日本の技術革新力は?

技術力を誇る日本・・・その昔、海外都市に大きく「SONY」の看板が掲げられているのを見た時は嬉しかった。まだ極東の小さな島国であった頃の話だ。
今でも「トヨタ」や「ニッサン」の車が海外で走っているのを見るのは嬉しい。
また、上海でもソウルでもUNIQLOの店舗に人が入っているのを見るのも嬉しい。
ふだん意識していないが、自国を想う気持ちは持っていると改めて認識する。

日経サイエンス6月号「特集 世界の科学力 世界経済」の中に「技術革新の通信簿」という記事があった。

b0116765_10405989.jpg


「各国は科学をどれだけ上手に資本化しているか」コーネル大学とフランスのビジネススクールINSEAD、世界的知的所有権機関の経済学者たちが、各国の政治の安定性、創業のしやすさ、当該地域で年間に新たに作成されるウィキペディアの項目数など84種のデータを用いたとある。
2013年の全体的な傾向:研究開発費支出が世界金融危機の余波を脱出して増加に転じた。
高額所得の欧州諸国が上位を占め、ブラジル、ロシア、インド、中国が順位を落としたとある。

b0116765_10411340.jpg


さて気になる日本の順位は技術革新力スコアだけでみると世界25位
トップはスイス、以下スウェーデン、英国、オランダ、米国、香港、シンガポール、フィンランド、デンマーク、アイルランド、カナダ、ルクセンブルグ、アイスランド、イスラエル、ドイツ、ノルウェー、ニュージーランド、韓国、オーストラリア、フランス、ベルギー、日本、オーストリア、マルタ、エストニア
GDP値でみると、19位という結果だ。
この調査は平たく言えば、技術革新力が国民をどのくらい幸せにしているかとも言い換えることができよう。

b0116765_10412645.jpg


日本の技術革新力が世界の中ではこの程度かということには、正直かなり愕然とした。日頃世界一のシェアや世界一の技術力というような日本企業をしばしば耳にしていたからだ。
ひと頃は日本の技術力は・・・と誇っていたのに、韓国にさえ負けているのだ。

アジアからの日本への観光客が日本人のマナーや親切さに驚いて帰る。おもてなしの心は世界一。日本の電気製品を抱えて帰る。トイレはどこもきれい。街にゴミがない。
ここのところ、自信を失っている日本にこんな「すごいぞ、日本」の話は心地がよい。
今、心地良い甘い言葉をかき集めて溺れてはいられないほど、世界は動いているのだ。

この調査は一つの指標にしか過ぎない。
ただ、資源のない日本の産業にとって、あるいは農業でさえ技術革新力こそが未来へつながる道である。
真摯に現状を見つめ、今その道をもう一度進む努力が我々に課せられている。
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/22591012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinn-lily | 2014-05-11 10:40 | 大切な時 | Trackback

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31