カテゴリ:クッキング( 31 )

レタスが高くても、まあ我慢しましょう!


わが家のダイニングと呼んでいるすぐ近所のDファミレスでシーザースサラダを頼みました。
「今レタスが高いので、あまり入っていませんがよろしいでしょうか?」
「ああ、本当に高いからしょうがわないわね」
ということで、運ばれたシーザースサラダ、なんだか寂しいわね。

b0116765_16303531.jpg



レタスが400円以上、確かに高いのですが、まあ、ケーキやコーヒーを考えれば、一時期のこと、しょうがないとあきらめます。
ところが、高いゆえに売れないのでどれも店先でしんなり、
それで結局、今は我慢しましょうということになります。


レタスの茎に楊枝を2,3本さしておくと、葉が茶色にならないとテレビかラジオで聞きました。
こんな時ですから、試してみました。

b0116765_16304788.jpg



これはまだレタスが198円だった頃買ったものです。
サンドウィッチなどにささやかに使いながら、まだ色が変わっていません。
これまでは、茎を使うごとに切り落としていましたが、この方法は効果がありそうです。

b0116765_16304277.jpg


科学的理由は・・・うーん、忘れてしまいました。

今はキャベツも柔らかくなってきてサラダに美味しいですね。
レタスがない時は他のお野菜で補えまよいのです。
もうすぐ小松菜が出てくると、農家の販売所で聞きました。
冬のほうれん草や小松菜、白菜
お鍋の季節も近づいてきました。
時の速さに急き立てられます。
by shinn-lily | 2016-10-16 16:46 | クッキング | Trackback

ミツカン「やさしいお酢」がお気に入り

初物の筍は例年通り筍寿司に

b0116765_2210986.jpg


寿司めしは米酢で

薄切りにした筍は油揚げとじっくりと煮て、さっと寿司めしにまぜるだけ
筍が出まわると、かならず庭の山椒も芽を出していて、毎年そのたびに春の喜びを味あう。

ランチなので、おかずはサラダだけ

b0116765_22104045.jpg


レタス・サニーレタス・ルッコラ・を人参と新玉ねぎの千切りドレッシングであえて、さっとゆでたいかで味を引き締める。

サラダには「やさしいお酢」を愛用

酸味がひかえめでツーンとしない

「やさしいお酢」が出まわる前には、酢の物をつくる時は米酢を出汁でわって味を柔らかくしたが
今では、サラダと和え物はこちらばかりを使っている。

b0116765_22114968.jpg


オリーブオイルとの相性もよい。

b0116765_22112761.jpg


好物の鰯と新玉ねぎのオイル漬けは、「やさしいお酢」に「米酢」を少し混ぜるとしっかりとした味になる。


急遽、あるものをかき集めてつくったランチでも、好みの味つけで心やすらぐ春の集いになった。
by shinn-lily | 2016-04-03 22:22 | クッキング | Trackback

料理男子のための「白菜ひき肉鍋」レシピ

職場の後輩の男性と話しをすると、たいてい料理の話題となる。
油を使えるようになったので、唐揚げができたと嬉しそうに語ることもある。
炒め物は食欲全開とコマーシャルをやっている「Cook do」を使う傾向にあるようだ。
でも、待って!
Cook Doを使わなくても簡単に料理できるのよ。
というわけで、ときおり社内メールでレシピを流している。

第1回目の電子レンジでつくる焼き豚は、みんなけっこうつっくってくれたようだ。
第2回シーチキンの混ぜご飯は「お弁当に持ってきた」と報告してくれる男子もいた。
概して寡黙な男子が多く、なんにも反応のないことが多いのだが、巷ではレシピが転送されたり話題になっている気配もあるからめげずに、本日第3弾

白菜ひき肉鍋

簡単簡単、
我が家の小さい時からのお気に入りメニューです


材料:白菜1/4
   豚ひき肉200g~300g
   コンソメスープの素 1 ありあわせのものでよい 
   サラダオイルorラード(味が際立ち濃厚)大匙2程度
   にんにく半かけかチューブのにんにく
   好みでうどん ・ すだち、柚子など最後にひとひらのせる


まず大き目なフライパンかおなべを用意しましょう。

①白菜はおおざっぱに白い部分と葉の部分を別けて1センチくらいの細切りにする

b0116765_20541010.jpg


②鍋に油をひき、あまり温度があがらないうちににんにくをいれて香りをつける。
③ひき肉を炒め、白菜の白い部分を入れてざっくりと混ぜる。
④少し火がとおったら葉の部分もいれる。

b0116765_20543653.jpg



⑤水が出てくるので、弱火で白菜がやわらかくなるまで煮る。
水があがって来ない時は半カップほどの水を入れる。
⑥スープの素をいれてなじませる。
⑦味を見て、塩で自分の好みに整え、胡椒をふる。

⑧うどんを入れて一緒に煮ても美味しい。 ご飯の上にざばっとかけても美味しい。 好みで醤油を少し。

b0116765_2055638.jpg


さあ、鍋のまま食卓にどうぞ。
山ほどの白菜がしゅーんと小さくなるから、味が凝縮して美味しい。
旬の野菜をたくさん食べて、風邪をひかないようにね。


「つくりました。美味しかったです」という言葉を期待しているが
その声がなければ
「どう、つくった?美味しかった?」とめげずに声をかける。

ささいなことでも、会話のきっかけになるのだ。
若い男性には「うるさいおばさんと思われているのだろうな」と思いながら....
by shinn-lily | 2015-12-15 20:59 | クッキング | Trackback

昨日の続き まずまず


さて、昨日のつたない絵コンテ?はかなり役立ちました。
強力な助っ人女性二人は、なもう十年以上一緒に働く仲間ですからあ・うんの呼吸です。
1時間ですっかり出来上がり、片付けもきっちり済みました。
出来上がった時は達成感!
低予算でもなんとか見栄えよく



b0116765_11401178.jpg



b0116765_11414122.jpg



b0116765_1144543.jpg



b0116765_11395042.jpg



「こんなに美味しいのがあるのに、寿司を食べたらもったいないですよ」
と若者が声をかけてくれました。
寿し折はお土産に持参した人もおおく、
まずまず、皆様に喜んでいただけたようで、ほっとしました。

となると次回はどうしましょう。
by shinn-lily | 2015-10-10 11:59 | クッキング | Trackback

計画メモ


会社の懇親会で、寿司の折詰めを手配しましたが
ちょっとおつまみも欲しいというリクエストがありました。
懇親会の準備は手をかけないこと、時間をかけないことが条件です。
つまり仕事の合間にちょこちょこと準備をしなければなりません。
懇親会予算からやっと3000円をねん出

お手伝いは女性が二人、1時間の勝負ですからすばやくとりかかれるように準備しました。
用意した材料をリッツの上に手際よくならべられるでしょうか?

b0116765_2192052.jpg



さて、どんなものが出来るでしょう。明日のお楽しみ。
by shinn-lily | 2015-10-08 21:22 | クッキング | Trackback

9月の西瓜

今はもう季節はずれだから美味しくないだろうなと考えながら、西瓜の前でしばらくたたずんだ。


長野産でとびきり大きい。
1290円の値段では考えられない大きさ。
冷蔵こに入らない。

でも、買った。


b0116765_1047945.jpg


今年は、なかなか美味しい西瓜にあたらなかった。

天候のせいだろうか。
こだま西瓜を含めて6個
昨年は確か9個
熊本から始まって、鳥取、長野、群馬、神奈川、千葉、秋田、山形、青森、、北海道と西瓜前線が進んでいく。
せっせと買ってたべたっけ。

ああ、美味しい!今年の西瓜の中で一、二を争うほど。つくづく、西瓜好きだと自覚。
買ってよかった!

b0116765_1047365.jpg


鯵の良いのが手に入った。骨を抜いて、軽く酢でしめて

b0116765_1048198.jpg


庭の紫蘇をたくさん摘んで、

b0116765_10485735.jpg


京都の白ごまをたくさん入れて、鯵寿司を作った。

b0116765_10491678.jpg


美味しいものばかりで困った!

b0116765_10492627.jpg


食欲の秋だものね!
by shinn-lily | 2015-09-13 11:10 | クッキング | Trackback

連休の朝のお楽しみ


3連休、暑さの中でうだりながら暮らしています。
少し前に体調をくずしたこともあり、ここのところ仕事以外はお休みはなるべくゆっくりしています。

お休みの朝6時頃に起きて涼しいうちに、お料理の新作を試すのはわたしの楽しみです。

ラパンさんが体によさそうなキヌアのお料理をupされていたので、わたしも作ってみました。
キヌアにあわせたのはありあわせのお野菜
きゅうり、ピーマン、紫玉葱、それにたくさんいただいたミニトマト
塩、酢、オリーブオイルで薄味をつけました。

b0116765_23491896.jpg


キヌアはよく見ると、一粒一粒から芽が出ているので、なんとも可愛らしいです。
2日目の方が味がしっとりと馴染んでいました。

友人にもち米をおすそわけをしたら、すぐに中華おこわをつくって写真が送られてきました。
この季節らしく枝まめの彩が美しく
とても美味しそうなので、レシピを送ってもらいました。
具は私なりに海老、鶏肉、鶉の玉子、人参、牛蒡、

b0116765_2348451.jpg


クッキングホイルに包んで、蒸して美味しくできました。
サランラップに包みなおし、冷凍庫へ。
お昼ご飯やお弁当に重宝しそうです。

b0116765_23494774.jpg


じぶんなりに工夫しながら、無心に料理をしている時間は、わたしのくつろぎの時間です。

        

そんな時の音楽はハングルの勉強もかねてソン・シギョン氏のバラードアルバム。
歌詞はあまりに甘い恋がつづられていますが、なんとも温かくて優しいメロディーラインと声を聴いていると気持ちが優しくなります。
その優しい気持ちはお料理にもつたわったでしょうか?
by shinn-lily | 2015-07-20 00:03 | クッキング | Trackback

春一片


「ちょっと寄ります。」
「はいはい、お昼に来るなら軽く用意しておきますよ」

ちょこっと作るつもりだったのですが、

寿司めし7合、海苔10枚、
玉子焼き、干瓢、でんぶ、キュウリ、中トロ、長ネギ
おいなりさんも16ケ

さあ、召し上がれ~♪

b0116765_22592696.jpg


でも、明日の私のお弁当分だけは残しておいてね。
by shinn-lily | 2015-03-15 23:05 | クッキング | Trackback

赤蕪


赤蕪を見ると、つい買ってしまいます。

b0116765_17192767.jpg


こんな風に切って

b0116765_17194486.jpg


塩でしんなりさせて

b0116765_1720242.jpg


お酢、砂糖、塩、昆布だしで液をつくって
ぎゅっ、ぎゅっと絞って漬け込みます。
1日たったらお味を見て、お酢を足したり、お塩を足したり
3日もたてば、全体がこんな色になります。

b0116765_17205391.jpg


なんと穏やかな赤色でしょう。
この色が見たいから
赤蕪をみると、つい買ってしまうのです。

b0116765_1721826.jpg


さあ、どうぞ。
by shinn-lily | 2014-12-13 17:22 | クッキング | Trackback

自家製ジンジャエール


わが家で今年の夏のヒット
新生姜を使ってジンジャーエール

新生姜をよく洗って、千六本に切り
鍋にいれて水と砂糖で煮込んで、生姜シロップを作ります。
生姜も食べますから、食べやすい程度の堅さまで煮込みます。

b0116765_004991.jpg


ソーダーでシロップをわるだけです。
時には焼酎を少し入れて楽しみます。
自己流なのですが、これはなかなかです。

b0116765_0162.jpg


実は、甘酢生姜を作る時、茹でこぼしのお湯に砂糖をいれて煮詰め
ソーダでわったところ、これがなんとも言えず美味しかったので、わざわざ作るようになりました。
生姜の味がぴりりと効いて、カナダドライには負けません。

b0116765_0124295.jpg


新生姜は甘酢漬けは私が担当
紅生姜作りは母が上手です。
おまけに、茗荷の甘酢漬けもつくりました。

新生姜もそろそろ終わりですね。
今年、最後の仕込になるかもしれません。
by shinn-lily | 2014-08-29 00:16 | クッキング | Trackback