2017年 ソウル ドラマのように⑨ 奉恩寺へお参り ホテルへ戻る

shinn-lilyさん、ここどう?

オンニーの一言の提案でチソンちゃんは混んでいる道をうまく進んで、奉恩寺の駐車場に車を入れてくれた。

おりしも、お釈迦様の誕生を祝う灌仏会(かんぶつえ)を前にして華やかな提灯が飾られている。

b0116765_21574339.jpg

日本では4月8日と決まっているが、こちらは旧暦で5月3日が灌仏会にあたるようだ。

空が色を失う頃、提灯の華やかさが増す。

b0116765_21590276.jpg

韓国の街にはキリスト教の尖塔が多くみられるが、まだ仏教の存在も大きいだと実感する。

寺のまわりの路も色とりどりの提灯で飾られている。

b0116765_22051407.jpg

北朝鮮のミサイルを心配しながらソウル入りしたのに、街が生き生き明るい印象があったのは、あちらこちらで見るこの提灯の明るさだと気づいた。

江南の高さを誇るビル群の中で、威風堂々とその存在感を示すこの寺の境内には別の空気が流れている。

人々の心をいやす手伝いをしているかのように、ライラックが良い香り放っている。

日本と違う、多くのアジアの国に見られるような太い大きなお線香でお祈りをさせていただいた。

b0116765_22005316.jpg

キリスト様の前でもアラーの神の前でも、ヒンズーの神々の前でも、そしてブッダの前でも

身勝手にも、どの宗派の神様にもすがりつく。

b0116765_22003301.jpg

どこの国でも手を合わせ、頭を垂れる。

それにしても日本の仏教は中国や韓国から日本に入ったのになにか大きく違う。

楽しげな動物の張子は台湾の寺でも見かけたが、日本にはない。

b0116765_22012006.jpg

ブッダの姿はどの国も明るい。話しかけたくなるほどだ。

それに比べて日本の仏像は静謐で思わず頭をたれたくなる。

他国の国の仏教に触れるたびに、この違いはどこからきているのかといつも疑問に思う。


日本からのVIPが喜ぶというユッケののったビビンバで夕食、

b0116765_22014199.jpg

オンニーはヘルシーな食事を選択。


b0116765_22020555.jpg

新羅ホテルまでの帰り道は噴水が見える橋を通ってくれた。道路は噴水の下になる。

b0116765_22022789.jpg

ホテルのお部屋でみんなでお茶を!

ソウルタワーが緑にライトアップされていると大気汚染は少ない

オレンジだと大気汚染注意!

チソンちゃんの説明に、みんなで緑のソウルタワーを見る。

b0116765_22031094.jpg
朝3時半に起きて長ーい1日

だが、まだまだ終わらない。

チソンちゃんは江南(カンナム)自宅へ、私たちはホテルのサウナへ、

洋服を入れたロッカーが見つからず、オンニーとタオルを体に巻き付けてうろうろ

部屋にもどり、ベッドにもぐってまたおしゃべり

それは、まるで小さい時からの友達のように際限なく続き、そして知らない間に寝入っていた。



by shinn-lily | 2017-06-05 22:36 | ソウル | Trackback
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/26905404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 女性が働き続けること③ 1日半の箱根リゾート >>