カテゴリ:上海( 5 )

MY SHANGHAI 上海から郊外へ 同里

「江南の春」という言葉にずっと憧れをもっていました。
中学の漢文の教科書にでてきたと記憶しています。
その江南「同里」は上海から約80キロ、宋の時代からの街と水郷の風情、
夏の終わり、私達を静かに迎えてくれました。
b0116765_2220665.jpg
b0116765_22202922.jpg
b0116765_2221383.jpg

この時の旅はあちらこちらで抗日デモがあって、日本人の観光客がぐんーと減っていた時期でした。3泊4日の旅の間、私達専用の車とガイド付きということになりました。
4日間もお世話になるのだから、運転手さんとガイドさんにチップをあげたいと考えたのですが、
こういうとき、現地の物価でよいのか、日本の感覚がよいのか、もちろんもらう方としては多いほうがいいには違いないのですが・・・全く世慣れない私達です。
前の晩さんざん悩んだ結果、ガイドさんに200元(約3200円)、運転手さんに100元(約1600円)この日の朝ガイドさんにそれぞれホテルの封筒入れて渡しました。
その中身を運転手さんは私達が水郷を見学している間確認したらしく、帰ってきた私達をこの人がこんな笑顔ができるのかというほどの満面の笑みで迎えました。
「喜んでくれてよかった」と考えるのか、「あ、多すぎた」と考えるか、ともかくその後も私達は気持ちのよい旅を楽しむことができました。
平均収入1000元から2500元。
いまだに同里観光と運転手さんの笑顔忘れられない「江南の夏」でした。
2005年9月
by shinn-lily | 2007-12-20 22:45 | 上海 | Trackback | Comments(6)

MY SHANGHAI 上海で茶館

ユン・チアンのワイルドスワンには文化大革命前には茶館で日長楽しむ老人の姿が書かれています。
そして、それらの茶館が文化革命でみな無くなってしまったことも。
杭州の茶館は雰囲気がありましたが観光用で庶民には贅沢なものでした。
上海の茶館はもっとあかぬけて、おしゃれでしたがとびぬけて一部の人向けでした。
廊下を入っていくと
b0116765_21454686.jpg

個室に分かれていて
b0116765_21521251.jpg

れいによって理解しがたいおつまみがでてきます。プチトマト、梨、竜眼に西瓜。
b0116765_21562712.jpg

龍井茶にバラの香り、美しく可愛らしく、さわやか、
b0116765_21552594.jpg

でも、私はおばあさん達と街の片隅でゆっくりとお茶をすすりたかったですよ。
by shinn-lily | 2007-12-18 22:03 | 上海 | Trackback | Comments(6)

MY SHANGHAI 上海を歩く

上海は歩くのが楽しい街です。
歩くのが楽しい街は・・・
治安が良い、歩道がある、人々が穏やか、お店がビルの中に入っていないで、路面に面している、手ごろの休憩場所、お茶を飲むところがある、疲れたら気軽にタクシーに乗って移動ができる、物価がほどほど
なんて欲張り、言いたい放題
でも上海はおおかた満たしています。
そしてなにより有難いのが、漢字の看板が読めるということ、これで楽しさは倍増です。
豫園の側の豫園商場、お土産、文具、お菓子、お茶が中心
b0116765_22415647.jpg

スターバックス アジアの旗艦店
b0116765_22491939.jpg

メインの道をちょっと入ると
b0116765_22502994.jpg

いろいろな表情がいっぺんに集まった街、
どこで出会う人も「今」を享受しているように思えました。
(2005年秋)
by shinn-lily | 2007-12-14 22:55 | 上海 | Trackback | Comments(0)

MY SHANGHAI 上海の観光地 豫園

上海に観光地といわれるところは、わりに少ない。
豫園は上海を代表する庭園で、明の時代に役人が父親のために作ったものだそうです。
b0116765_21475925.jpg

現代にもってきても素敵な窓
b0116765_21483754.jpg

塀の上を龍が巡り、家を守る
b0116765_21513596.jpg

こういう庭園をみると
周の時代の「酒池肉林」という言葉をつい思い出してしまう。
快楽の極地をを求め、池を酒で満たし、地には裸の女を並べる
この池がお酒で満たされていたらなんて・・・
親孝行のために造られた庭園なのにね。
2005年秋
by shinn-lily | 2007-12-10 22:01 | 上海 | Trackback | Comments(4)

MY SHANGHAI 上海の朝

朝、その土地の人々の生活が始まる様子を見ている時
自分が旅人だということを強く感じます。
決して、日常に入り込むことができないのです。

この日ホテルで朝食をとりながら街を眺めていると、清掃をする人、鳥かごをもって木にかけて日向ぼっこをさせている人、そして広場には次第に集団が。
b0116765_213520100.jpg

グループができてくると始まります。
b0116765_21362875.jpg

こちらはバンドの川岸
b0116765_21375864.jpg

近代化したビル群の朝もやも次第に晴れてきます。
b0116765_21392590.jpg

2005年春ニューヨークを訪ね、夏の終わりに上海をおとずれました。
ニューヨークではカフェでコーヒーを買い
"HAVE A NAICE DEY!" "YOU T00!" と挨拶をかわし、
上海では朝の運動に参加させてもらいました。
それぞれの国の朝の始まりでした。
by shinn-lily | 2007-12-09 21:48 | 上海 | Trackback | Comments(2)