親ばか同盟第1回サミットat箱根 2日目

陽が上ると外が見たくなる。
喜子さんを起こさないように、そーっとバルコニーに出る。
あ、今日は富士山が見える!よかった。
b0116765_041367.jpg

朝食へ一番のり、このせっかちリズムが合うから、気を使わなくて済む。
b0116765_043563.jpg

たっぷりととおしゃべりしながら朝食を済ませて今日のスケジュールを決める。

10時半頃出発
金沢在住の喜子さんは、緑はふだん存分に見ているので、文化をとのご希望
b0116765_051573.jpg

ということで、こちらにご案内
緑の中、ガラスのポーラー美術館が浮かぶように現れる
おりしも、印象派の企画展をやっていた。
b0116765_061979.jpg

どっぷりとその柔らかい光の色の中に心を置くと、気持ちまで柔らかになる。
描きたいなぁ、いつかゆっくり・・・・。
それにしても、ポーラ美術館所蔵の絵が多いこと、「化粧品って儲かるのね」と思わずわたしたち。
化粧品の会社らしく、近代の化粧関係のコレクションも面白い。

仙石原の小田急ハイランドホテルで前回飲んだ自家製ジンジャーエールのお話をしたら、ぜひ飲んでみたいと。
金沢は生姜が作れる北限だそうで、次回放送のゲストは「はじかみ神社」の宮司さん、
目下生姜に興味ありと伺えば、ぜひともお連れしたい。
絵画をゆっくり鑑賞したからお昼も過ぎている。
昨夜からお米を食べていない、じゃあカレーね。
そしてジンジャエール・・・・美味しい!
b0116765_072371.jpg

スタッフの方に、「このジンジャエールを頂くために来たのです。前回とても美味しかったので。」と申し上げたら
作り方を教えてくださった・・・たぶんつくれないと思うけど・・・・優しい。
太目の千切りの生姜が底し沈んでいる。
この甘い生姜がまたお菓子のようで・・・とせっせとストローで口に運んでいると
可愛らしい小皿に生姜がそれぞれに・・・「よろしかったらどうぞ」と
恥ずかしながら歓喜の声!
このホテルのサービスはいつもながら、有難い。
上質なサービスを受けて、また頑張って働く・・・こんな素敵な心使いは美味しいという以上に、心が元気になる。

さて、そろそろみんなが待っているから、御殿場に下りて我が家に向かう。
母と3人でよもやま話、そうこうしていると若い二人が迎えにきた。
今夜は「特製カレー」!!!と。
お昼もカレーだったことは内緒にと二人で打ち合わせ、2日前から一生懸命つくってくれたらしい。
娘たちの家へ移動、
なかなか腕をあげた。美味しくご馳走になって、私はひきあげた。
b0116765_092719.jpg


一緒にすごしたこの2日間で、喜子さんへの信頼が増したのが嬉しい。
頭の良い方で、二人のの幸せをただ祈るだけ、嫁の娘に対しての心使いに頭が下がる。
我が家の近所に住むことで、どんない寂しい思いをと考えると、ただただ感謝するばかりだ。
しかし、我が家と娘の家の距離が5分といえどもアメリカほどの距離感がある。
それでいいのだ。
子供たちは親の心配はしなくてよい。
そのかわり心配をかけることなく、しっかりと仲良くやっていって欲しい。
わたしたち親ばか同盟のゆえんはここにある。
喜子さんとはご縁があって、親戚となった・・・大事にしたいと思う。

喜子さんは翌日、大学の同窓会へ、なんとスカイツリー団体見学つき。
怒涛の3日間でしたね。
月曜日、お疲れでのびていないかと心配で、一瞬だけ放送を覗いた。
いつもの元気いっぱいの喜子さんの笑顔がパソコンの画面に広がっていた。
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/18385525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by whitelacenonyo at 2012-06-03 05:27
結婚するということは親戚が増えること、、、と、昔、昔母はそう言って私の結婚を喜び、夫の母をとても尊敬していました。

Lilyさんが目を瞑ってもご案内できる箱根のとっておきを
同じ目的のひたすら子の幸せを願う女性二人旅は
一枚目の写真が物語る、静かで落ち着いた、風景そのもののように感じました。
それは多くを望まない、謙虚さを秘めたお二人が、あの風景に溶け込んでいるように見えたのは、私だけでしょうか、、、
出発前の慌ただしさの中で一瞬、新緑の薫る風が心の中に吹きこみできたような早朝でした。ありがとう!
Commented by kimanba at 2012-06-03 06:41
前回のお話の時からも、、
とってもステキな方とお嬢さんを通じてご縁を結ばれたのだなぁと
ニコニコ読ませていただきました~♪
『親ばか同盟サミット』の命名もステキだし、、
こういう形でご一緒に旅行されてのあれやこれ
whitelacenonyoさんの仰る通り爽やかなお二人に気持ち良いです☆
こんなお二人に育てられた息子さんとお嬢さんですもの・・・
《互いに惹かれ合った》事がしみじみ納得できますね~いいなぁ。。
ああ私もお姑さんになってみたい~笑

最後にカレーが被ってしまった事も
それが却ってステキな事だったように思えます。。
こんな素敵な嬉しい時間を過ごされたのですね~ニコニコ
Commented by hisako-baaba at 2012-06-03 15:11
親バカ同盟、素晴らしいですね。若いご夫婦もお幸せ。
姑同士が仲良しなんて、理想ですね。
Commented by shinn-lily at 2012-06-03 15:34
whiteさんこんにちは

お忙しい日々、でも大きな楽しみがもうすぐそこに。
whiteiさんにはいつか必ず、箱根をおつきあいいただきたいと願っております。
それにジンジャーエールもご試飲ただきたいのです。

ご縁というのは不思議なもので、ブログのおつきあいも同じですし、
こうして見ず知らずの方と親戚になる、
まさかこうして親同士箱根を旅できるとは思いませんでした。
だから、whiteさんにめぐりあったご縁を大切に、きっと箱根は実現しようと思ってます。ご覚悟を!
Commented by shinn-lily at 2012-06-03 15:42
kimanabaさん こんにちは

kimanabaお姑さんは楽しいでしょうね。
この時代、お姑さんは気を使いますよ。
言ってはいけないことはしっかりとおさえ、優しくて、二人に干渉しない。
喜子さんはそんな方です。
両家とも一人娘、一人息子ですから、この時代大変です。
だからこそ、親どうしが仲良くできれば、こんないいことはありません。

カレーがかぶっただけでなく飲み物はカナダドライのジンジャエールが冷やしてありました。なんだか気があいすぎるみたいです、みんな(笑)

さて姑の心得も会得したところで、kimanaba家もそろそろ・・・いえ、今はいろいろな考え方がある、いくらまわりがやきもきしても
本人たちの方がよっぽどしっかり考えているし・・・ましてしっかりとして優しいお嬢様と息子さん、良い道を歩んでいらっしゃるとよくわかります。
親は親、子は子、もうそういう年齢になりました。
Commented by shinn-lily at 2012-06-03 15:47
hisakoさん こんにちは

hisakoさんのお嬢様のお姑さんはスペインの方ですよね。
わたしの友人も海外に嫁いだ人が多く、みなさん良い関係をきづいていらっしゃるようです。離れている分、わたしたちのはかり知れない思いもお持ちかと思いますがその分思い遣りも強いのでしょう。
幸せになって欲しい、これ万国共通の親の願いですね。
それが親ばか同盟の趣旨です。
そうそう、ITアドバイザーの息子さんの存在、うらやましい!
Commented by ihoko at 2012-06-03 17:36 x
双方の親同士、特に母親同士が仲良しというのは、若いご夫婦に取って何よりの結婚のお祝いですよね。これ以上の祝福(贈り物)はないと思います。
勿論、お互い生理的な部分で魅かれあったという事もあるんでしょうが、双方が聡明で、しかも、お互いが、いい意味でクールで、程よい子離れができていて、お互いの世界を尊重できないと成り立たない関係ですので・・言うのは簡単ですが本当に稀なことですよね。素晴らしい。

これからも・・ず~~と。ず~~と仲良くね。

Commented by shinn-lily at 2012-06-04 08:07
ihoko ちゃん おはようございます

子どもへのエゴを持ち出せば、どうしても、親同士の主張のぶつかりあいがおきますね。そのぶつかりあいは子どもたちにとっては負担になります。
お互いの親の悪口は絶対に言ってはいけない、これはあたりまえのことだけど、近くにいればついぽろりと・・・みんながちょっとだけ賢くあれば、嬉しいご縁となる、いがみあうより仲良くなるということは180度も人生が違うと思うのです、
幸い喜子さんのお心使いで、仲良しになれました。
ihokoちゃんがおっしゃってくださった
>これからも・・ず~~と。ず~~と仲良くね。
肝に命じます。
ihokoちゃんがお父様のための健康管理レシピをつくっていらした時、
こちらまで、暖かく学ばせてもらったのをわすれません。
Commented by akicosmosA at 2012-06-04 15:10
同じく嫁がせた娘を持つみなのでこういうお話は
そうあらねばねえ、そうありたいわあ~なんてうなづいてばかりです。
とても温かいいいご関係ですね。
娘の義母も北海道でお暮らしの方ですから
緑は見慣れて文化をご希望ですが、やはり帰宅後は
あちらの自然の中がよろしいようです。
私も母にいわれ私も娘に言ったことはお互いの親の悪口は
言ってはダメ・・いいとこを見ましょうでした。
私もそれを守ってきたので夫も自分の親の愚痴はこぼしても
私の親のことは言いませんでした。嬉しいことです。
lilyさんの文章を読んで思うことは私があまり近づいていないようで
反省です。

でも親ばか同盟に入れる資格ちょこっとありそうかなへへ;;
Commented by cocomerita at 2012-06-04 20:10
Ciao shinn-lilyさん
笑 こうなると、お姑さん同士というよりも、完璧に朋ですねえ

私はブログのお陰で、歳とってからも大事な友人たくさんできてるけど
歳とってから友達をつくるのは難しいと言うのから、
ラッキーですよね

良い時間を過ごせて、普段のお忙しさでのお疲れも、すっかり吹っ飛んだのではないか?と
素敵な方たちと巡り合うのは、ホント魂の栄養です ^^
Commented by koko-ran at 2012-06-04 23:12
喜子さんの今日の放送、ちらっとのぞかせてもらいました、
元気いっぱい、垢ぬけてて本当に素敵な方ですね~
東京の息子さんちでのお話もされてましたよ^^
リリーさんのお顔は知らないけど、この方と同盟を組んでるリリーさんも、
きっと素敵な方だろうな~って、
お姑さんのお顔を先に知った不思議さを感じながら、想像しました^^

大好きな箱根でサミット、
迎える側としては景色もおもてなしのひとつですもんね、富士さん見えてよかったです^^v
Commented by shinn-lily at 2012-06-04 23:20
こすもすさん こんばんは

>私も母にいわれ私も娘に言ったことはお互いの親の悪口は
言ってはダメ・・いいとこを見ましょうでした。

本当にねぇ、ほんのちょっと、お互いの心を想像すれば、相手の親の悪口など、言えるはずがないのですが、
わたしは、若い時には見えていないものもあり、義母の気持ちも理解できないままでした。今になると、有難かったなと思い出すこともあるのですが、もう天国ですからまにあいません。
でも離婚してしばらくしてからお会いしたとき、とても優しくしてくれて、その後、いろいろ教えていただいてとすなおに感謝の手紙を書きました。
亡くなるまでその手紙をとっておいてくださったと後から身内から聞きました。

人生の中にはいろいろなことがある、人のことを言えば自分にまわってもどってくる、どうせなら人のいいところをみつめて暮らす方がどんなに楽しいことか、
こすもすさんを見ていると、そう思います。
もちろんおや馬鹿同盟正会員であります。
Commented by shinn-lily at 2012-06-04 23:27
junkoさん こんばんは

そうなんです、すごくラッキーなのです。
もしリズムのあわない方だったら、そーっと、遠ざかって、お義理のおつきあいだけに終わってしまったかもしれません。もちろんけんかはしないでしょうが、ちょっと寂しいですよね。
なんといったって同じ世代を生きてここまでたどりつき、親戚となって
その上、こんな風におつきあいさせていただいて、感謝しているのです。

junkoさんもわたしの人生への気持ち(大げさな言い方だけど、本音)をかえてくれた一人ですから
なかなかお会いできなくても朋のはしくれにいれてくださいね。
はい、片隅でおとなしく寄り添ってまいります(笑)
Commented by shinn-lily at 2012-06-04 23:33
koko-ranさん こんばんは

わー、聞いてくださったのですか?
もしやどなたか聞いてくださるかもと実名で書くことの許可をいただいていました。
koko-ranさんが聞いてくださった!嬉しいです。
元気の良い方でしょう。博学で勉強家なのです。
私は、仕事で聞けないので、そうですか、なんとおっしゃっていたのでしょう。聞きたかったです。
我が家の親戚を先に知っていただいて可笑しいですね。
・・・でもkoko-ranさんとはこれからもブログで
長いおつきあい、ゆっくりと・・・・よろしくお願いします。

聞いていただいて、本当にありがとうございました。
Commented by uransuzu at 2012-06-05 10:43
あら、とっくにコメントしたつもりでおりましたのに、まだしていなかった?
おかしいな~
だって、こんな風な「親ばか同盟」私の理想なのですもの。
縁あって親戚関係になりえたのなら、お互いを尊重して、楽しい時間を共有したいです。
そのためには、どちらもちゃんと自立した大人でなくてはいけませんよね。
そして、どちらもそれぞれの生活が充実していないと。
とてもいいお話しを聞かせていただきました、私の目標がまた一つ増えました。
Commented by shinn-lily at 2012-06-06 06:09
uransuzuさん おはようございます

uransuzuさんとはあちらこちらですれ違うので
離れていれも、ご近所さまです。
縁あって親子になるというのが、人生の妙お最大のものですよね。
そのあたり、わたしはuransuzuさんが凄いなと思うところです。

>そのためには、どちらもちゃんと自立した大人でなくてはいけませんよね。

これはどんな関係にも大切なことですね。
自分は自分、人を羨まない、このことを肝に命じるだけで、日々の歩みが違うと思います。
なんの、なんの、こちらがuransuzuさんを目標としていること多いのですよ。
ほら、自分でやらないで、人にやってもらう、人を育てるために歯をくいしばらなければならないこともあるのよね^^
Commented by ank-nefertiti at 2012-06-06 22:46
こんばんは!
ようやくゆとり(?)が出来て~^^

ああ、よいですねぇ、本当に素敵な関係!
私はまだまだ先の話しみたいで、それまでにもう少し人間修行しよう、と思いました。
お互いが大人だからなりたつ関係なのですよね。
大人になろう、私^^;

夫の両親は私の両親の悪口は一切言わなかったし、私の両親もそうでした。
亡くなった義姉もそういう人で、私は義姉が理想の女性だったんですよ。
頭の良い人で、きれいな人で、結婚する前から素敵な人だなぁってずっと思っていましたから・・・
だから弟のお嫁ちゃんにも義姉が私にしてくれたようにって思うのですけれどね、これが難しいのです、実際に・・・

人生は常に勉強ですね^^
lilyさんのように気持ちを広くもって暮らしたいです、私~
Commented by kanafr at 2012-06-07 01:27
大分遅ればせのコメントになってしまいました。すみません。
家族が増えていくっていいですねえ。息子ができた、娘ができただけじゃなくこうやってお互いの親同士が仲良くなれるなんて、とても素敵な関係ですね。
人に対していつも思いやりを持って接する心の温かいlilyさんのような素敵な方には、やはりこうやって同じような方との素敵なご縁が広がっていくんだなあと、つくづく思いました。
親同士の親バカ同盟が広がって、ほぼ同じ時代を生きて頑張ってきた大人の女性同士の同盟って感じですね。
lilyさんの言葉に一つ一つに相手の方を気遣う優しさがあって、ここのところ休みなしの残業続きで、ストレス倍増でやさぐれてしまった心が、この記事でいやされました。有難うございます。

化粧品は儲かりますよぉ~。なんせ原価なんてほんのほんの僅か。
高ければ高いほど、効果ありかもという女性心理を狙ったゆえの単価ですからねぇ。しかも洋服と違って使えば減るものですから..。

Commented by shinn-lily at 2012-06-07 21:48
杏さん こんばんは

ゆとりがでましたか、そう思っているとまた次から次へいろいろなことが起きる、なんだかせわしないですよね。気持ちがなかなか休まりません。
杏さんもご主人のお身内とお隣仲良しさんですよね、きっと皆さま優しい方なのだなと思うと同時に、杏さんのopenでありながらおおらかなお心使いがあるからこそと思っておりました。やはり皆様そういう方のお集まりなのですね。いいなぁと思っていました。
わたしもそうだったのです。義理の妹がいまだに優しくていつも感謝しているのです。
たくさんの方々を大きくめんどうをみてくださる杏さんですもの、
そんなに勉強しないで、そのままで^^。
Commented by shinn-lily at 2012-06-07 22:00
kanafrさん こんばんは

お忙しそうですね。お体大丈夫ですか?
昔から、もしご縁ができれば仲良くしていきたいと願っていたのですが、これはわたしばかりが願ってもなかなか・・・喜子さんもそういう方だったので、私の願いがひとつかなったということです。
それでも距離的には遠いので、たまにこうしてお会いできると、そう、たしかに同士という気持ちです。
お互いに、子供たちが独立するまで、ここまで生きていればそれなりにいろいろな人生を歩んできたに違いありませんが、そのことをあえて触れず、今子供たちの幸せを願うという一点だけで十分です。

昔はポーラ化粧品ってずいぶん宣伝していたようですが、今はどこで売っているのかしら?それなのにしっかりと利益を積み上げていたのですね。
ルノアールの絵も藤田の絵も、女性が期待を込めて購入した高価化粧品の代金の一部、みなさんにその利益を芸術で還元ということでしょうか(笑)

kanafrさん、どうかご無理をなさらないでくださいね。
もうすぐお心を癒してくれる方がそちらに飛んでいってくださいますし。
Commented by igu-kun at 2012-06-07 22:53
1枚目、透き通るような色彩のグラデーションの先に
富士山の姿、何とも幻想的な景色ですね。
心が洗われるような自然の美しさです。
Commented by daisy at 2012-06-08 22:44 x
shinn-lilyさん、こんばんは~ お久しぶりです♪
お嬢様のご義母様と仲良しでいらっして羨ましいです。
私も娘が結婚する時、
お婿さんのお母様と仲良く出来たらいいなあ~と思ったのですが、
実現していないです。
距離を縮める努力もせず、月日が流れちゃって。
お婿さんのお母様と私は同じ大学の同じ学年なの(学科は違いますが)。
でも、そんな共通点、今のところ効力なしです^^
そう言えば私達..年に2回、お手紙を交換していましたっけ。
今の時代、お手紙はあまり書かないから、ちょっと嬉しい交流です。

shinn-lilyさんの素敵なおつき合い、そして素敵な記事♪
拝見してよかった~ありがとう!
Commented by shinn-lily at 2012-06-09 15:54
igu-kanさん こんにちは

富士山が木の枝で半分隠れてしまいました。
けれども、igu-kanさんがおっしゃってくださるとおり、
グラディエーションが好きだったので、この写真をつかいました。
igu-kanさんの写真とは180度違う被写体ですが、
写真って楽しいですね。
一瞬が切り取れますよね。
Commented by shinn-lily at 2012-06-09 16:01
daisyさん こんにちは

私たちもほとんどお会いすることはできないのですが
なんと言ってもメールが使えるということで、つながることができたのだと思います。
文明の力に感謝です。
メールよりお手紙のほうが優雅で素敵ですね。
本当はそういうやりとりがよいのかもしれませんが、だんだん筆無精になってしまいました。それに喜子さんは達筆で・・・・。

無理に仲良くすることはなく淡々とおつきあいするのが良いと思います。たまたまリズムがあったので、嬉しい関係となりました。
いがみあわない、これが一番大事ですね。

杏さん、どりさんのお心使いでdaisyさんのご本を私もお借りすることになりました。こちらから、伺わなくていけないのに、ごめんなさい。
事後承諾になってしまいました。楽しみなのです。ありがとうございます。

by shinn-lily | 2012-06-03 00:29 | | Trackback | Comments(24)

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30