ミンガラーバー(こんにちわ)ミャンマー⑰旅の最後はふたたびヤンゴンへ

ヤンゴンから始まったミャンマーのサバイバルな旅もゴールデンロック、バガン遺跡、カックー遺跡、インレー湖をめぐり、ふたたび国内線でヤンゴンに戻ってきました。

b0116765_21554353.jpg


いよいよ最終日です。

b0116765_21554952.jpg


ヤンゴンは1989年まではラングーンと呼ばれていました。
2006年にネピドーに移るまで、ヤンゴンは首都であり政治経済の中心でした。

街の中心にある市民の公園を
市庁舎と

b0116765_21565042.jpg


裁判所と

b0116765_22255078.jpg


スーレーパゴダが囲みます

b0116765_21585596.jpg


街はイギリス統治時代の趣が建物に残っています。

b0116765_21563961.jpg


頑張れ、東芝

b0116765_21564720.jpg


英国が作ったというヤンゴン駅も見えます。
b0116765_21563647.jpg


開放後急速に発展し、街中は常に渋滞をしています。
その中には日本の中古車が多くみられ、神奈中バスをはじめ日本のバス会社の企業名を背負ったまま活躍しています。
b0116765_21555254.jpg


ヤンゴン観光の定番コース、アウンサンスーチ氏の邸宅は写真撮影スポットです。

b0116765_22494352.jpg


ここまで来て中の見学はできないのですから、一応記念撮影をと思い門の前に立ちました。
ところがすぐ車が来て、私のどくのを待っています。
あわてて横に行くと、門が開きました。
なんとラッキーなことに、邸内を見ることができたのです。
軍事政権で自宅軟禁をされていた頃、ニュースで見た建物でした。
これで建物だけではなく全体の雰囲気を納得しました。

b0116765_2254917.jpg


ガイドのチョーさんはもう長い間ガイドをなさっているにも関わらず中を見たのは初めてと!
邸内のスタッフが中を覗き込んでいる私たちに申し訳なさそうにわざとゆっくりと、門を閉めました。
ミャンマーの人々の穏やかさをここでも感じました。
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/26679513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2017-02-25 23:23 | ミャンマー | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30