花咲く準備はできている  門出のあなたへ・・・そしてわたしにも

                   

                    花咲く準備はできている
                    門出のあなたへ・・・そしてわたしにも
b0116765_22253859.jpg
                    思い切り学び、思い切り働く
                    体を使い、頭を使い
                    未知の世界に挑んで飛び込む
                    挑戦への武器はあなたの心の中にあります
b0116765_22255062.jpg
                    前を向いていればよいのです
                    時には遠回りしても
                    時には転んでもよいのです
                    あなたは必ずまた立ち上がります
                    失敗は明日への糧です

                     後ろを向きたくなった時は
                     横をむいてみてください
                     あなたを支えてくれる人がそこにいるはずです

                     あなたのまわりにはいるたくさんの人を
                     敵と味方にわけてはいけません
                     人がどうあろうと、あなたはあなたです
b0116765_22255949.jpg
                    自分の人生は自分で責任をとる
                    人のせいにしたら前にはすすみません
                    人のせいにしたらそこで終ります

                    思い切り愛すること
                    思い切り恋をすることは
                    あなたを優しい人にしてくれるでしょう
                    たとえ、その想いが通じなくて、つらいことがあっても
                    人に寄り添える人になるはずです
                    そして愛される人になるのです

                                                               泣きたい時は泣いてよいのです
                   でもあなたの笑顔はもっと素敵です

                    花咲く準備ができています
                    咲かせるのはあなた自身です
                    あなたの力です

                    あなたの花が咲いて実を結んだら
                     その種は世界に散らばって、また花咲く準備をします

                     想像してみてください
                    あなたが咲いたところを

                   5月の風に薫る真紅の薔薇
                   青空に映える大輪の向日葵
                   皆が待ち焦がれる満開の桜
                   道端にさく姫おどりこ草
                   畑に咲く菜の花
                   それとも
                   しっかりの根を張るたんぽぽ



                   わたし自身がやりきれなかったことを
                   あなたたちに押し付けるのは、卑怯なことかもしれません

                  わたしだってまだまだあきらめていませんよ
                   大きく深呼吸して
                   わたしの花を想像しています
b0116765_22260856.jpg
                  花咲く準備はいつだって出来ているから
by shinn-lily | 2014-03-24 22:29 | 大切な時 | Trackback
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/22321802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日曜日のお赤飯 久々のベア妥結の裏で >>