40年ぶりに料理教室の生徒となる

杏さんのお宅で開催される、フィレンツェ在住のタミーさんのお料理教室に誘っていただいた。
タミーさんつながりで、杏さんとお知りあいになって、その後お会いしたこともないまま、なにかにつけて、たよにしていまして…今回ほいほい、ご自宅までうかがいました。
お料理教室は40年以上ぶり
いつも自己流にやっているのに、タミー先生の指示通りちゃんと出来るかしら?
一抹の不安を吹き消しくれるのはなごみキャラのこすもすさんと、こすもすさんのお友達で体全体が優しさ細胞で出来ているdaisyさん、駅からご一緒していただきました。
都心なのに贅沢な木々の中、杏さん宅の門から踏み石を踏んで、これが有名な桜の木…初めてお会いするわくわくとしたドキドキ感
玄関に懐かしいタミーさんの顔とブログで拝見の杏さんと名物otsanが迎えてくださって
この瞬間、各砂糖はミルクティーの中で溶けてしまいました。

さあて、これからが大変、レッスンが始まらない、再会やら初対面のご挨拶に近況報告
タミーさん、お料理を教えるより、レッスンへの誘導が大変だったでしょう。
テーブルの上にはすでに準備が
b0116765_221145.jpg

ああイタリアンの雰囲気、そりゃあ、本日教えていただくのはイタリアの家庭料理ですもの。
お料理をレシピどおりに習う、久しぶりにタミー先生の指導のもとで気がついたこと
「わたしってなんと大雑把なお料理をしていたのだろう」って。
ていねいに、優しく気持ちをこめて、…これが絶対不足していたわ。
b0116765_2214798.jpg

みじん切りひとつ、美しい!
トマトソースの作り方、ああこれを教えていただいてよかった。
ちょっとしたコツや技があるのね、そういうのって本ではわからないし、ふとした時に先生が説明してくださる中にコツがあるということもあるのだ。
習うということで、初心に気持ちをもどしてもらった。
b0116765_2212535.jpg

b0116765_22131782.jpg

b0116765_22133445.jpg

タミーさんのお料理は薄味で、美味しい。
美味しいものをつくる先生にこそ、習って意味があります。

それにしても杏さんって凄い!
ご自宅を開放してレッスンを開催してくださるだけでも凄いのに、タミーさんに対するサポート、人へ対してのおもてなしの気持ち、もちろんおもてなしって気取っているのではないのよ、みんなをリラックスさせて、自由に動けるように、
そして、レッスン以外に、おしゃべりをしながら、くるくると、あれもこれもとどんどん美味しいものをみなさんへ出してくださるその動きに感服!
b0116765_22164091.jpg

人に「申し訳ないわ、気を使わないでね」なんていわせずに知らない間にくつろがせてしまうその雰囲気、たくさん学ばせていただきました。学んでも、実行できそうもありませんが。

b0116765_2216866.jpg


ihokoさんからいただいというこのトローネが乗っている、あまりに可愛いお皿から目が離せない、杏さんにこれがオーストリアのアウガルデンだとを教えていただいて名前は覚えたけれど・・・。
私、家庭画報からほど遠い生活を送っているもので、こういうブランドに弱くて・・・。


途中から、ドリさんがみえて、お話しは盛り上がる盛り上がるというか、切れ目なし
このドリさんの雰囲気がまた言葉でなんと説明したらよいか、うーん、素敵なのよね。
初対面なのに、「この間ね・・・」って前から知り合いのようなざっくばらんな方、
この楽しいひと時から、途中でひとり、さよならをしたのは苦しかったです。
片付けもみなさまにおまかせして、翌日の母の誕生会の準備のために一足さきに後ろ髪をひかれながら、失礼しました。
残念なのはotsanのお話しをあまり伺えなかったこと
赤いユニフォームを着て、途中でお出かけななってしまいました。

タミーさん、杏さん、コスモスさん、dasiyさん、どりさん、
お仲間に入れていただいて、本当に有難うございました。


帰りの電車でふとね、どうかしら、こんなのなんて、一人で楽しんでにんまり、
杏さんは音楽にも造詣が深いし、上級のおもてなし腕を生かして
会員制のサロンのオーナーなんかいかがでしょう?
お料理はタミーさんにフィレンツェから帰ってきていただいて
otsanが、文化的な会話の部をこなされるから準備はok
その他応援団もたくさんいそうだし・・・ね、楽しそうでしょう。
ただし、採算がとれるかどうかは、チト心配・・・・。




翌日は、わたしの旅行で遅くなった母の誕生会
b0116765_23133665.jpg

なんにもつくらないで、ゆっくりしたいという母の命令下、お寿司をとって、
でもこれだけはつくりました。
なにしろ手がかからないのですもの、でもちょっと風情がちがうわね、先生のものとは
b0116765_23282947.jpg

でも、タミー先生、ちゃんとつくりましたよ。
大好評でした、「アンチョビとトマトのクロスティーニ」
トラックバックURL : http://shinnlily.exblog.jp/tb/16610584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ank-nefertiti at 2011-11-02 01:09
lilyさん、こんばんは!
きゃあ!私、穴があったら入りたい~!!!
だから褒めすぎですってば!!!

私はlilyさんにとってもお目にかかりたかったんですよ・・・
だから、「お誘いしちゃおう!」ってすぐに思ってしまったんです・・・
tammyちゃんともlilyさんは絶対に会いたい!って思っていらっしゃるよねって・・・
だから、本当に嬉しかったです、ありがとうございました♪
lilyさん、温かくて、優しくて、断然「良い人」でいらっしゃいます~^^

お料理、どれもこれも本当に美味しかったですね!
彼女のお料理は、イタリアマンマの味で、丁寧なのですよねぇ。
クロスティーニ、これはパーティに向きますね~

またいらしてくださいねぇ!
お待ちしていますから~(お花見もねぇ!)

ふふ、サロン!
私ねぇ、仕事占いすると、必ず成功する仕事に「水商売」があるんですよ~
採算度外視で出来たら・・・楽しいでしょうねぇ^^
サロン・・・いいなぁ・・・
宝くじが当たったら、ここをtammyちゃんの料理教室にする、という計画はあるんですよ~
問題は・・・宝くじなんです~
Commented by ank-nefertiti at 2011-11-02 01:12
続きです~

お母様のお誕生会、楽しそう!
お花もきれいですね~^^

お母様、いつまでもお元気でいらしてくださると、本当によいですね。
お祈りしています♪
Commented by kimanba at 2011-11-02 08:41
ああああ、、、ぁぁ・・私も行きたかったなぁ。。
もう、、あっちでもこっちでも読んでいましたから
楽しかった!事は・・もうもう充分伝わっていましたからねぇ。。

ank-nefertitiさん邸はブログをやっている者の
憧れの地~♪
イスラム教にとってのメッカと一緒?~笑
その上・・・こすもすさんがいらっしゃて!

コメント欄でしか存じ上げませんが
いつも温かい深い視点を感じさせてくださるdasiyさん、や どりさん
・・・・・こんな方々もいらっしゃって、、
ステキな一日でしたねぇ~lilyさん♪
Commented by どり at 2011-11-02 20:36 x
lilyさん こんばんは。

私も初めて杏邸に伺った火を思いだしました。
お花見の時です。ドキドキも杏さんのお声と笑顔で一瞬に氷解。
それ以来何度お邪魔したか・・・
いつも変わらぬ杏邸の居心地の良さ。lilyさんも お分かりですね。
杏さんの友達はみな友達!!

tammy先生のレッスンは昨年受けましたが
目からうろこ落ちがしょっちゅうでした。
自分がいかに自己流でずぼら、大雑把にやっていたかが
よくわかりました。次回はぜひ実習をご一緒したいです。

お母様のお誕生日おめでとうございます。
お元気なお母様の思い出が増えましたね。
なによりです。  これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by myiris at 2011-11-02 21:54
こんばんは ☆
お料理教室 上質な大人の集いという印象を受けました。
素敵な方々と心地よい時間をすごされたのですね。

私も帰国前はイタリア人の奥さまのお宅でお料理を習っていましたが、
あのおおらかなイタリアの方が・・・・・と思わせるような繊細で丁寧な調理をなさって いつも大雑把な自分のおさんどんと比べて反省しきりでした。
玉葱やエシャロットの微塵切り 『スーパーファインに切ってね!』 と 
いつも先生がおっしゃっていたのを思い出します。

お母様 お誕生日おめでとうございます。
皆さまお揃いで お母様もさぞお喜びでしょうね。
いつまでもお元気でお側にいらっしゃれるようお祈りしています ♪ 
Commented by akicosmosA at 2011-11-03 00:03
案外さばさばお笑い系のこすもすです。
40年ぶりですか?いえいえ慣れてらしてさすがでした。
家庭料理なのですぐできそうでもコツとポイントこれは
指導がないと知らないままでした。さすがにレッスンの甲斐が
ありました・・。
おしゃべりもしながら手も動きましたね。
杏さんパワーはさりげなくすごい心配りでいつも感謝でいっぱいです。
ご一緒できて嬉しくありがとうございました。

お母様お誕生日おめでとうございます。
私もバケット買いましたので明日作ります♪
これもすごく美味しかったですね♪
Commented by tammys04 at 2011-11-03 00:06
こんばんわ。
6月に思わぬ場所で初めまして、となり、今回2度目の再会となった訳ですけれど、なんだかたった2度目とは思えないくらいもうすっかり馴染んでしまっている雰囲気がありましたね。それはコスモスさんもdaisyさんもみなさん同じなのですけれど。ブログ効果というのでしょうか。
そんな和み系の中でのお教室は私もリラックスしてお教えすることが出来るので頭が真っ白になる事もなくピッチも早めで(今回はみなさん手が止まってお話に夢中でしたけれども - 苦笑)あっという間に料理が仕上がってゆく。家庭料理ってそんなものだと思います。
お母さんと娘、そこにおばあちゃんも加わってワイワイ話しながら次々いろんなお料理がテーブルに出来上がっていって、休みの日の昼下がりには大勢の家族、親戚と楽しんで食事をする。
そんなマンマの心にどーんと幸せを感じさせてくれるお料理をイタリアで食べてきている私は、そのなんとも表現のし様がないその幸せを日本の皆さんにも感じていただきたくて、お料理をコーディネートするだけでなくお教えすることにしたんです。
Commented by tammys04 at 2011-11-03 00:06
続きです
早速お母様のお誕生日に作って下さってありがとうございます。見た目が違っても、味がちょっとくらい違ってもいいのです。
相手を思って作る事、これに勝る調味料はないのですから。
お母様、お誕生日おめでとうございます。いつまでもお2人で母娘中むつまじくいらして下さいね。いつも羨ましく拝見しています。
Commented by kanafr at 2011-11-03 08:06
お母様お誕生日おめでとうございます。
こんな風にお祝いできるって事は、とても素敵な事ですね。
お母様とこんな風にいい時間をいつも持てるようにされていらっしゃるshinn-lilyさんは本当に素晴らしい方だなって思います。
私はこんな風にできなかったので、特に思います。
お母様がずっとお元気でいらっしゃれますように!

それにしても時々ブログで拝見するお名前の皆様が一同に集まられたんですね。素敵な皆様と素敵な時間をご一緒にって密度が濃い時間ですね。いい時間を過ごすと若返るそうですよ。そんな時間を過ごされて羨ましいわぁ。
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 14:57
杏さん こんにちは
わたし、言いことは言わずにお腹にしまっておけないのです。
それに、おべっかとか、嘘もいやなのです。
記事としては、ちょっと個人的な内輪話しになってしまいましたが
当日の杏のおもてなし、タミーさんの先生ぶり、それに皆様のお人柄
私にとっては、とても印象的な素敵な日でしたから
かたらずにはいられません。
お仲間に入れていただいて、杏さんのおかげです。本当に有難うございました。
おもてなしや人を喜ばせるって、ある意味持って生まれたセンスというものがあるのではないかしら。
杏さんのセンスを生かして、なにかができそうって思うの。
人のことで、わくわくしているのも可笑しいわね。
わたしたちが恩恵を賜っているだけではもったいないなぁーってね。
娘夫婦はすでに先日バースデーケーキを届けてくれたのですが、
今回はお花を奮発してくれました。
もっともこれは海老鯛という結果になりました。
母の様子をみながらの仕事、外出なので、なかなか思うようにいかないのですが、
これからもよろしくお願いします。杏さんのパワーをもっともっといただく予定です(笑)


Commented by shinn-lily at 2011-11-03 14:59
kimanbaさん こんにちは

そうそうkimanbaさんも、メッカでご一緒できたら、どんなに楽しいことか。
もうもう、お料理教室は次回にのばす?ってことになりそうですよ。
いらっしゃらなくても、まるでそこにいらっしゃるように
うわさ話をしておりましたよ。
なんといったって、杏さんもこすもすさんもkimanabaさんと仲良しですもの。
どんな噂話?って聞きたい?
今度お会いしたときに教えてあげます・・・・へへへ、もったいぶってます。
ブログでお仲間になった方々って、本当にみなさんよくお勉強をなさっていて、前向きで刺激的なのですよね、
おっしゃるとおり、ステキな1日でした。
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 15:03
どりさん こんにちは

初対面なのに、すっかりお仲間にいれていただいて、有難うございました。
今の時代、なかなか自宅をあんなふうに解放してくださって、いきなりふわっとつつみこんでくれて、しかも元気をたくさんわけてくれるのですも、
杏さん、すごいですね。

タミー先生のご指導を受けて以来、ちょっとだけ、お料理を慎重にやるようになりましたが、最後はエイっておっつけてしまうところは、まだなおらないで、反省反省。

母は85歳ですから、来年も元気でみんなが集まれるようにと願うばかりなのです。
一触即発な状況で、あちらが痛い、こちらが痛いといいながら、なんとか通常に生活していますが、母の友人もみな療養中、歳をとることって、寂しいことだなと思います。
その寂しさを少しでもカバーが出来ればいいのですが。

もっと、どりさんのお話を伺いたかったと思いながら、帰ってきました。
そろそろ、覚悟というものを持ち、心の準備も必要に思います。
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 15:04
myirisさん こんにちは

myirisさんもイタリア料理を習っていらしたのですね。
私たちの親の世代はイタリア料理で育っていないから、私たちも案外舌の積み重ねがないのですよね。
せいぜいスパゲティナポリタンとかグラタン程度ですね。
だからイタリアンは習ってみると、独得の細やかさがあるのだと、今回知りました。
 >『スーパーファインに切ってね!』
なるほど、わたしもこの言葉を呪文のように、唱えながらお料理をすることにしましょう。

お祝いありがとうございます。
ほんのひとときでもみんなが集まること、それだけで嬉しいことです。
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 15:05
こすもすさん こんにちは

こすもすさんって、もうお会いするたびにどんどん花開いて
なくてはならない、まさしくお笑い系(ゴメン、ついのってしまいました)で、人の心を和ませてくれます。
和ませてくれるところについては、こすもすさんのブログにその感じはよくでているのですが
お笑い系は、会わなくてはわからない、皆様にお見せしたいわ。
お料理教室は中華以来40年ぶりですが、この年齢ともなれば、
口も動くは、手も動く、おばさんパワーを持ち合わせておりますので(笑)
一緒ですよね。
今日の朝も残りの材料でちょこちょことつくりました。
我が家に定着傾向、教えていただいてよかったですね。
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 15:06
タミーさん こんにちは

今回は本当に有難うございました。
お疲れではないですか?
そんな時にコメントをくださって、申し訳ないわ。
本当はメールで、いろいろ感謝やら、感想をお話しようかと思っていたのですが
お帰り早々、ご負担になってはと、ご遠慮してました。
タミーさんと杏さんのお人柄にひっぱられるようにお伺いしたのですが
教えていただいたことがたくさんあって、有意義でもあり、楽しいひと時でした。
今日はこれから、トマトソースをつくって、冷凍しておこうかと思っています。
おかげさまでちょっとやる気がでてきました(笑)
私の買ったチーズが少し大きかったようですね。
それなのに、10枚、10枚って切ったので、こんな雰囲気になりました。
でもみんなが、熱々を口にほばって「うん、美味しい!」って言ってくれた時
これが、タミーさんのおっしゃる家族の幸せですね。
母が一緒に「美味しい」っと言ってくれる日々が続くことを、わたしも願っているのです。
お祝い、有難うございます。
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 15:08
kanafrさん こんにちは

お祝い、ありがとうございます。
弟は当日都合があって欠席でしたが、前日顔をだしてくれたようです。
本当はご馳走やお花がなくても、みんなが元気で仲良く顔をあわすことが出来ればいいのですよね。
kanafrさんも、もう少しだけお近かったら、皆様と一同にお会いできるのにと、寂しい思いもあるのですが、
逆にお会い出来ない分、神秘的で、みなさんがyumiyaneさんに「どんな方?」ってお聞きしていますよ。
いつか、パリでオフミーティング、そんなことが出来たら、どんなに素敵でしょう!
前にも申し上げたように、日本にいらしたら、みんなでお祭り騒ぎヨ♪
お待ちしてま~す♪
Commented by green-field-souko at 2011-11-03 16:51
lilyさん、こんにちは。

なにが憧れかって、そりゃもう、
お料理教室そのものが未体験ゾーンですから。(←はずかし...)
若い頃には、ちゃんと習ってみたい気持ちがありましたけど、
ここまでくると、億劫さがさきに立って、だめなもんですね。

4枚目の写真は、お豆のスープですか?
たら~っとたらされたオリーブオイル、おいしそうです。
Commented by chez-nami at 2011-11-03 17:14
こんにちは はじめまして
「やさしい光のなかで」さんから辿って来ました
只今、ウィーンに居ます、旅行中です
美術史美術館、今は特別展でブリューゲルの冬の狩人は写真撮れませんでした
フェルメールもなかったの、、残念でした
が、モネやシスレー、ゴッホ、ゴーギャンの冬の絵がありました
良かったのだか悪かったのだか、、

アウガルテンのビーダーマイヤーのお皿
これ、、お高くて20年前から悩んでいて
もう、手が出ない値段になってしまいました、、
昔買っておけばよかったな〜〜なんて思っています
お料理教室も楽しそう
又遊びに来させてくださいね <(_ _)>
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 21:37
soukoさん こんばんは

いえいえ、soukoさんはなによりのぜいたくな食べ物を召し上がっていると思っています。
もぎたて、とれたて、これにまさるものはないですよね。
お料理を習うと気が付くのですが、
素材をいつくしむように調理していくのです。
自然の恵みと人の手間暇をいただくのですもの、大切に感謝して調理していただくのが、本来の姿ですよね。
実はわたしも、習うのは面倒なので、いただくだけではだめかしら?ってちょっとだけずるいことを考えていましたが、
なるほど、なんでも教わってみるものです・・・という今の気分です。

ひよこ豆のスープ、特別に優しい香りのバージンオイルを杏さんが提供してくださいました。薄味でもこくのあるスープでした。
なんにも説明していないのに、目のつけどころがいいので、びっくり
soukoさん、きっとお料理、習わなくてもお上手って確信しました。
Commented by uransuzu at 2011-11-03 21:38
いいですね~美味しそうですね~羨ましいです~楽しそうな雰囲気がブログから伝わってきます。
イタリア家庭料理って、大ざっぱなものかと思っておりました。
ポイントを押さえるのが大事なのですね。( ..)φメモメモ
そして、習ってすぐに家で作ってみる、lilyさま優秀な生徒です!
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 21:55
chez-namiさん こんばんは

今、そちらにうかがって、ウイーンを満喫なさっていらっしゃる様子
いいな、いいな、うらやましい!
あ、はじめましてのご挨拶を忘れるほど、興奮してしまいました。
なにしろ駆け足でしたからねぇ、わたしの場合。

アウガルデンのお値段を教えていただいて、もう欲しいと思う前に、これはご縁がないわと、自分に言い聞かせました。
でなければ、ストレスになってしまいますもの(笑)

わたしは、今度ウイーンに行くことがあったら、自然史美術館を見たいと思っています。
マリアテレジアが趣味人で宝石好きだった夫にプレゼントした宝石のクリスマスツリーがあるとかで興味深々、

ウイーン、寒そうですね、
温かくして、たくさん楽しんで、レポートしてくださいね。
楽しみにしています。

Commented by shinn-lily at 2011-11-03 22:00
uransuzuさん こんばんは

そうなんです、わたしもイタリア料理の陰の繊細さに驚きました。
昔、中華料理を習っていましたので、そちらはダイナミックでした。
ニンニクも包丁の平でバンとつぶして、それからとんとんとみじん切り
火力の強い火でさっと仕上げる、瞬間芸みたいなものも多かったですから。

美味しいものって、みんなに食べてもらいたいですからね。
いえいえ、美味しくて簡単に出来るものって・・・の間違い。
かまえないで簡単に出来るものを教えていただけるのは有難いです。

uransuzuさんのお父さまへのお弁当、いつも指をくわえて見ています
よ~♪
Commented by igu-kun at 2011-11-03 22:15
どれも本当に美味しそうですね。
お料理に食材の色合いが生きていて思わず目を奪われてしまいます。
Commented by shinn-lily at 2011-11-03 22:21
igu-kunさん こんばんは

igu-kunさんが撮っていらっしゃる下町の写真の中の家々
その中で、いろいろなごはんが作られて、いろいろな食卓があるのでしょうね。イメージが膨らみますよ。
居酒屋さんが並ぶ写真もそうでした。

写真って、その奥に潜むところまで、イメージできるのが楽しいですね。
そんな写真を撮りたいと思っているのですが、なかなか、難しい。
心で写真を撮れるようになりたいのですが・・・。
Commented by whitelacenonyo at 2011-11-04 21:31
わぁ!!すっかり出遅れたwhiteです。
それも,イタリア仕込みの本格イタリア料理。

楽しそうな雰囲気が伝わってきました。
40年ぶりの料理教室ですって??、習うってことは目から鱗、状態がいっぱいあったことでしょう。
早速お母さまのお誕生日に復習なさるところは
やはり優秀な、lilyさん、この先腕を上げて私にも教えてくださいね。
お母さまのお誕生日、85才!!おめでとうございます。
↑のchez-namiさん、いよいよlilyさんをご訪問ですね。
嬉しいです。みんな仲良くしましょ。
Commented by daisy at 2011-11-05 00:08 x
lilyさん、こんばんは☆
先日はtammy先生のお料理教室でご一緒出来て嬉しかったです。
駅でお会いした時に赤いアクセサリーがお似合いって思いました。
さり気なくお仕事なさるlilyさん、とっても素敵でした。

tammy先生のお料理はどれも心がこもっていて優しいお味がしましたね。
イタリア人のマンマの心を私達に伝えて下さるtammy先生、すごいです!
旅行から帰ってきたので早速習ったお料理を作ってみようと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
東欧旅行記、ゆっくり読ませて頂きますね♪
Commented by shinn-lily at 2011-11-05 21:59
whiteさん こんばんは

大先生に見ていただくと、にわか生徒は緊張してしまいます。
いかに、ふだんいいかげんにやっていたか、思い知りました。
だからいいかげんなもの長年食べているというわけで、まあ、これでいいやというアバウトな性格も直さなければ、お料理は上達しませんね。
chez-namiさんはwhiteさんのところから、のぞいてくださったとおっしゃっていました。
ウイーンからコメントをいただいて、ついこの間だったのに懐かしくて
めぐりあわせに感謝しています。
whiteさんのところから、覗いてくださる方って多いのですが、
コメントをいただくと、うれしいです、つながっていけるので。
Commented by shinn-lily at 2011-11-05 22:02
daisyさん こんばんは

お帰り早々、おたずねくださってありがとうございます。
ご一緒させていただき、そのお人柄に、すっと気持ちが楽になってしまいました。
さすがこすもすさんのお友達です。
タミーさんのお料理、まずはやはり簡単なものからトライ
でもまったく同じにはならないのですよね。
写真をみながら焼きがあまかったかなと反省。

わたしも山陰の旅、楽しみに拝見しています。
これからもよろしくお願いいたします。
by shinn-lily | 2011-11-01 23:40 | 大切な時 | Trackback | Comments(28)

毎日1つ幸せみつけ    


by shinn-lily
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31