女性が働き続けること④ 自分にいいきかせたことを少し

女性が仕事をする場合、まだまだ男性との格差があるのが現実だ。
それでも格差に文句を言うより、女性自身が社会で実績と実力をつけることがまず先だ。
私がこれまで働いてきた中で自分に言い聞かせてきた言葉を整理してみた。
b0116765_16105735.jpg


①周囲とは良い関係を保ち、信頼関係を構築する。子供のことで突然早退する時など応援してくれる。

②上司には敬意を表する。気に入らない上司でも、もし自分が失敗した場合は上司が責任をとるのが縦社会だ。

③女性同士の悪口を言わない。言えば、必ず自分にもどってくる。噂話の好きな人はいず職場を失うのを何度も見てきている。

④チャンスは握ってはなさない。長い間働いているとキャリアアップのチャンスが突然おりてくることがある。自信なくても他の人が出来ると期待してくれるのだから、チャンスはしがみついて頑張りぬく。そこに次の自分の場所が出来上がる。

⑤出る杭は打たれる。打たれても出るのが杭の実力。信念をもってやったことなのに、目立ったがために足を引っ張られることがある。そこであきらめてはおしまい。頑張り通してこそ、実力がついていくのだ。

⑥保育園や学童保育に預ける子供を不憫に思わない。少子化の中大勢の中で育つことは悪いことではない。プロにめんどうをみてもらい、親子だけの神経質な空間よりはよっぽど良い場合もある。愛情は他のことでカバー。

⑦自分のストレスを子供にぶつけない。

⑧お金を得るために働いているという自覚をきちんともつ。

b0116765_16103611.jpg

思い通り実行してきたことも、いまひとつ思い通りにいかないこともあった。
辛い時に、これらの言葉を引っ張り出しながら、それでもその時その時精一杯やってきた。
今の女性は私などよりもっともっと賢く頑張っている。
今も病棟を走り回っている女性看護士さん、スーパーのレジをうっている女性、ビルの清掃をしている年輩の女性、畑の草をとっている女性、学校の先生、活躍している女性は数限りない。年金事務所の年配の女性も親身になって相談を受けていた。

男女共に同等の評価を得られる社会ならば、「女性活躍社会」などと言わず、男女がそれぞれの持ち分であたりまえに働くことができる。
b0116765_16063375.jpg
そんな日が必ずくると信じている。



by shinn-lily | 2017-07-01 22:21 | 大切な場所 | Trackback
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/26962374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2017年 ソウル ドラマのよ... 大切な時間を大切な友と過ごす >>