もう締め付けないで!

小さい時、母に連れられて映画「風と共に去りぬ」を見たときに妙にこの場面が残っていました。

b0116765_17130446.jpg
スカーレットオハラはこんなに美しいのに、コルセットで息も出来ないほどウエストを絞っているのです。
そういえば、ちょっと前まで、女性下着のメーカーが、私たちを「天使のブラ」などと優し言葉で、「寄せて上げて」としめつけて美を追求しておりましたわ。
ところがここ数年、どうやら私たちを縛り上げていたワイヤーがワイヤレスのものや、ブラトップ7に主役を譲り始めました。
b0116765_17125310.jpg
美を追求するために女性を締め付けなければならない時代にそろそろ解放への兆しが見えてきたのかしら?
締め付けたところが、赤くなったり、痒くなったりするのは、どうやら私だけではないようです。

だいたい、昔の絵画の中に見るヨーロッパの女王は堂々たる体格でしたよね。
痩せていると貧相に見え、太っていることが豊の象徴であった時代もあったのです。
その後、オードリーヘップバーンの細見の可憐さが人々を魅了してらというもの、世の中の大半の女性は「痩せなければ」という気持ちを心にかかえて生きることになってしまいました。

ところが
マツコ・デラックスさんをはじめ、柳原可奈子さんも可愛らしく、渡辺直美さんの軽やかな姿が世の中を席捲し、人間の魅力ってなんだろうと、素敵なな風を吹かせてくれました。

女性のありかた、美しさが多様化してきたのは喜ばしいことなのです。
でも、ふと立ち止まります。
「ありのままでよいのよ」という時代になりつつあるのならば
問われるのは自分のありのままの姿!
締め付けれられるより、もっと努力のいる時代になったのかもしれません・・・。


下着メーカー様
この調子で締め付けないで美しく見える製品への追求、
今後もどうかよろしくお願いします~






by shinn-lily | 2017-07-16 15:03 | まわり | Trackback
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/26991958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏の勝負  只今1勝3敗1引き分け 2017年 ソウル ドラマのよ... >>