ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑲旅を終えて思うこと

ミャンマーは今、アジアのラストフロンティアと注目されています。
日本・英国からの独立・軍事政権・民主化運動・アウンサンスーチー氏の解放とヤンゴンは1歩ずつ、いえ100歩ずつくらいの速さで未来に向かっています。

アウンサンマーケットです。

b0116765_22382897.jpg


お釈迦様が入り口で出迎えます。

b0116765_2238209.jpg


生活用品や土産物の量の多さは、今この都市の活気を見せてくれます。

b0116765_22383810.jpg


近くには、日本でいえば紀伊国屋ともいえるスーパーもありました。

b0116765_23551266.jpg



この賑わいは動乱の中で人々が作り上げたものです。
アジアの国々で感じる、人間の生きていく力の大きさを感じます。


ガラスの宮殿 インド人作家アミタブ・ゴーシュ は著書「ガラズの宮殿」(新潮社)の中で

b0116765_22371459.jpg


インドから流れ着いてた孤児の生涯を通して、最後の王朝から独立運動までのミャンマーの姿を語っています。
支配される国の不運はひとりひとりの人生を翻弄していきます。
ミャンマーの土の上を少しでも歩いたので、そこに暮らす人々を愛おしく思います。
今、明るく元気にくらしている人々の陰にどれだけの犠牲があったかを考えずにいられません。

アウンサンスーチー氏の父上、アウンサン将軍は暗殺されました。
英国風のモダンな建物のオーナーが一室を執務室として提供していました。

b0116765_22423936.jpg


精悍な風貌は

b0116765_22391778.jpg


その家族が遺志をついだのでしょうか。

b0116765_22393725.jpg


現在はこの建物はレストランとなっています。


今、軍事政権から民主化への道をたどっているミャンマーに対して、先をあらそうように多くの国が経済進出をしています。
それに対して、日本は他の国に遅れをとっているそうです。
おりしも、私のミャンマー滞在時にアンサンスーチー氏は日本を訪問し、阿部首相と会っています。

b0116765_22425778.jpg


ガイドのチョーさんは私たちに支援のお礼を告げました。
そういわれても、なんとお答えしてよいか・・・。

今回の旅は観光地とはいえ都市から離れた場所までおとずれましたから、まだまだインフラが行き届かず、手作業の道路工事や

b0116765_22384738.jpg


観光客に群がってものをせびる子供たちも多く見てきました。

安部総理の支援のもくろみはもちろんみかえり、つまり中国包囲網を想定して友好国をつくること・また今後の日本企業の進出などがあるのだとは思います。
それでもそんな子供達がきちんと教育を受けられるように、あるいは被差別民族のロヒンニャの人々が定住地を持つことができるように、あるいはさまよう生活ごみの廃棄のシステムが構築され、貴重な文化財が保護されるような支援であればと願うのです。

たくさんの感動と希望を秘めた旅から4か月が過ぎました。

b0116765_23514992.jpg


ミャンマーですれ違った多くの穏やかでいながら強いまなざしを持った人々を思いだしながら、そして一緒に気持ち良く旅ができたツアーの仲間を思いだしながら、感謝とともに、この旅日記を締めくくりたいと思います。


また、私と一緒にミャンマーとそしてそこに住む人々に寄り添いながらこの拙いブログを読んで下さった方に、あわせて御礼を申し上げます。
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/26691834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2017-03-03 00:00 | ミャンマー | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30