなく背広のぼたんをはずすしぐさだ。
まわりの男性方でこのしぐさをスマートにする人はまず見たいことがないので、わたしのチェックは画面の中、つまりドラマや映画の中の役者やタレントのしぐさが大半なのだ。
好みでいえば、無意識に自然にはずしている感じが良い。

さて、かつてのトレンディドラマをわかせた石田純一さんが都知事選に出馬し、あっという間に撤回した。
それに比べて自民の公認がとれなくても姿勢を変えない小池百合子さんは肝がすわっている、さすが女性だ!
ここで政治論争をするつもりはないが
神奈川県民で投票権もないのに、参院選よりは興味がわいてくる。

その石田純一さんは撤回宣言のために椅子に座った時、背広のボタンをはずさなかった。
いやはずす余裕がなかったのかもしれない。
「不倫は文化」と世を騒がせたかつてのプレーボーイの素の姿もなかなか愛嬌があってよかった。
とはいうものの、またまた違う方向でお騒がせな方だ。
ちなみに私は石田純一氏のファンでもアンチでもない。
ただ、かつてのトレンディードラマの主役がボタンをはずさずに座った姿がふと目にとまっただけである。

b0116765_21542381.jpg


なにはともあれ
ボタンの外し方がスマートであろうとなかろうと、
女性であろうと男性であろうと、
自分の身より都のあり方に覚悟を持っていどめる人に
世界の中の巨大都市、東京をおまかせしたいものだ。
公示日に出揃うであろう人を期待を込めて待っている。
by shinn-lily | 2016-07-12 22:12 | 興味 | Trackback

研ぎ澄まされた若者たち

私の住む川崎地区のスーパーでは「フロンターレ応援バナナ」を売っている。
フロンターレの練習場も寮も近所にある。
ということで、現在暫定一位、優勝への手がかりをつかめるか重要な試合を日産スタジアムで観戦。
b0116765_23321477.jpg

早めに会場に到着。
マリノスの選手も会場入りしたようですね。
b0116765_23323842.jpg

試合開始まで、可愛いみんなが観客を楽しませる。
b0116765_23331554.jpg

いよいよ選手入場!
b0116765_23342586.jpg

アウェイのフロンターレ応援団
b0116765_23351843.jpg

ホームのマリノスの応援団
神奈川県内のチームの対決となった。
b0116765_23362333.jpg

観戦は娘に労われながら、娘婿の解説を聞きながら
b0116765_2337175.jpg

大久保選手のゴール数が165から
b0116765_03062.jpg

PKを決めて166に増えた。
フロンターレのこの日の2得点目となった。
b0116765_23525985.jpg

熱闘の結果
b0116765_23375820.jpg

マリノスを無失点で抑えたフロンターレの勝利。
b0116765_23391343.jpg

戦い終わり
お疲れ様でした。
b0116765_0415931.jpg

戦い終わり
お疲れ様でした。
b0116765_0431972.jpg

戦い終わり、
お疲れ様でした。
b0116765_23453113.jpg

私たちの打ち上げ
b0116765_23464057.jpg
b0116765_2347022.jpg


体ひとつで戦っている、男たちの姿は美しかった。
頑張れば良いという世界ではない。
結果を残さなければ、この世界に居場所はない。
研ぎ澄まされた若者の姿を目にやきつけた。
b0116765_23492837.jpg

人生初のサッカー観戦は刺激的な体験となった。
by shinn-lily | 2016-06-12 01:16 | 興味 | Trackback

「コピック・スケッチ」で空想の世界を遊ぶ


絵を描くのに才能が必要だとしたら、私は絵を描く資格がない。
自分のことだからそのあたりは十分にわかっている。
けれども、筆を握っている瞬間が好きだ。
いつかはまた学生時代のように油絵を描いてみたいと思うが、道具立てがめんどうで手がつかない。
では少しの間やっていた水彩は?
やはり仕事の合間にというとなかなか手軽にというわけにはいかないのだ。

そしてやっといい道具に巡り合えた。
建築家やイラストレーターが使うプロ用のマーカーの「コピック・スケッチ」である。

b0116765_22178.jpg


一方がフェルトタイプのマーカーでもう一方が筆仕様になっているので、まるで水彩画を描くような感覚で描くことができる、

b0116765_2212360.jpg


ただ、1本400円ほどするのが、つらいところだ。
全部で358色以上あるから、お財布がゆるせば色には困らない。

b0116765_2215076.jpg


「コピック・スケッチ」を使って無心に絵を描いている時間が楽しい。
何を描こうか考えるのも楽しい。


b0116765_222741.jpg


雑誌やかつて写した写真をくくる。
絵の中にストーリーが描けた時は嬉しい。
紙と色と一瞬の出会いが新しい世界をつくってくれる。
現実ではなかなか実現出来ない空間で自由に遊ぶ、至福のひとときだ。
by shinn-lily | 2016-03-29 22:06 | 興味 | Trackback

海街diary 映画を見てコミックを読む

スペイン旅の機内で見た映画、「海街diary」が印象に残っていた。

b0116765_16405871.jpg


鎌倉で暮らす香田幸、佳乃、千佳の3姉妹が、15年前に家を出た父の死をきっかけに異母妹のすずと出会い、身寄りのなくなったすずを引き取り、共に4人で暮らし始め る、という物語だ。長女・幸を綾瀬はるか、次女・佳乃を長澤まさみ、三女・千佳を夏帆、浅野すずを広瀬すずがそれぞれ演じる。姉妹の恋愛や街で暮らす人々の悲喜こもごもをゆったりと語るような映画であった。


吉田秋生作のコミックが原作である。
知り合いが6巻まで持っているからと早速持ってきてくれた。
ずいぶん前に坂本龍一氏が吉田氏の作品を絶賛していたことから興味を持ったとのこと。

b0116765_1642067.jpg


コミックは苦手で読めるか心配であった。サザエさん以来かしら?
書き込んだ絵ではないので読みやすいと言われ、読み始めればあっという間に読破。
映像と重なって楽しひたったひと時であった。

コミックではひとりひとりの個性が大げさくらいに表現されている。

b0116765_16424718.jpg


映画はくともかく美人女優勢ぞろいだ。黒目がちの目がいっそう見る者を引き込んでゆく。
四女のすずちゃんはものすごい美人なのに、可愛らしさとあどけなさがこの映画をパステル色に彩った。
原作に忠実にコミックがカラーになったと感じた。
一年をかけて撮影した鎌倉の四季や、もう忘れられたような古い日本の家屋での生活を見ていると、何度も行ったことのある鎌倉にまた行ってみたくなる。
これが是枝裕和監督の手腕なのだろうか、すずちゃんには(本名もすずちゃん)台本を見せないで口伝えに台詞を教えていったという。

b0116765_1643179.jpg


父親の葬式にすずが喪主の挨拶を義理の母におしつけられそうになった時
会ったばかりの異母姉妹の長女幸は
「それはいけません。おとなの仕事を子供におしつけてはいけません」
と毅然と言い放つ。

すずが女子サッカーでスポーツ特待生として誘われている学校に行くには、姉妹と離れて寮生活になる。
すずは自分で決めなければならないのだがとても悩み、まわりの人々がそのすずを心配する。
その時次女の上司とカフェの主人が言った。
「悩めることは幸せなことだ。時間も選択肢もない者は悩むことさえできない」と。
そういえば物語のはじめすずは幸が一緒に暮らそうと誘った時、即座に返事をした。
そうするしか自分の場所がないと知っていたから。
今は選択肢があるのだ。

b0116765_16435189.jpg


この先どうなるかは、今月に発売された第7巻に語られていそうだ。

ところどころに、はっとさせられる言葉が織り込まれ、うまくいくこともいかないこともひっくるめて海街の人々の暮らしと想いが綴られている。
コミックを読んだらもう一度映画を観たくなってしまった。



その他の配役
大竹しのぶ:佐々木都役
  幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)の実母。
堤真一:椎名和也役
  看護師の長女幸(綾瀬はるか)が働く市民病院の小児科医。
加瀬亮:坂下美海役
  信用金庫で働く次女佳乃(長澤まさみ)の上司。
風吹ジュン:二ノ宮さち子役
  幸、佳乃、千佳が幼いころから通っている海猫食堂の店主。
リリー・フランキー:福田仙一役
  喫茶店・山猫亭の店主。
前田旺志郎:尾崎風太役
  四女すず(広瀬すず)の同級生で、所属する湘南オクトパスのチームメイト。
鈴木亮平:井上泰之役
  四女すず(広瀬すず)が所属する湘南オクトパスの監督。幸(綾瀬はるか)の働く病院にリハビリ医として勤務。
池田貴志:浜田三蔵役 
  三女千佳(夏帆)が働くスポーツマックスの店長。
坂口健太郎:藤井朋章役
  次女佳乃(長澤まさみ)の年下の恋人。



画像は映画の宣伝写真・コミックからお借りしました。
by shinn-lily | 2016-01-10 16:55 | 興味 | Trackback

無駄もまたよし

そりゃあ、私だって、すっきりと物がない部屋、余分なものを持たない生活をしたいといつも思っています。

「フランス人は10着しか服を持たない」
(ジェニファー・L・スコット著 大和書房出版)


未だに平積みになっている本を買って読めば、そんな生活に近づけるのかしら。

b0116765_7194762.jpg



以下アマゾンサイトより
内容(「BOOK」データベースより)
間食はせず、食事を存分に楽しむ。上質な物を少しだけ持ち、大切に使う。日常のなかに、ささやかな喜びを見つける。典型的なカリフォルニアガールだった著 者は、フランスの貴族の家にホームステイすることになる。その家を取り仕切るマダム・シックから学んだ、毎日を“特別な日”のように生きること。

ご親切に目次まで記載されています。

◎目次 Introduction 日常が突然、特別なものに見えてくる

Part 1 食事とエクササイズ
Capter1 間食はシックじゃない
Capter2 食べる喜びを我慢しない
Capter3 面倒がらずに体を動かす

Part 2 ワードローブと身だしなみ
Capter4 10着のワードローブで身軽になる
Capter5 自分のスタイルを見つける
Capter6 ノーメイクみたいにメイクする
Capter7 いつもきちんとした装いで
Capter8 女らしさを忘れずに

Part 3 シックに暮らす
Capter9 いちばん良い持ち物をふだん使いにする
Capter10 散らかっているのはシックじゃない
Capter11 ミステリアスな雰囲気を漂わせる
Capter12 物質主義に踊らされない
Capter13 教養を身につける
Capter14 ささやかな喜びを見つける
Capter15 質の良さにこだわる
Capter16 情熱をもって生きる


いいな、いいな、こんな風に生活できたらいいな。
目次を読んでいるだけでフランスの香がただよってくるような・・・
だた「フランス人は」と一般化してしまうのはよくないわね。
フランス人だっていろいろでしょう。ね。

でも最近みつけた本の見出し

「迷ったら、二つとも買え!」
(島地勝彦著 朝日新聞出版)

を見て、我が意を得たりという気分です。

b0116765_7201245.jpg


以下アマゾンサイトより
内容(「BOOK」データベースより)
「節約」「貯金」だけの人生でいいのか?思い切り無駄遣いして、センスを磨け。お金は使ってこそ、はじめて「武器」となるのだ。人生の肥やしとなる無駄遣 いは、自ら進んでするべきだ。無駄遣いの喜びと“知る悲しみ”を知ることで、センスは確実に磨かれる。そして、センスよく使ったお金は、必ず何倍にもなって手元に戻ってくる。その繰り返しこそが、豊かな人生を築く礎となる。柴田錬三郎、今東光、開高健らの薫陶を受けた元『週刊プレイボーイ』編集長が伝授する「上質な無駄遣い」のススメ。

だいたいね、1シーズン10着を選定して上質な生活を営むためには、かなりのセンスが必要とされますよね。
まさか、若者みたいにTシャツとGパンで1シーズンを暮らすわけにはいかないし、それなりのTPOに即した服装を必要とされる年代ですもの。
安いからと衝動買いをしたり、可愛いからと家には似合わない雑貨を買ったり、清水の舞台から飛び降りてブランドのバッグを買っても使い勝手が悪かったり、無駄な買い物をたくさんして失敗して、次第に自分の世界を作ることが出来るようになるのではないかしら。
そうでなければ自分に似合う10着など選ぶことがでるはずがないわ。
高価なものをしまっておかないでふだんから使うといっても、ただ高価なものを揃えれば良いというのでもないでしょう。本当に価値があるかどうかは、選択眼が必要ですもの。
選択眼は無駄という経験を持って出来ていく場合が多いのではないかしら。
なんにでも好奇心があって、古い良さを残した上質なものと同じくらい新しいものにも興味があり手をだす気持ちを持っていた方が人生は楽しく過ごせそう。

ちなみに、この2冊の本を読んでいませんが、これまでたくさんムダな本を買った経験から案内文だけ読めば、買う必要はないのではないかしら。
本屋さんには申し訳ないけれど立ち読みで終了ね。
ほら、週刊誌だってかつてを読んだ経験から電車の中吊りか新聞に出る広告を見るだけで満足してらっしゃる方が多いのではないかしら。

お金だけではなく、暮らし方も、おつきあいも、仕事も、旅も遠回りする「無駄」ってかなり貴重なのではないかなと、最近肩力を抜いて暮らしています。
高効率の生活ばかりをめざすのではなくいわゆる「スローライフ」というのでしょうか。

目指すはセンスの良い無駄遣いかしら?これはかなり難しいそう。

厳しい暑さの真っ盛り

b0116765_7141629.jpg


みなさま
暑中お見舞い申し上げます
by shinn-lily | 2015-07-28 08:20 | 興味 | Trackback

NHK語学講座が面白い


人間がバベルの塔を作ろうとさえしなければ世界の言葉はひとつ、外国語学習の苦労なんぞなかったはず。
まあ、ともかく今年もNHKの語学講座が新年度スタートをした。

私はといえば、いつまでも壁の前でうろちょろしていて、上達しないハングルをまたイチから学ぶことになる。
「テレビでハングル」は講師とアシスタントは変わったが、人気バンドのFTアイランドは今年も出演する。昨年は人気の俳優チョンイルがスキットドラマに出演してボーナスをもらったような気分になったが、今年はどんなドラマが始まるのであろう。

さらに、耳慣らしの意味で「おとなの基礎英語」通称「おと基礎」を録画して、出勤支度の時間に耳を傾ける。
「おと基礎」の2014年下半期は再放送だったのでスルーしたが、今回は新作、松本茂先生と太田エイミーは続投、生徒役の坂下千里さんにかわって高橋真麻が出演している。
坂下千里さんはお洋服が素敵で見るのが楽しかったし、明るいキャラクターだったので、少し寂しい気がする。

b0116765_9534070.jpg


こちらは早速スキットドラマが始まり、旅行雑誌の取材のために女性記者がサイパンに到着したところからスタートだ。
毎日15分という短い時間なのでとっつきやすい。

b0116765_10145760.jpg


さて、どうした録画操作のミスか、「テレビでマルマル語」シリーズが他にずらっと録画されていた。

b0116765_9544484.jpg


ロシア語はサンクトペテルブルグが舞台、ロシアの若い女性はお人形みたいとぼーっとみた。いつかきっとサンクトペテルブルグに行くぞと前から思ってはいるのだが。

b0116765_9575826.jpg



好奇心を駆り立てたのは、「テレビでアラビア語」

b0116765_959963.jpg


生徒役の戦場カメラマン渡辺陽一氏が生徒役。
舟を間違えてしまって日本に帰れなくなったカメラマンに、いっそのことならこの際アラビア語を勉強したらという講師とアシスタントに「そうします」と答える渡辺氏。


b0116765_9584732.jpg


スキットドラマはいきなり暗号をとくところから始まり、興味をそそぐ。

b0116765_9594858.jpg


昔ハングルをソウルの街で見た時、人をばかにしている文字かと思ったが、アラビア語にも似た感覚を持っている。まったくとっかかりがないからだ。
ところが、今日とっかかりができた。
「アラビア語は右から読みます」
「えー、そうだったのか!」
「くねくねしている蛇みたいな字はすべて子音です」
「へー?」
「上にある点やくねったマーク、これが母音です」
「えー、これが母音!」

b0116765_1021084.jpg


アラビア語まで学ぶ能力は持ち合わせないが、なんとなく二度目もみたくなる番組構成である。

b0116765_1022912.jpg


語学を学ぶことはその背景にある文化に触れることになる。
それが、楽しくて仕方がない。バベルの塔に感謝しなければならない。
わたしにとって挨拶程度の会話学習は、かなり楽しいお遊びのひとつである。なにしろ中間テストも期末テストもないから気が楽だ。
そのかわり当然いつになっても上達をしないので困ってもいる。
頭も固くなっているもんね。
by shinn-lily | 2015-04-05 10:24 | 興味 | Trackback