20年前の親にタイムスリップした日

心が残っている。
みんな子供たちの小学校の頃に心が残っている。
だから親同士「会いたいですね」って言続けた。
あの経堂のお蕎麦屋さんで・・・よく親和会(父母会)の帰りに寄ったでしょって。
b0116765_239517.jpg

ドイツから、都内、神奈川から5人が集まった。再開は20年ぶり、嬉しい。
みんな当時と同じ、ちっとも変っていないと手をとりあう。
あの頃子供たちは輝いていた。真新しランドセルで毎日喜び勇んで学校へ通った。
親も子供の成長にわくわくしていた。

子供を宝石の原石を磨くように大切にきらきらと輝かせてくれた担任のH先生
素晴らしい先生だったとみなの気持ちが一点に集まる。
どうしてあんないい先生が・・・2年前61歳で天国に旅立たれた。
ひとしきりH先生の思い出話が続く。
ある年、
青森県今別のねぶたの祭り(荒馬)に集まる先生方のご一行に個人的に子供と二人で参加させていただいた。
竜飛岬まででかけたり、民営の温泉に出かけたり・・・思い出はつきない。
おはやしと、ラッセラーの掛け声を聞くとH先生が子供たちと踊られていた姿が目に浮かぶ
たった2年間の担任だっただけなのに、H先生は子供たちの中を嵐のように激しく力を込めて通っていかれた。
そして、その後に残ったものは干したふとんの陽の香りのような暖かで静かな宝物であった。

b0116765_2310199.jpg

いろいろあったわね、楽しかった子供たちの小学校の頃を多い浮かべながら、話はとまらない。
うーん、なるほど、へー、実はね、あの時、そうだったの、
なんだろう、この連帯感は?

みんなの近況
環境問題をテーマにドイツでお仕事をしている方。
お店をやっている方
ご両親の介護のかたわら子供の通っていた学校でお花を教え、ご夫婦で山を楽しまれている方
大学で教鞭をとっている方

そして最後は今後の暮らし方まで話がおよぶ。
・・・いいなぁこの空間

またドイツから帰っていらしたらみんなで集まりましょう、やっぱりおそばやさんがいいわね。
b0116765_23101979.jpg

それぞれの顔を今日も思い出している。



手打ちそば 経堂
世田谷区宮坂3-10-2
03-3428-4538
昼11:30~2:00 夕6:00~8:30
定休日月曜・火曜
小田線経堂駅より徒歩2分
玄関をがらがらと開けると靴を脱いで上がる
昭和にタイムスリップ、粋な小物、磨かれた室内は一見の価値あり
おすすめ、カレーそば 
by shinn-lily | 2012-06-10 00:02 | 大切な時 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/18418805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimanba at 2012-06-10 06:37
素敵な親同士の会が続きますね~♪

↓の新しい家庭の母親同士という『これから~、、』の親密な関係と
過って 自分と子供と、、共に成長していた時の・・その時の仲間と
良い時間がたくさんのlilyさんですね~ニコニコ

数十年が経っても変わらずすぐに
元の自分達に戻れる空気が流れる人達との関係は貴重ですよね。
想い出が共有できる、、は
心落ち着く そして懐かしい時間ですものね。

この先生も幸せだなぁと思いました。
こんな形でlilyさんが想い出をなぞってくださって
こうしてブログで紹介してくださって 教師冥利に尽きると思います。
なぜか、、ありがとう~と言いたくなりました~♪
Commented by shinn-lily at 2012-06-10 07:21
kimanabaさん おはようございます

「過ぎた」と「これから」のひとときが、kimanbaさんの分析、なるほどなるほど。
「過ぎた」もこの再開で「これから」にしたいなと願うみなさんでした。
学生時代の仲間でなくても、こうして語りあえる、ブログのお友達もそうですが、人間っていいなと思う瞬間ですね。
・・・あの頃は親としても必死で、学童に入っていましたから電車で帰ってきて顔を見るまでは本当に心配の毎日でした。
みなな、そうやって育ててきたのですよね、それが今、肩の力が抜けました。昔の気持ちにちょっと戻って想いでの共有が出来るから心落ち着くのですね。

kimanabaさんの生徒さんもきっと、たくさんそういう想いを持っていらっしゃると思います。
だって、やっぱり目標がかなうように、徹底的になさるでしょう。
そういう真摯な姿って心に残るのです。
実はこのH先生のことを書きだしたら5つや10の記事がupできるほどなのです。意識がなくなってからでしたが、お礼を申し上げにうかがいました。そうしなくてはいられないほどお世話になり、立派な先生でした。
Commented by leoncavallo45 at 2012-06-10 08:20
lilyさま:子供を通してお付き合いしてきたママ友は自分の学生時代のお友達とはまた違ったお付き合いですが・子育ての大変な時を共有しているので暫く会わなくても・会えば直ぐにその時代に戻りますね
そして時を経て会えるという事は皆さまはお幸せに暮らしているという事ではと思います・経堂のお蕎麦屋さん雰囲気があるところですね
お嬢様を育てられている時もうすでに学童あったのですか?電車通学でしたら帰られまでご心配でしたね・
そしてH先生の出会いはlilyさんにとってもお嬢様にとっても一生の宝ですね・*公立の学校にはないそれぞれの学校の理念で学べるのが私学の良いところですね・
Commented by shinn-lily at 2012-06-10 11:36
leoncavallo45さん こんにちは

この小学校は私立ではありましたが、有名な学校ではなく、ただただ子供たちは「楽しかった」という学校で、素晴らしい小学校生活をおくれたことが親の喜びでもあります。それに月謝も当時ではとても安かった。助かりました。
で、学童は親の自主運営だったのです。施設だけ学校で提供してくれていました。だんだん手がかからなくなる高学年になると、学童費が安くなるのです。それが楽しみでした。ただ学校に入学して学童があると知った時は本当にラッキーだと感謝しました。

経堂のおそばやさん、「経堂」という名前で、
また行きたいお店です。
ご主人と奥様だけでやっているお店なので、大勢はダメなんですって。
都心からはちょっと遠いですね。

H先生に最後にお会いしたのは、今みたいな季節です。
Commented by kazkoline at 2012-06-10 12:10 x
初めまして♪
素敵なお付き合いが続いているんですね。
皆さんのお人柄ですよね。
また、お邪魔します。
Commented by kanafr at 2012-06-11 02:30
素敵な先生だったんですねぇ、子供達にとっても父兄達にとっても。
>その後に残ったものは干したふとんの陽の香りのような暖かで静かな宝物
とてもいいお話を伺って何だかジーンとしています。
その場では分からなくても、後から気づく..教育ってそういうものだって思うから。
先生は生徒に知識を与え教えるだけでなく心を伝えていく仕事だって思うから、H先生の教え子さん達であるお嬢様も大きな宝物を次の世代にその心を伝えていくんでしょうね。
私も担任教授とは、あまり言葉を交わした事がないのに、あの時背中を押して下さったなあと今でも懐かしく思い出したりしています。
Commented by uransuzu at 2012-06-11 06:37
あ、いいですね、こんな関係。
子育てを一緒の時期にした、というある意味「同志」でもありましょうか。
そして、その子育ての闘い中に、保護者とはちょっと違った立場からほんわりと包んでくださったのが、H先生。
こちらは、lilyさまたちにとっても、「恩師」なのかもしれませんね。
H先生は、亡くなったあとも、こうして皆さまを暖かくまとめてくださる、そしてそれを素直に受け止められる人柄の方々が、これからもいい関係が続くのだと思います。
私もね、今も続くPTA役員の会があって、その時の校長先生を交えて、よく集まるのですよ、15年くらい続いています。
Commented by akicosmosA at 2012-06-11 07:47
いつも素敵な人との関係を築いてらしゃるlilyさん*
良い師に巡り合えることは永遠の宝物になりますね。
娘ふたり中高同じ学校に通っていましたが1学年120名でしたから
6年間で親もいい友達に恵まれたような気がします。
思い出深い先生は親の方が多いかも~**
幼稚園、小学校とどの時も一緒に子育てしたママ友は
今でも思い出の中ではなく現在の暮らしの中に居てくれて
安心の仲間と言えますね。
思い出が尽きない~お幸せだと思います~**
Commented by shinn-lily at 2012-06-11 20:47
kazkolineさん はじめまして

おいでいただきありがとうございます。
シャンソンを歌われるのですね。
唄が歌えたら、人生がどんなに楽しいかと思っています。
つまり、歌えないm(__)m

おかげさまで、素晴らしい方々からたくさんの栄養をいただいています。
よろしかったら、またいらしてくださいね。
Commented by shinn-lily at 2012-06-11 20:56
kanafrさん こんばんは

人生では先生だけでなく、パートナーや恋人を別としても、運命的な人に出会うという醍醐味がありますね。
娘にとって、H先生はそんな方だったのだと思います。
子供たちだけではなく親のわたしたちもたくさんの刺激や学びをいただきました。
毎年年賀状をいただいていたのですが、「学校にお遊びにいらしてください。」という年賀状が最後でした。お話できるうちに、親の同窓会が出来ればよかったのに・・・。
kanafrさんも背中をおしてくださった先生がいらしたのですね。
まだこれからの人生でそういう方にお会いする可能性もあるし
逆にわたしたちがそういう人間になっていかなければとも思います。
なにはともあれ、自分を磨かなくては・・・。
出会いって嬉しいですね。
Commented by shinn-lily at 2012-06-11 21:17
uransuzuさん こんばんは

校長先生もご一緒に集まるなんて、素敵なご関係ですね。
地方のいいところって、そうやって人間関係が継続するところ、関係が深いところですね。
たぶんuransuzuさんのお人柄ですから、なおのこと、良いお集まりでしょう。

子供が小学生の頃、特に入学の頃って親も不安であり、夢中であり
そんな時にh先生に巡り合えたことは、本当に有難い事でした。
こんなわたしたちの思いが先生に届いてくれればと願うのです。
Commented by shinn-lily at 2012-06-11 21:24
こすもすさん こんばんは

daisyさんもそんな中のお友達ですよね。
こすもすさんの広い交友関係を見ていれば
ここまで、どのようにていねいに人に接していらしたかよくわかります。
類は友を呼ぶといいますからね。
わたしは、ずーっと仕事をしていましたから、なかなかおつきあいを続けれことが出来なくて・・・・でもこうして何十年ぶりにお会いしたのに、そして、当時いつもご一緒というわけではなかったのに、こうしてお会いすれば話題にことかかない、心地の良いひとときでした。
先生への有難さは子供たちは特に感じず、あたりまえの毎日の生活だったと思いますが、親のほうが有難いと、深く感謝しているのです。
Commented by ank-nefertiti at 2012-06-12 19:22
こんばんは^^
よいですねえ、こういう関係って最高に素敵!
ママ友って私は1人しかいませんが(1人はすでに天国なので)、会うと昔の話で花が咲きます。
転勤族だったから、なんというかあまり深いお付き合いをしなかったというのか出来なかったというのか・・・
だからそのたった1人のママ友は大事です~^^

このお蕎麦屋さん、経堂なんですね~
今度行ってみます。
お花のお稽古の前にでも。
経堂って美味しいお店があちこちにあるのですよね^^
Commented by shinn-lily at 2012-06-13 08:09
杏さん おはようございます

この「経堂」というお店、きっと杏さんもどりさんも気に入ってくださると思います。少し分かりにくいのですが、北口の郵便局のすぐそばです。
弟も「あのお店、いいよね」と言っていましたから有名なようです。
もっとも弟が行った頃は先代の頃だったようです。
経堂の町はそちらのように平地ですし、商店街もあってスーパーもある
新興住宅地にはない雰囲気があって、楽しいところですね。

私も、ママ友、親しくおつきあいしている方はいないのですよ。
けれども、パソコンメールをおやりになる方とは細々繋がっていきます。
こんな機会が出来て、久しぶりで嬉しかったものでupしました。
文明の力がありがたいなと思うわけです。
Commented by 40ansparis at 2012-06-15 01:11
lilyさん、いつもコメント頂きっぱなしですみません。
今日のお話、いいですね。うちの実家は田舎ですが、やはり
子供が出来てからの、うちの母の親しい友人たちというのは
子供の活動、学校を通して知り合った方ばかり。
当然なのですが、でも、同じ境遇や思いを抱えて時を過ごした者同士、
まるで自分たちも同級生同士みたいになっていくのよね、とよく
母が言っていました。親同士はそれでも、年齢や子供構成も様々ですけれどね、、、でも同じ年齢の子供を通しての絆は、とっても強いものを感じて見ています。そしてお互いの子供の成長を、お互いに喜んで励ましあって、、、。美味しいお蕎麦屋さんでの再会、、、、あ~、いいですね~~。(おそばも、笑)
Commented by green-field-souko at 2012-06-16 20:37
lilyさん、こんばんは。
こういうお集まり、素敵ですねえ。

おとなになってからの友人もよいですが、
長く続いてきた友人は、また、ちょっと特別な気がします。
さほど頻繁に会わずとも、会えばすぐに
会わなかった数ヶ月(あるいは数年)がチャラになっちゃう。

齢をとるにつれて、女友達との時間を好きになる不思議。
lilyさんのように素敵な時間を重ねていきたいです。
Commented by shinn-lily at 2012-06-17 12:15
ラパンさん こんにちは

実のところ、子供が小さい頃には夢中で、物事がよく見えていなかったなと思うこともあります。
今回お会いしてみて、こんな素敵な方々で、そのお子さんとご一緒に2年間生活していたのですから、娘も幸せだったなと思います。
今はおっしゃるとおり、それぞれの子供の成長を喜び、幸せを祈り
心から同士のような気持ちです。
子供たちは今は忙しい、一部しかつながっていないけれど、きっともう少し年齢を重ねて、落ち着くと、きっと私たち親と同じ想いをかつての同窓生にいだくに違いありません。

お蕎麦やさん、とても素敵なお店なので、娘たちに勧めたら、近くに美味しいお好み焼きさんがあるので、うーん、迷うと悩んでおりました(笑)
Commented by shinn-lily at 2012-06-17 12:27
草子さん こんにちは

なかなかブログに心を置く余裕がなく毎日が流れていきます。
けれども、忙しい生活の中で、ふとこんな嬉しいことがあると、
記録に残しておかなければとupしました。

毎日がいろいろあっても時々こんなことがあって
それを積み重ねていけたら・・・あまりいろいろな欲がなくなって
でも一番嬉しいのは人間同士、ほんの糸のような細さでもつながれることが嬉しい、それは仕事場でも友人同士でも、ブログでも、
そしてしばらくご無沙汰していた人でも・・・人生の醍醐味かなって思います。
草子さんの記事にもそう感じる一瞬があります。
まあ、ひとりよがりに勝手になのですが、それも楽しみです。
ご迷惑にならない程度に・・・(笑)
<< キンチョウの夏・その前の梅雨 親ばか同盟第1回サミットat箱... >>