カテゴリ:庭( 12 )

小さき者たち


あ、もう花が咲いたのね。

b0116765_14272636.jpg


ひとつひとつの花がどんなふうに咲き誇っているか
こんなに小さいのに、誇り高きその姿に感動する。
照りのある鮮やか緑の葉に目をやるばかりで
毎年、なんとなく見ていた小さな花がこんなに美しい様相だったとは!
生まれて初めてバジルの葉との出会いだ。


皐月と皐月の間から顔を出している花の不思議さは
花の付け根まで同じパープル
花の一部のように太く星形の花を支える

b0116765_14415019.jpg


蕾はコロンと
花はパッチリ
小さく小さくその姿を誇る、やぶ蘭の魅力も初め気が付いた。

まもなく緑の小さい実をつけ、やがて紫のつやつや実に変わる
紫式部の花は、毎年うっとりと見入る

b0116765_14421155.jpg


咲き誇るサルスベリの花や
短い命をもえつくすように鳴く蝉たち
ささやかに咲く小さきものも
それぞれの夏が、今日もまた過ぎてゆく。
by shinn-lily | 2016-08-14 14:45 | | Trackback

珍客万来

「地球は人間のものだけではない」というのはよく知っているつもりだが
「我が家はわたしたちのもの」よね。

例年の比でなくうっそうとしてしまった庭の木々、狭い庭ゆえ歩く場所もなくなって、いつもより早く植木屋さんにはいってもらった。

そこで発見されたのが、さざんかの木の枝の中にあった10センチ大のスズメバチの巣
ああ、無防備な自分たちが枝を落とそうなどと考えなくてよかった。

b0116765_2157958.jpg


叔母がくれた山椒の木が、叔母の後を追う様に枯れてしまったのは、白アリの仕業であった。
片付けてもらったら、中はすっかりと空洞になっていた。

b0116765_21573658.jpg


猫は子猫を従え、我が家を休息場としている。子供の時から猫好きな私だが、
毎朝の糞掃除にはまいってしまった。勝手に濡れ縁に上がって、汚していく。
猫を傷つけたくないから、なにかいい方法がないか困っていると時にその植木屋さんが教えてくれたのは正露丸!
早速あり合わせの正露丸を全部撒いたところ、まあ、匂うわ、匂うわ・・・・今年最後のくちなしの花の香りも台無し、夕方そよっと風が家の中を通りぬけても正露丸の香りつきとなってしまった。おかげさまで猫は来なくなった。

b0116765_2204560.jpg


それにしても、
ムシムシするので、普段締めっぱなしにしておいた雨戸もあけたい、いやまてよ。鳥の鳴き声がさかんにしていたからもしや・・・案の定雨戸の戸袋の中は乾いた苔がたくさん持ちこまれ、ここから雛が巣立ったようだ。ゴミ用のトングを持ってきて、掻き出し、掃除機をかけた。

b0116765_21584274.jpg


そんな話しを娘たちにしていたら、婿がこれ見てくださいと。
携帯の動画は二匹のハクビシンが塀の上で向き合って威嚇しあっている。
サッカーを見ようと早起きしたらガラス窓の外にいたという。
そういえば、わたしも、先日夜、駅から帰る途中猫ではないけれど、しっぽと顔が長い動物を見た。
これもハクビシンだったのだろう。

b0116765_21581234.jpg


多摩丘陵に位置する我が家のまわりの丘や山は木がどんどん伐採され、マンションが建設されていく。
住む場所を失った生き物を邪険には扱いたくないのだが、どうもきみが悪い。

b0116765_21592069.jpg


雨になると玄関の前にちょこんと座っているかえると皐月の葉の間をちょろちょろ動くとかげとは仲良くしているのだけどねぇ。
by shinn-lily | 2015-06-29 22:05 | | Trackback

束の間の春の光を浴びて


待ちわびて
b0116765_1417336.jpg

光を浴びて咲き誇る
b0116765_14172143.jpg

チューリップに託してみようか
b0116765_14182996.jpg

秘かに咲くムスカリも
b0116765_14193832.jpg

「わたしだって」とつぶやいている。

忘れるわけない。
by shinn-lily | 2014-04-06 14:22 | | Trackback

庭作業

昨日買ってきたみにトマトの苗を早く植えなければと庭に出れば、
b0116765_2154190.jpg

一斉にのびだした枝が気になる。
咲き終わったクレマチスの剪定をまず手始めに終えた。
b0116765_21553386.jpg

ただいま屋根の修理中、
足場が組んであって、狭い庭のこと、歩く場もない
b0116765_21571283.jpg

最近の足場は建築法でとても厳しいらしく、がっしりと家を囲む。
b0116765_2159373.jpg

むかしだったら、丸太が組んであって、職人さんは軽々と歩いてたのに
というわけで、階段までついているので、ちょっと上ってみると
もう二階にあがっただけで足がすくむ、屋根にあがってみたいのだけど、
なにしろ高所恐怖症、降りるのもそろそろと
b0116765_2204368.jpg



無心に枝を切り、草を抜く
こんな風に家で毎日ゆっくりガーデニングでもやれたらいいのにと思う。
若い頃は、家の中まで、観葉植物とお花でいっぱいにしていて
手入れも子供が寝た夜にやるほど、凝ったものだ。平和な時間だった。
いろいろあると、人間の生活を優先しなければならなくなる。

植木屋さんが剪定すると、時期によっては花芽を切ってしまうので、花が終わったこの時季のものだけは
切りこんでおきたい。
ふといい香り、含笑花、地味な花なのに素敵な名前を持っている。
ジューシーミントの香りは季節の贈り物だ
b0116765_2210449.jpg

梅の実がどんどん落ちてしまう。子孫を残すのには歳をとり過ぎた古木だ。
若い南高梅は摘実をして隙間を開けたが、出来はどうだろう。
b0116765_2218626.jpg

昨年は放射能を恐れて全て廃棄した。今年は少し買い足せば、梅干しか梅酒は作れるかもしれない。
そういえば、山椒の実がだいぶついている。
足場がはずされる来週にならないと摘むのは無理なようだ。
b0116765_22185895.jpg

足元には茗荷の葉がだいぶ出てきた。職人さんに踏まれてしまわないか心配だ。
なにしろ、茗荷は大好物、買ったものがいやになるほど、香が良い、
頑張れ、茗荷!
b0116765_2247119.jpg

ほうずきの小さな小さな実もついていた。お盆までに色づいてくれれば、お仏壇が明るくなるのだけど。
b0116765_22211571.jpg

墨田の花火(紫陽花)も着々と咲く準備、これが咲くころはもう梅雨に入る・・・ああ季節の移り変わりの早いこと
b0116765_22594039.jpg

朝、ちょっと庭に出てトマトを植えるだけのつもりが、午後1時。
お昼をありあわせで、さっと食べて
はい、ゼラニームの片隅にちょっとお邪魔して
b0116765_22294162.jpg

こんな風に植えて、本日は終了に。
b0116765_22302837.jpg

300円の苗、元が取れるか?
いえ、お弁当の隙間をちょっとうめられればいい。
パセリ、イタリアンパセリ、バジル、ローズマリー、ペパーミント、それにミニとまとがこれで揃った。

ああ、よく働いた!
成果はダンボール2箱、肥料袋1袋の草と枝也。
by shinn-lily | 2012-05-20 22:56 | | Trackback

みんなと同じワタシ

精神科医であり、作家でもある加賀乙彦先生の著書「不幸な国の幸福論」という本の中に興味深いことが書かれていました。

日本と欧米では心の病の現れ方がずいぶん違うというのです。
著者がフランス最北部フランドル地方の県立精神病院に赴任した折に患者さんの話しに耳を傾けると、
「他人と顔や心が同じになってしまった。」
「みんな(誰か)と同じだと思われている」
「自分の独自性がなくなってしまう。」
と悩むそうです。

日本では
「私はみんなと違ってしまった。だから嫌われ、悪口を言われる。仲間はずれにされている」
という悩みを切々と訴えるというのです。

農耕民族であった日本人と狩猟民族であった欧米人との違いでしょうか?
で、はたしてワタシは?
パーソナルタイプ分析によるとワタシは分析型と正反対の感覚型で、みんなと同じがいやな性格であるとありました。
この型の人間に物を売る時の禁句は「これはよく売れています」というのだそうで、「これは特別です」とすすめなさいと。
それはその通り、書店で平積みになっている本を買うのは嫌いです。でも自分で買わないで人に借りたり、
平積みから書棚にもどったのを見てから買ったり、かなりいいかげんです。
どこかで、みんなと違うワタシでいたいと思いながら、やっぱり日本人的にみんなと同じも心やすらぐのですもの。
ああ、本当にいいかげん!

ということで、みんなと同じワタシ
by shinn-lily | 2010-03-05 18:54 | | Trackback | Comments(24)

岩太郎

岩ヒバの岩太郎は4月に我家の家族になりました。
b0116765_1705899.jpg

時々、すねてみせます。
ひきこもって、私の相手をしてくれません。
b0116765_172585.jpg

どうしたの、たくさん大好きなお水をあげるから、
ね、顔を見せて!
気をつかってあげると、やっと機嫌がなおりました。
b0116765_171129.jpg

可愛いやつです。
by shinn-lily | 2009-07-03 17:09 | | Trackback | Comments(12)

咲いた

咲いた
b0116765_16281847.jpg

福寿草


咲いた
b0116765_16291984.jpg

紅梅


咲いた
b0116765_1630388.jpg

河津桜


これまで咲いた
b0116765_16304334.jpg

君子蘭


今日はあたたかいですね。
春までもう一息ですね。
by shinn-lily | 2009-02-15 16:34 | | Trackback

AROUND ME   暑いですね、いえ寒いです!

b0116765_1749373.jpg

紫陽花が終わりかけると、庭の木々は威勢よく伸び、花がすくなくなります。
そんな中、この可愛らしい花が咲いていました。
紫式部の花です。この花ひとつひとつが紫色の実になります。
b0116765_17524338.jpg

もみじの新芽はこんな可愛らしい紅色です。
新芽はみんな浅い緑かと思っていました。今年の大発見!
b0116765_1754241.jpg

私の可愛いアスパラ君、100円ショップから我が家に来た時はミニ観葉直物でしたが、
今や玄関番に格上げです。

もうすぐお盆です。
お盆ちょうちんを組み立てました。
b0116765_17575589.jpg

梅雨明けも近いのでしょうか?
夏本番、蒸し暑くなってきました。


そんな中クーラがききません。壊れました・・・・。
今頼んで帰ってきました。
ポイントが10倍ついて、今はお買い得ですといわれても、今も明日もない!
今日が暑い!
ポイント17600点、気持ちは寒くなりました。
by shinn-lily | 2008-07-06 18:09 | | Trackback | Comments(11)

AROUND ME 6月1日

ああ、久しぶりの快晴
緑が目に染みます。
3年前に挿し芽をした紫陽花、「墨田の花火」が今年は4輪つぼみが開き始めました。
赤ちゃんから育てたので咲くのが待ちきれず、はい、1枚。
b0116765_16195573.jpg

柿の実がつかない柿の木、今年は3,4個成りそうです。
b0116765_16201559.jpg

近所の友人から生地を破格でだしますからとsaleに先駆け連絡がありました。
洋裁も出来ないなにのに、山ほど買ってきてしまいました。綺麗な柄にふらふらと。
どうしましょう?
b0116765_16241033.jpg

あ、これはyumiyaneさんのニットのために
プレゼントです。
つめ放題300円、アメリカから仕入れたそうです。
b0116765_16255369.jpg

近々、おおがかりなsaleを予定されているそうです。
素敵な生地がいっぱいありますよ。写真撮影の背景にいかがですか。場所は百合丘駅の近くです。
日にちが決まったら、このブログでご案内します。
by shinn-lily | 2008-06-01 16:36 | | Trackback | Comments(6)

AROUND ME 今年初めて、そしてお別れ

今日はとても暖かい一日でした。
今年初めて庭のかえるの声がしました。
冬眠から目覚めたかえるがないています。

そして今日同僚をひとり失いました。
治療をしながらも昨年の社員旅行には元気で参加してくれました。
2月の末にお見舞いに伺った時、緩和ケア病棟でした。
いつも優しく、本当に優しく、
最後にお会いした時も同じように優しく
お元気だった頃と少しも変わらず・・・・
寂しいです。

これからかえるの目覚めの声を聞くたびに
必ず藤井さんの顔が浮かぶことでしょう。
明日のお通夜にはお人柄でしょうね、
安城まで新幹線で何人もの人がうかがいますよ。
4人のお子さんも、奥様もきっと頑張ってくれますよ。

でも本当に寂しいです。
ご冥福を心からお祈りします。

b0116765_21515068.jpg

by shinn-lily | 2008-03-11 21:57 | | Trackback | Comments(6)